区間歴代トップ5の遷移(2014→2022) ~箱根駅伝9区~

続いては箱根9区の区間歴代トップ5の遷移を見ていきます。8年間でトップ5のうち4人が入れ替わっています。9区も中央学院の篠藤が13年間も区間記録を守ってきました。途中までは区間記録を上回るハイペース⇒最終的には区間記録に届かないというのがお決まりのパターンで、ラスト3kmの走りが篠藤は圧倒的でしたからね。そんな区間記録も前回ついに破られることとなりました。2014年の記事はこちら

順位タイム氏名大学学年
1位1時間07分15秒中村唯翔青山学院大学3年2022年
2位1時間08分01秒篠藤淳中央学院大学4年2008年
3位1時間08分04秒藤川拓也青山学院大学4年2015年
4位1時間08分07秒平林清澄國學院大学1年2022年
5位1時間08分13秒神林勇太青山学院大学3年2020年
2022年時点
順位タイム氏名大学学年
1位1時間08分01秒篠藤淳中央学院大学4年2008年
2位1時間08分29秒矢野圭吾日本体育大学4年2014年
3位1時間08分38秒塩川雄也駒澤大学4年2005年
4位1時間08分56秒窪田忍駒澤大学4年2014年
5位1時間09分00秒西田隆維駒澤大学4年2000年
2014年時点 ※参考
歴代1位

歴代1位は青山学院の中村が前回の箱根でマークした1時間7分15秒、それまで13年間破られなかった篠藤の記録を一気に46秒も更新してきたのは衝撃でしたね。。。この走りでMVPを獲得、すでに優勝は決定的ではありましたが、青学の強さをこれでもかと見せつける走りとなりました。前年度の箱根では2区14位、全日本でも奇しくも全く同じ2区14位と苦しい走りだったところから箱根では完璧な走りを見せました。


このタイムを破るのも相当に困難でしょう。9区にこれだけの選手を起用出来る大学がまず圧倒的な優勝候補くらいしかありませんからね。長く区間記録として君臨することになるのか、それとも自分でさらに記録更新も?中村は最終学年となった今年度もトラックに出雲に好走を見せており、充実度は前年度以上のように思えますし、さらなる活躍が楽しみです。

歴代2位

歴代2位は中央学院の篠藤が2008年にマークした1時間8分1秒で従来の区間記録を37秒も更新する圧巻の走りでした。先述の通り、特にラスト3kmが非常にハイペースだったこともあって、迫ることはあってもなかなかに更新されることのない記録でした。この走りでチームは6→3位と3つ順位を上げそのまま総合3位でゴール、この順位は中央学院史上最高順位となっています。その後も実業団で3000m障害を中心に長く一線級で活躍、2021年まで現役を続けることとなりました。

歴代3位

歴代3位は青山学院の藤川が2015年にマークした1時間8分4秒、区間記録まであと3秒まで迫りましたが惜しくも更新には至らず…それでもとんでもない走りでした。この2015年というのが青山学院が箱根を初優勝した年となります。2位の駒澤に11分もの大差をつけて優勝を果たしたという点では2022年と同じような展開だったかなあ。復路に強い選手を残せる青学の選手層はこの頃から今に至るまでずっと健在ですからね。藤川はそれまで区間賞を獲得したことは無かったのですが、最後の箱根で大学ベストの走りを見せて有終の美を飾ることとなりました。

歴代4位

歴代4位は國學院の平林が前回の箱根でマークした1時間8分7秒、従来の区間記録には6秒及ばなかったもののこのタイムも凄まじいです。そもそもルーキーどころか下級生が9区を任されること自体があまりないですし、まして好走している例となると非常に少ないです。ルーキーだと順大の監督でもある長門が1年時に9区4位で走った1時間10分49秒が2番手では?いかに平林のタイムが別格かが分かります。シード争いに巻き込まれていたチームを10⇒5位と5つ順位を上げる走りとなりました。


ただ、平林が今後9区を走ることはもう無さそうですよね。2年にしてチームのエースとして君臨していますし、平林を9区に残すのはもったいない…往路の主要区間で起用される可能性が高いですし、本人も走れると話している5区もあり得るのか…今後ルーキーでこのタイムを上回る選手が出てくるのは、区間記録を更新するよりも遥かに難易度が高そうです。

歴代5位

歴代5位は青山学院の神林2020年にマークした1時間8分13秒、神林も途中までは区間記録を上回るペースで走っていましたが、記録更新とはならず…それでも好タイムで区間賞を獲得しています。9区の歴代トップ5のうち3人が青山学院となり、いずれも区間賞&チームは総合優勝を果たしています。2014年時点では駒澤が歴代トップ5のうち3人入っていましたし、優勝するには9区にどれだけ実力者を残せるかというのは今も昔も変わっていないのかも…


青山学院が箱根優勝を果たした中では最も2位とのタイム差が少なかったのがこの2020年ですが、この神林の走りで9区だけで2位の東海に1分42秒もの差を広げ、優勝を決定づけました。3年時はこれだけ素晴らしい走りを見せ、さらに4年の全日本でも7区区間賞を獲得していただけに、最後の箱根を故障で走れなかったのは残念でした。。。

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~