第52回(2020年)全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~東洋大学~

全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想、最後は東洋大学を行っていきます。いよいよ、明日には区間エントリーが発表されるかと…当日変更もありますけどね。前回の全日本では、2区終了時で11位も3区相澤の爆走でトップ目に浮上、その後は順位を再び下げてしまい、総合5位となりました。箱根では、区間19位以下が2区間出るという東洋らしからぬ走り…総合10位と12年ぶりに3位以内を逃す結果となりました。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

4年生

前回の全日本では5区11位、箱根も1区14位も、今年度は日本インカレ1万mで5位入賞、1万で28分3秒を今月叩き出し、完全復活を遂げた西山、全日本は1年時に出場して8区4位、箱根は3年連続の出場で3区13位だった吉川、前回の全日本では2区12位、箱根では9区9位で走っている大澤、先月5千で14分14秒、1万で29分29秒を今月マーク、3大駅伝初エントリーと果たした小田の4人。

3年生

1万で28分37秒を今月マーク、前回の全日本は8区8位も箱根では5区区間賞を獲得している宮下、1年時の全日本で6区5位、箱根で8区3位も2年時は姿を見せず…3年時にこちらも復帰を果たした鈴木、今月5千で14分0秒のベストをマーク、3大駅伝初エントリーを果たした腰塚、今月5千で13分57秒のベストをマーク、前回の箱根では7区6位で走っている蝦夷森の4人。

2年生

5千で14分15秒を先月、1万で29分14秒を今月マーク、全日本6区9位、箱根で8区6位で走っている前田、5千で14分11秒を今年度マーク、1万で29分16秒のベストを持ち、前回の箱根に続いてのエントリーとなった清野、5千で14分7秒を今年度、1万で29分36秒のベストを今月マーク、前回の箱根では10区19位と悔しい走りになった及川、5千で13分55秒を今年度マーク、2年連続の全日本エントリーとなった児玉の4人。

1年生

大学に入ってから5千で14分0秒、13分58秒をマーク、高いレベルで安定した走りを見せている佐藤、高校ベストは14分28秒ながら、5千で14分5秒を先月、1万で29分55秒を今月マークしている九嶋、高校ベストは14分19秒、今月5千で14分13秒をマークしている奥山、高校時代は都大路1区2位、都道府県対抗5区区間賞と実績抜群、大学では既に13分48秒、13分50秒をマークしている松山の4人。

1~4学年が4人ずつというバランスの良いエントリーとなっています。そして、大きなエントリー漏れは無さそうかなあ。確かに持ちタイムの良い選手はルーキーの14分0秒の渡辺、14分3秒の家吉らを始め、何人か外れていますが…16人中12人が今年度5千でベストをマークしていますからね。残る4人は28分3秒を叩き出した西山に吉川、大澤、鈴木という3大駅伝で好走経験のある選手ばかりです。


実績がある選手、復活を遂げた選手、自己ベスト連発と勢いのある選手、さらに好走を見せているルーキーと現状ではベストの16人と言えそう。ちょっと東洋らしからぬ苦しい走りだった前回の全日本、箱根から、一気に立て直してきたと言えるのでは。そんな東洋大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

佐藤①ー前田②ー西山④ー蝦夷森③
大澤④ー児玉②ー松山①ー宮下③

各学年バランスが良かったエントリー、区間配置も各学年2人ずつにしてみました。狙ったわけではなく、たまたまではあるのですが…それだけ、各学年に力のある選手が複数いるとも言えます。1区は佐藤、楽しみな選手が揃うルーキーですが、現状では松山が抜けており、さらに続く佐藤も十分すぎるほどの力がありそう。松山1区はもはやもったいないほどですが、佐藤1区でもしっかりとまとめてくれそうな安定感があります。


2区は前田、自己ベストを更新しているのもありますし、全日本、箱根を既に経験している実績も大きいです。今後を見据えても、前半の大事な区間を任せても良いかなあと。3区は西山、これは前回も相澤が3区だったことが大きいですね…相澤3区がズバッとハマりましたし、これで他大がエース級を3区に起用してくる可能性も増したかと…ならば、完全復活したエース西山に再び3区を託すのも面白そう。


4区は蝦夷森、3区にエースを起用してくるのであれば、4区も大事になってきます。となると、自己ベストをマークしており、箱根でも上々の走りを見せている蝦夷森がふさわしいかなあ。

5区は大澤、前回は2区を走っていますが、12位と苦しい走り…となると、前半区間や後半の腫瘍区間起用の可能性は低そう。かといって、前年度3大駅伝フル出場している大澤を起用しないことも無いかなあということで、比較的負担の少ない5区としています。


6区は児玉、1年時はそれほど目立った走りを見せられませんでしたが、今年度5千で13分55秒をマークしていますし、高校時代の実績も豊富ですからね。そろそろ3大駅伝デビューも期待される選手。3大駅伝デビューには走りやすい6区あたりが良いかと。


7区は思い切ってルーキーの松山にしました。東洋は過去にも勇馬や吉川ら期待のルーキーに長距離区間を任せることがありますし、個人的に松山への期待値は相当高いです。将来のエース候補に対し、即エース区間への抜擢も面白いかなあと。可能性は低いと思いますが、そのくらい楽しみな選手です。


8区は宮下、前回こそ同区間で8位と悔しい走りになりましたが…チームが苦しい状況で箱根5区区間賞は本当に素晴らしい走りでチームを救いました。今年度も面白いようにベストを出していますし、今の宮下ならば安心して最長区間を任せられそう。

大エース相澤に今西・定方らが抜けたものの、総合力では前年度に負けていないチームになってきたように思えます。ルーキーたちも強力ですし、台頭してきた選手も含め、今回は基本的に直近でベストを出している選手を中心に選んでみましたが、万全であれば4年の吉川、3年の鈴木といった3大駅伝で好走している選手も当然起用されそうです。実績のある選手を選ぶのか、自己ベストを出している選手を選ぶのかも注目です。


皆さんの順位予想、現時点では5位となっており、前回と同じ順位ということになります。個人的な印象としては、さすがにシード争いに巻き込まれるような戦力では無いかなあと。エース区間もつなぎ区間も安心して任せられる選手が揃っています。前回の箱根があまりにも悔しい結果だっただけに、まずはその悔しさを晴らす走りを見せてほしいです。シード獲得は最低限の目標でしょうし、全日本で前回を上回る結果、そして箱根への好結果へとつなげていって欲しいです!!

全日本予想

全日本の順位予想区間配置予想も受け付けております。
順位予想では1~10位になる大学、
区間配置予想では各大学ごとに1~8区に出場する選手を予想してください。

たくさんの投票をお待ちしております♪
※1人1票でお願いします~