駒澤大学 新年度(2021年度)戦力分析

続いては、駒澤大学について、新年度の戦力を見ていきます。公式HPにも新入生が顔つきですでに載っています。ベストを更新した月まで載っているのは個人的にはありがたいかな。データベース登録されている人数は4年:4人、3年:7人、2年:6人、1年:1人となっております。駒澤の学年ごとの戦力バランスは、2年>3年>4年>1年という形かな。特に2年生は全大学中No.1と言われるほどに選手が揃っています。

4年生

持ちタイム・実績ともに抜けているのは石川、5千で13分59秒、1万で28分45秒のベストを持ち、箱根では10区区間賞でチームの総合優勝に貢献しました。長い距離で結果を残せるようになった一方で1万のスピードもあり、全日本から走って欲しい選手。今年の箱根で一気に対等したのが花崎と佃の二人。花崎は5千で14分27秒、1万で29分25秒と持ちタイムは目立たないながらも箱根6区で区間賞を獲得、下りのスペシャリストの存在は箱根連覇に向けて大きいです。


佃は箱根で8区4位の好走、1万も29分15秒まで縮めてきました。ただ、下級生が元気なだけに、2年連続箱根出場を狙うには、もうひと伸びが必要になってくるかも。短い距離では蓮沼が5千で13分59秒のベストを持ち、1500mでも活躍を見せています。全日本にもエントリーされましたが、現状は3大駅伝出場は厳しそうかなあ。

3年生

絶対的エースとなった田澤がこの学年だけではなくチームを牽引、5千で13分37秒、1万で27分46秒のスピードに、全日本8区区間賞、箱根2区7位などロードでの強さも見せています。エース区間で勝ちきれる選手の存在は、チームにとって非常に大きいです。箱根以降は軽い故障もあってレースに出場していませんが、トラックシーズンから元気な姿を見せてくれれば。


続くのは酒井、山野という全日本・箱根を走った二人、酒井は全日本で5区2位と快走を見せたものの、箱根では4区11位と苦戦、長い距離でまだ結果を残せていないのも気がかりかなあ。再びの往路を担うには、さらなる成長が必要そう。山野は全日本6区4位、箱根も9区6位でまとめていますが、箱根9区では先頭から大きく離されてしまいましたからね。山野の方が長い距離に不安はなさそうですし、個人では悔しい走りになったであろう箱根での悔しさを晴らす走りを期待かなあ。


続く選手は何人かいるものの、まだ決め手に欠ける印象。直近で結果を残しているのは1万で29分4秒を持つ中島で学生ハーフでもしっかりとまとめています。1年の全日本以来3大駅伝のエントリーはありませんが、まずはメンバー入り、そして出場も狙いたいところ。円は5千で13分58秒とタイムを伸ばしている選手、箱根でメンバー入りを果たし、こちらも出場が期待される選手の1人です。ともに1年の箱根にエントリーされた小野、皆木あたりにも期待したいところなのですが、ちょっと2年目以降は伸び悩んでいる印象かなあ。

2年生

田澤に次ぐ準エース格だった芽吹がもはや田澤とともにダブルエースと呼べるほどに力をつけてきています。勝負レースはもちろん、記録会でも失敗レースが無い抜群の安定感、1万も28分0秒まで伸ばす一方で学生ハーフでも2位に入るなどスピード、ロードでの強さともに不安はありません。今後は田澤とともにエース区間を担い続けてくれることでしょう。


続く選手は悩ましい所ですが…現状は花尾かなあ。1万で28分30秒のベストに箱根でも7区4位と上々の走り、今年度も早速5千で13分51秒とベストを更新しています。往路を任せられるような選手になってくれれば。個人的に最も期待しているのは唐澤、5千で13分40秒のベストは衝撃的でした。高校時代からロードでの強さも定評がありますし、今年度最も飛躍しそうな選手かなあと。


持ちタイムでは、1万で28分14秒を持つ白鳥、28分20秒を持つ青柿が続き、白鳥は箱根1区も任されていますが区間15位と苦しい走り…箱根後もなかなか結果を残せられていない状況かなあ。青柿も学生ハーフでは苦戦、1万は再び28分台をマークしていますが、ともに持ちタイムからすれば物足りなさは否めず…現状のままだと、3大駅伝出場はかなり難しそうな気が。


赤津も5千で13分56秒、1万で28分30秒のベストを持っていますが、学生ハーフは青柿同様に68分台でしたし、まだまだかなあ。持ちタイムでは上述の選手に劣るものの、5千で14分0秒、1万も29分27秒と着実にタイムを伸ばしている安原は高校時代から持ちタイム以上にロードの強さを見せていましたし、楽しみな選手の1人です。

1年生

持ちタイムでは13分59秒を持つ佐藤が抜けています。都大路に出場した経験は無いですが、ロードでも結果を残していますし、1年目からメンバー入りする可能性があるとすれば、佐藤が最も高いかな。続く選手がこれまた難しいところ。都大路の1,3,4区で結果を残している選手がいないんですよね。14分7秒を持つ吉本は2区5位、14分8秒を持つ亘理は1区33位でロードよりもトラックの方が強い印象。


高校ベストは劣るものの、4月に早速5千で14分12秒をマークした篠原、14分18秒をマークした庭瀬の方がロードでの期待感は大きいかな。篠原は10kmで好走経験がありますし、密かに1年で最も期待している選手、庭瀬は2年の都大路で6区4位と好走しています。1年時に都大路4区を走っている田丸や3年の都大路で7区7位で走っている宮川も今後が楽しみではありますが、1年目からメンバー入りはともかく3大駅伝出場を果たすのは、誰もいない可能性が高そうというのが正直な印象です。

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします