東海大学 新年度(2021年度)戦力分析

続いては、東海大学について、新年度の戦力を見ていきます。公式HPにも新入生情報が載っています。ただ、東海のHPは持ちタイムなどが無いんですよね。最近、箱根で優勝した大学はどこもHPは充実していますし、東海もタイムくらいは載せて欲しいかな。データベース登録されている人数は4年:8人、3年:7人、2年:8人、1年:2人となっております。2~4年生がいずれも7人以上というのは東海だけかな?毎年持ちタイムの良い選手が入る一方、学年が上がって戦力となってくる選手も着実に増えていることも分かります。学年ごとの戦力としては…2年生>3年生>1年生>4年生という感じかなあ。

4年生

箱根経験者は本間と長田の2人、本間は全日本5区4位、箱根7区6位と崩れることなくきっちりとまとめています。安定感は問題ないだけにさらに爆発力があれば良いですね。長田は3年生になって一気に台頭、全日本で6区区間賞はびっくりの走りでした。箱根は9区9位ともう一歩でしたが、長い距離でもしっかりと結果を残していってくれれば。


5千、1万でチームNo.1のベストを持つのが市村、5千で13分48秒のベストに先日1万で28分3秒を叩き出し、期待はさらに高まりました。元々スピードは抜群の選手、全日本は2区19位と苦しい走りになってしまいましたが、今年度は3大駅伝全てで主要区間を走って欲しい選手です。現状はこの3人が抜けており、4番手はなかなか厳しい状況かなあ。1万で29分23秒を今年マークし、箱根もメンバー入りした中嶋や同じく箱根メンバー入りした田中らが計算出来るようになると大きいのですが。

3年生

他の学年に比べるとエース級となる選手はいないかもしれませんが、力のある選手が揃っています。川上は箱根6区5位と好走、5千で14分1秒、1万で28分59秒のスピードがあり、山下りだけではなく平地も楽しみ。竹村は5千で13分58秒のベストに箱根でも10区8位でまとめています。濱地は28分51秒のベストに箱根は8区15位で走っています。今月、5千で14分1秒とベストを更新しているのも良いですね。


今年の箱根で復路を担った選手が3人いるのは心強いですね。本来であればこの学年で中心選手となってほしいのが松崎咲、1年時に箱根7区3位で好走して以来、ほとんど姿を見せていません。完全復活となれば、大きな戦力となるのですが…飯澤はもう1500m中心ということですので、5千で13分53秒のベストを持っていますが、駅伝路線ではなくなるのかな…?出雲の短い距離ならば十分いけるかなとは思っていたのですが。


3大駅伝未経験ながらも楽しみな選手は多く、宇留田は5千で14分2秒、1万で28分47秒をマークしており、1万はこの学年で最も良いタイムです。5千で13分58秒を持つ佐藤は全日本、箱根ともにエントリーを果たしており、最も3大駅伝出場が近い選手の1人と言えるのでは。スピードがありながら、ロードや長い距離で残している選手が多いのも頼もしい学年です。

2年生

今年度のエースはと言われたら石原ということになるでしょう。全日本4区区間賞、箱根3区区間賞という圧巻の走り、昨年度最も活躍したルーキーの1人でした。今年度は3大駅伝全てでエース区間をにない、他大のエースに負けない走りを見せてくれれば。続く選手は力が拮抗している印象ですが…5千で13分55秒を持つ佐伯は全日本で1区7位の好スタートを見せた一方、箱根では4区19位と非常に悔しい走りとなりました。この悔しさをバネにさらに伸びていって欲しいところ。


箱根後に評価を高めているのは入田と松尾の二人。入田は5千で14分4秒、1万で厳しい条件ながらも29分9秒のベストをマーク、全日本もエントリーを果たしていますし、3大駅伝出場も近そう。松尾はこちらも厳しい条件だったハーフで64分49秒と上位で走り、5千も13分57秒まで縮めています。この2年生コンビに今年度は要注目かなあ。


持ちタイムでは5千で14分1秒、1万では28分42秒と石原を上回るタイムを持つ神薗がいますし、高校時代の実績では石原と並んでこの学年トップクラス、1万も28分52秒を持つ喜早がいます。さらに、持ちタイムは他の2年生に比べれば劣るものの、全日本・箱根でメンバー入りを果たしている吉井もいます。

1年生

5千で13分48秒を持つ徳丸は都大路でも1区4位で走っている実力者。1万も29分24秒をすでに高校時代にマークしています。期待の選手が揃う新入生の中でも一歩抜け出た存在と言えるのでは。さらに、13分53秒のベストを持つ越は、1万でも29分42秒を高校時代にマークし、都大路でも3区6位で走っています。留学生が揃う3区でもしっかりと上位で走っている強さがあります。


この2人に5千のベストでは劣るものの、梶谷は1万で29分32秒をマークしており、都大路でも1区6位とロードでの実績も抜群です。徳丸や越に負けない活躍を見せる可能性も十分あります。3人とも1年目から3大駅伝で活躍してもおかしくなさそう。続く選手を見ても、五十嵐は5千で14分0秒と好タイムを持っていますし、都大路1区20位で走っている竹中、1万で29分42秒のベストを高校でマークしている吉田らもおり、今年も粒揃いの新入生となりました。

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします