大東文化大学 新年度(2021年度)戦力分析

続いては、大東文化大学について、新年度の戦力を見ていきます。公式HPでも選手情報が最新化されましたね。比較的早い方かなあ。一時期は公式HPがあまり機能していませんでしたが、最近はしっかりとしていて、ありがたいです。データベース登録されている人数は4年:3人、3年:7人、2年:3人、1年:1人となっております。4年生の人数が一気に減ってしまったんですよね(汗)ますます、3年生への依存が高まることに。2年連続で箱根出場を逃していますが、チームとしても何か上手くいっていないように感じてしまいます。学年ごとの戦力は、3年>2年>1年>4年という感じでしょうか。

4年生

2年連続箱根予選でチーム3番手以内&二桁順位で走っており、1万で28分49秒のベストを持っていた片根は部員一覧から名前が無くなっていますね。。。3大駅伝・予選会の経験はありませんが、ともに1万で30分20秒台のベストだった山内、佐藤も同様…片根が抜けたことで、箱根予選の最高順位は菊地の120位、続くのが1年時に130位で走っている倉田ということに。二桁順位で走ったことのある選手は0人は厳しい。


残る4年生で最も結果を残しているのは藤崎ということになるでしょうか。5千で14分46秒、1万で30分14秒の持ちタイムで箱根予選ではチーム4番手の175位で走っています。続くのが5千で14分11秒、1万で29分59秒を持つ服部で1年の箱根予選に出場し、チーム11番手の204位で走っています。また、箱根でも16人にメンバー入りしており、3大駅伝で唯一のエントリー経験者です。


北川は5千で14分16秒のベストを持ち、箱根予選にも3年時に出場しましたが、チーム最下位の335位という状況。他の選手も5千で15分前後や1万で31分前後であることを考えると、本当に4年生は厳しいですね。ハーフの距離となる箱根予選では、最上級生の走りというのは大事になることが多いのですが。。。

3年生

主力として最も期待されるのは倉田、13分台、28分台と持ちタイムはチームトップクラス、その一方で箱根予選ではチーム中位で走っているものの、最高が130位という状況。日本人エースとして貯金を作る存在となってくれれば。今最も勢いがあるのは木本かなあ。5千で14分13秒、1万で29分32秒のベストをこの1ヶ月の間にマークしています。予選会へのエントリー経験はありませんが、箱根予選に出場する可能性も十分です。


倉田同様に箱根予選を2度走っているのが金田、蟹江の二人、金田は1万で29分13秒、蟹江は29分21秒と持ちタイムも上位の選手です。ただ、箱根予選で最も良かったのは、金田が185位、蟹江は199位といずれも結果を残すには至らず…持ちタイムが良く、経験もある選手が勝負レースでも結果を残せるようになってくれないと、チームとしても厳しいですよね。1年の箱根予選を走り、1万も29分15秒を持つ井田や1万で29分34秒を持つ谷口もおり、箱根予選出場の半分はこの学年が占めることになるであろう中心の学年です。

2年生

箱根予選で最も好順位である120位で走っているのが菊地、関東連合でもメンバー入りを果たしています。5千で14分13秒、1万でも29分15秒のベストもありますし、最も期待される選手の1人ですね。日本人エースの1人として活躍してくれれば。続くのは久保田、5千で14分5秒を今月マークし、1万は29分7秒とこの学年トップ、箱根予選は209位と奮いませんでしたが、菊地とともにこの学年、そしてチームを牽引して欲しい選手です。


持ちタイムで上位なのは伊東、5千で14分17秒、1万で29分49秒をすでに高校時代にマークしています。1年時はベスト更新はありませんでしたが、持ちタイムも伸ばしていってほしいですし、メンバー入りも果たして欲しいところ。1万のベストでは30分18秒を持つ松村や30分26秒を持つ長島、5千では14分26秒を持つ佐竹らもいますし、3年に続いて選手は揃っているだけに、菊地、久保田に続く選手の台頭が待たれるところです。

1年生

大東大史上初の留学生となるワンジルが加入、仙台育英高校→実業団→大東大という流れなだけに、日本での暮らしに不安が無いのはまず大きいですし、5千で13分46秒、1万で28分25秒といずれもチームトップタイムを誇ります。当然、エースとして1年目から活躍してもらわないと困りますよね。それだけ、大きな期待を背負っているのではないかと。


日本人選手を見ると、5千のベストでは14分21秒を持つ中澤が抜けています。そういえば中澤も仙台育英ですから、ワンジルは高校・大学の先輩ということになりますね。仙台育英コンビが1年目から活躍してくれると、チームにとっても大きいです。ロードでは、都大路3区23位で走っている大谷の実績が抜けているかな。5千は14分38秒ですが、長距離区間の3区を中位でまとめているのは楽しみです。

This content cannot be displayed in widgets.