第52回(2020年)全日本大学駅伝 区間エントリー発表&雑感

昨日、締め切られた全日本の区間エントリー(PDF)が今日発表されましたので、関東勢15大学における区間エントリーの感想及び当日変更予想をしていきます。昨日発表されると思っていたので、翌日になったのはちょっと残念…16人エントリーされた選手が区間エントリー8人、補員5人となり、区間エントリーされた選手の区間変更は禁止、補員と当日交代出来るのは最大で3人までとなっております。

東海大学

佐伯①ー市村③ー塩澤④ー濱地②ー本間③ー長田③ー佐藤②ー名取④
補員:西田④、吉冨③、竹村②、石原①、喜早①
当日変更予想:1区佐伯→石原、7区佐藤→西田


前回優勝のゴールテープを切った名取が順当に8区、3区塩澤も前回と同様ですね。エース格の西田が補欠なところから、エース区間の7区に入る可能性は高そう。後は1区も佐伯はちょっと厳しい気がするので、石原か喜早と変わりそうかなあ・・・今回は石原としました。4区濱地、6区長田あたりも喜早や竹村あたりと変わる可能性はありますが、とりあえず2区間と予想しました。


1区に期待のルーキー、2区に3大駅伝経験者を配置して、3区にエース格、4~6区に3大駅伝デビューも7,8区をエースで締めるという布陣となれば、比較的順当な区間配置と言えそう。濱地、本間、長田らにルーキーを含めた3大駅伝デビューとなる選手たちがどれだけ走ってくれるかが連覇に向けて鍵を握ることになりそうです。7区西田となれば8区名取とともにラストの長距離2区間は他大の優勝候補相手にも引けをとらない強力な2区間です。

青山学院大学

湯原③ー近藤②ー中村②ー高橋③ー横田②ー山内①ー神林④ー竹石④
補員:岩見④、新号④、松葉④、吉田④、佐藤①
当日変更予想:4区高橋→岩見、6区山内→佐藤、8区竹石→吉田


前回8区を走った飯田は補員からも外れてしまったのが、青学の選手層を感じます。7区は神林を起用してきましたね。一方で補員にエース吉田を残していたということで、8区になるのかなあ?竹石のままという可能性もありますが…後は岩見、佐藤も走りそうということで、4区岩見、6区佐藤としました。


当日は3人変更となりそうな青学ですが、1区経験者の湯原から始まり、全体的にはやはり穴の無い区間配置と言えそうかなあ。2区近藤、3区中村を始め3大駅伝初出場となる選手が多くはなりそうですが、直近で好タイムの自己ベストを出している選手ばかりで、さらに3大駅伝に恐ろしいほどに合わせてくる大学ですからね…やはり、優勝候補筆頭かなあ。

駒澤大学

加藤④ー花尾①ー石川③ー伊東④ー酒井②ー山野②ー唐澤①ー佃③
補員:江口④、小林④、田澤②、赤津①、鈴木①
当日変更予想:2区花尾→鈴木、7区唐澤→田澤、8区佃→小林


現状で主力の小林、田澤、鈴木が揃って補員となっていることから、アクシデントがなければ、当日3人変更が濃厚。となると、2区鈴木、7区田澤、8区小林というのが無難かなあ。7区と8区は逆の可能性がありますが、確実に走るであろう田澤・小林を除いてまで鈴木が7,8区は可能性が低そうですからね。残る区間も今年度絶好調の1区加藤を始め、好走している選手を中心の順当なオーダーと言えそう。


大きく穴となる区間は無さそうですが、5,6区と3大駅伝デビューとなるであろう酒井、山野の2年生コンビは期待も不安も入り混じります。3強と言われる大学は、やはりエース級は十分すぎるほど計算出来るだけに、つなぎ区間を走る選手たちの結果が勝敗を分けそうです。現有戦力を考えると、かなり順当な区間配置と言えそうですが、個人的には他大にエース級が何人もいる3区でどれだけ粘れるかが一番の鍵になるかなあと。前回もここで優勝争いから脱落しましたし…

東京国際大学

山谷②ー丹所②ー杉崎④ー宗像②ー加藤④ー堀端②ー栗原④ームセンビ②
補員:荒井④、内田④、佐伯③、渡邉③、林①
当日変更予想:3区杉崎→佐伯


1,2区は期待の山谷、丹所の2年生コンビで来ましたね。これは非常に楽しみです。8区のムセンビも順当でまずは大事な区間をきっちりと抑えてきました。7区栗原はちょっと意外でしたが外すほどでは無いかなあということで、補員で確実に選ばれそうな佐伯は3区に変更としています。宗像、加藤、堀端らは直近で自己ベストを出している選手ですし、そう考えると順当なエントリーなのかなあ。


ただ、他の有力校に比べると3~7区は苦しい戦いが予想されるだけに、どれだけシードラインに食らいついて8区ムセンビに繋げるかが鍵になりそうです。個人的には4年の内田、1年の林あたりも見てみたいですけどね~当日変更も読みづらく、気になります。

東洋大学

児玉②ー松山①ー佐藤①ー前田②ー大澤④ー腰塚③ー吉川④ー宮下③
補員:小田④、西山④、及川②、清野②、九嶋①
当日変更予想:7区吉川→西山


前半は下級生を起用し、最終区間は箱根5区区間賞の宮下と安心の布陣。期待のルーキー松山は2区に持ってきました。3区の佐藤も含めてルーキーが楽しみです。明らかに補員で出場するであろうはエースの西山のみですが、起用する区間が…5~7区あたりはいずれも可能性がありそうですが、今の西山が1~3区でも8区でも無いのであれば、もう7区しか無いかなあと。吉川の状態が万全では無いという前提になりますが…


こちらも、かなり穴のない布陣と言えそうですよね。直近で自己ベストを出している選手が中心の区間配置となっていますし、やはりスーパールーキー松山と復活したエース西山の走る区間が楽しみすぎる。。。1区児玉の走りはかなり鍵を握ることになりそうですが、ハマれば優勝争いに加わってもおかしくない気がしてきます。

早稲田大学

辻①ー井川②ー中谷③ー太田③ー菖蒲①ー諸冨①ー鈴木②ー山口③
補員:半澤③、向井③、室伏③、北村①、柳本①
当日変更予想:なし


1区の辻は個人的には順当だと思いますし、3年連続3区の中谷、4区の太田と前半に主力を起用してきましたね。その一方で7区鈴木とこちらも安心の布陣。8区山口は補員に変わる選手がいないことから起用されるのでしょうが、ちょっと他の有力校と比べると不安が残るところ…ルーキーは誰が起用されてもおかしくないですが、菖蒲、諸冨と日本インカレで好走した選手が走ることは十分有り得そうです。


2区井川がどれだけ走れるかがかなり大事になってきそうですが…4区終了時では相当好位置にいることが予想されます。後は7区以降は基本的に粘る展開となるのかなあ。ルーキーに実力者が揃う早稲田なだけに、3大駅伝デビューとなる走りが楽しみです。

國學院大學

島崎③ー臼井④ー中西大②ー田川④ー阿久津②ー伊地知①ー藤木③ー殿地③
補員:河東④、高嶌④、徳備④、石川③、木付③
当日変更予想:4区田川→河東、5区阿久津→木付


前半は1,2区に島崎、臼井と前回1区→前々回1区&今年度好調の選手を起用し、3区中西大で前半をきっちりとまとめる。そして、7区にエースの藤木、8区に長距離に強い殿地となんかもう万全の布陣に見えますね。つなぎ区間がやや未知数ですが、これまでの実績を考えると河東と木付は出場するだろうちうことで、4区河東、5区木付に当日変更と予想しました。6区のルーキー伊地知は個人的に見てみたいという思いも込めて…


1,2区はなんだかんだでまとめてくれそうな気がしますから、4~6区を凌げれば7,8区は楽しみすぎる区間ですし、非常に良い区間配置のように思えます。前回の反省を活かしてのエース藤木を7区なのかなあ。といっても、7区に藤木を温存できるだけの選手が揃っていますし、前回以上の結果も期待出来そう。

帝京大学

小野①ー山根④ー山田②ー遠藤③ー橋本③ー増田④ー星④ー細谷③
補員:小野寺④、谷村④、鳥飼④、中村③、森田③
当日変更予想:2区山根→小野寺、3区山田→中村、8区細谷→鳥飼


期待のルーキー小野を1区にもってきましたね。都大路のような走りを再び見せてくれるのか、注目です。7区も星もエース区間で好走している頼もしい選手。遠藤も4区を走れるようであれば、状態は問題無いのかなあ?その一方で2区、3区、8区という重要区間は当日変更の可能性が高そうということで、2区にエース格の小野寺、3区に前回も全日本を走っている中村、8区に長距離に強い鳥飼かなあと予想しています。


あまり、当日変更はしない印象のある帝京ですが、今回は限界の3人変更までしてきそうですね。これでも、3大駅伝を3度走っている谷村が補員のままという予想になりますし、補員が少し豪華すぎるのも気になります。前回のように1区で大きく遅れるようなことが無ければ、シード獲得はそれほど難しい目標とならなそうですが果たして…

日本大学

小坂③ー松岡②ー若山②ー谷口①ー横山④ー樋口②ードゥング②ー武田④
補員:桃川④、疋田③、山本③、濱田②、三木①
当日変更予想:なし


非常に順当なエントリーと言えそうです。1区は最も勢いのある小坂に任せ、距離が伸びてくる後半の5区以降は横山、樋口にエース区間の7区をドゥング、8区に実績豊富な武田というのは、正直分かりやすい布陣。2~4区も3大駅伝経験者の松岡、若山に箱根予選にも出場したルーキーの谷口ということで、個人的には区間配置はともかく、この8人が出場する可能性が高いと思っていたので、当日変更も無さそう。


こうしてみてみると、十分に全日本も戦えそうな布陣なんですよね。とても箱根予選で大惨敗を喫するようなチームには見えない…今年度最初で最後の3大駅伝となる全日本で、何とか一矢報いるような走りを見せてほしいなあ。

中央学院大学

武川②ー小島②ー栗原③ー戸口④ー中島②ー伊藤①ー畝④ー高橋④
補員:吉田③、糸井③、坂田③、馬場③、吉本②
当日変更予想:なし


1区を箱根で好走している武川、2区に3大駅伝で好走経験のある小島に任せ、さらに3区栗原、4区戸口がこのままならば非常に強力です。3区にエース格を起用してきている大学は多く、前回の東洋:相澤の影響が大きいでしょう。戸口も走れるならば楽しみすぎる選手なのですが…7区にも箱根5区で好走している畝、8区にエースの高橋と大事な区間をスキのない布陣でまとめられそう。


というか、本当にどう見ても箱根予選落ちするようなチームには見えないですよね。。。当日変更は吉田あたりはありそうですが、中島や伊藤も十分出場する可能性はありそうということで、今回は変更なしとしています。こちらも日本大学と同様にまさかの全日本が最後の3大駅伝に…来年度に繋げるためにも、何とかシードを確保したいところです。

明治大学

児玉①ー小袖④ー漆畑②ー櫛田②ー前田④ー大保④ー樋口④ー鈴木③
補員:長倉④、手嶋③、金橋③、富田②、加藤②
当日変更予想:3区漆畑→加藤、6区大保→富田、7区樋口→手嶋


1区は期待のルーキー児玉を起用しましたね。これはハマれば面白そう。そのおかげで、小袖を2区に残すことが出来ますからね。8区にエース格の鈴木という布陣も万全です。3区は今回重要区間となりそうですので、ここに箱根2区で好走した加藤、6区も当日変更がありそうということで、富田としましたが、長倉や金橋だったとしてもおかしくないですよね。7区はさすがにエース格の手嶋が起用されることでしょう。


予選会校だけではなく、シード校と比べてもやはり強みはつなぎ区間の充実ぶりでしょう。エース区間は任せるべきエースに託し、櫛田や前田といった実力者を配置出来るのは明治にとって大きな強みです。まずはきっちりとシード返り咲きを果たしたいところですね。そこに向けて大きな不安は無さそうな区間配置です。

順天堂大学

三浦①ー伊豫田②ー清水④ー野村②ー荒木②ー牧瀬③ー吉岡③ー近藤③
補員:野口④、鈴木③、西澤②、石井①、内田①
当日変更予想:5区荒木→野口、6区牧瀬→石井、8区近藤→西澤②


もう箱根予選の走りが凄まじく、さらに面白いように28分台が出ているため、誰が走るのか非常に予想しづらい大学です。まずは、箱根予選日本人トップの1区三浦が楽しみすぎますね。どんな走りを見せてくれるでしょうか。そして、箱根予選で好走している選手、3大駅伝経験が豊富な選手が野口、石井、西澤と3人も残っているため、5区に野口、6区に石井、最長8区に西澤と予想しました。


箱根予選のような走りを、持ちタイム通りの走りを見せてくれるのであれば、本当にどれだけ上位争いを見せても驚かないですよね。実際、前回の全日本も途中までは非常に良い走りでしたし、今回恐ろしいのは8区区間全てで穴の無い布陣が組めそうということです。順大の走りというのは、箱根に向けてもどれだけ予選会校が戦えるのかを占う上でも一つの試金石となりそうですし、まずは最低限シード獲得、そしてあわよくば優勝争いに絡むような走りを見せて欲しいです。

山梨学院大学

瀬戸④ー松倉③ー橘田②ー新本①ー北村①ー齋藤④ー日影④ー森山④
補員:遠藤④、大迫④、坪井③、オニエゴ③、ムルア②
当日変更予想:5区北村→坪井、7区日影→オニエゴ


1区瀬戸、2区松倉というのは箱根予選でも好走している二人であり、順当かなあ。4区に入った期待のルーキー新本も楽しみです。8区はやはり森山できましたか。日本人エースの走りを見せてくれれば。となると、7区に留学生を起用する可能性が高そうなので、オニエゴとしていますが、万全ならばムルアということも当然考えられます。


また、坪井が走らないことは考えづらいので、7区以外で当日変更があるとすれば5区かなあと。これで、基本的には箱根予選でチーム上位で走った選手が中心というオーダーになりそうです。箱根予選でグッと評価を高めた山梨学院が、全日本という3大駅伝でどれだけ走れるか、一気に楽しみになってきました。

日本体育大学

岩室④ー池田④ー藤本②ー漆畑①ー佐藤③ー名村②ー大内宏③ー野上④
補員:嶋野④、菅沼④、福住④、森下④、水金①
当日変更予想:5区佐藤→菅沼、6区名村→福住


エースの池田は2区に起用されました。そして、復活した岩室が1区というのは個人的に楽しみです。さらに、もう1人のエース格である3区に藤本と前半から主力をつぎ込んできましたね。7区のエース区間は大内宏に任せ、8区は長い距離でも頼もしい野上というエース格というよりは次ぐ選手たちを起用してきた印象です。つなぎ区間もこのままという可能性もありますが、箱根予選で好走した選手の方がやはり優先されるのではということで、5区に菅沼、6区に福住としています。


まずはダブルエースが走る3区終了時でどれだけ好位置にいられるかが1つのポイントとなりそうです。4区以降は基本的に粘る展開となりそうですが、ここ最近はなかなか上位でレースが出来ていませんからね。箱根に繋げるためにも、1人でも多く好走を見せて欲しいです。

城西大学

砂岡③ー菊地④ー菅原④ー宮下③ー藤井②ー山本樹①ー石松③ー梶川④
補員:雲井④、野村①、堀越①、山中①、山本唯①
当日変更予想:7区石松→山本唯


箱根予選で好走した砂岡、菊地、菅原をそのまま1~3区に投入してきました。前回も同じような起用をしてきましたし、ある意味順当です。その一方で8区には箱根予選4番手の梶川をしっかりと残しているのは、前回よりもさらに上位を、しっかりとシードを狙っている印象。宮下、藤井、山本樹と箱根予選でチーム上位に入った選手がきっちりとエントリーされており、このまま出場する可能性は非常に高いでしょう。


しかし、さすがにエース区間の7区だけはこれまでの実績を考えても当日変更となると思うのですが、補員は4年生の雲井以外は全員1年生という状況。。。雲井も十分あり得るかなあと思ったのですが、箱根予選で上位8人だった選手が走るのが自然な気がすると思い、ルーキーの山本唯が7区としました。ただ、そうすると6,7区がルーキーというなかなかな布陣になりますが…前回同様に前半から大いに上位戦線を賑わせて欲しいです。

出雲駅伝の区間配置予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします