第52回(2020年)全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~山梨学院大学~

続いては、山梨学院大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。前年度は3大駅伝全てに出場出来ず、箱根予選では悪夢の17位で連続出場が途切れてしまうことに…しかし、今年度はオニエゴが19位を筆頭に50位以内に4人、100位以内で8人が入る好走で7位通過、前年度の借りを返しました。正直、ここまでの結果は予想出来ませんでした…エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

4年生

5千で13分46秒、1万で28分28秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム5番手の74位で走っている森山、5千で13分59秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム3番手の45位で走っている瀬戸、5千で13分55秒のベストを持ち、前回の全日本予選では3組20位、箱根予選ではチーム7番手の95位で走っている齋藤。


1万で30分3秒のベスト、箱根予選ではチーム10番手の167位で走っている大迫、ハーフで63分22秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム11番手の170位で走っている遠藤、3年時の箱根予選でチーム3番手、今回の箱根予選ではチーム8番手の96位で走っている日影の6人。

3年生

1万で28分30秒のベストを今年度マーク、箱根予選ではチームトップの19位で走っているオニエゴ、1万で29分10秒のベスト、箱根予選ではチーム2番手の35位と好走を見せた松倉、2年時の全日本予選では3組5位と好走、今年度の箱根予選ではチーム6番手の80位で走っている坪井の3人。

2年生

1万で28分8秒のベスト、1年の箱根予選では10位だったものの、今年度の箱根予選はエントリー漏れとなったエースのムルア、1万で29分18秒のベストを持ち、箱根予選ではチーム4番手の46位で走っている橘田、1万で29分47秒のベスト、箱根予選に続いてのエントリーとなった篠原、1万で29分48秒のベスト、3大駅伝・予選会通じて初エントリーとなった星野、1万で30分5秒のベスト、箱根予選に続いてのエントリーとなった小野寺の5人。

1年生

1万で29分17秒のベスト、箱根予選ではチーム9番手の138位で走っている新本、高校ベストで14分22秒を持っている北村の2人。

箱根予選に出場した選手ではチーム最下位だった成毛だけが外れてしまいましたが、仕方ない部分もあるかなあ。関東連合で箱根出場経験のある渡邊は引き続き外れてしまいましたが、ムルアは入ってきました。万全の状態であれば、大きな戦力となるのですが…他は、現状の戦力を考えると、比較的順当なエントリーと言えそうです。


箱根予選の結果を見ると、全日本に向けて期待は高まってきます。持ちタイムは良かったものの、勝負レースでなかなか結果を残せていなかった選手たちが、揃って結果を残してきましたからね。チーム7番手までの選手は、5千で13分台が1万で29分20秒以内のいずれかのタイムを持っている選手です。そういった選手が勝負レースで力を発揮するのは、3大駅伝・予選会において非常に大事になってきますから…そんな山梨学院大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

瀬戸④ー松倉③ー橘田②ー坪井③
齋藤④ー日影④ー森山④ーオニエゴ③

今回はムルアではなくオニエゴが出場すると予想しています。正直、全日本に万全に合わせられるのであれば、箱根予選でエントリー漏れは無いかなあと…そして、箱根予選で100位以内で走った選手が8人…順当ならばこの8人で良いのでは?という単純な予想になっています(汗)


1区は瀬戸、当然1区から主力を起用したいところですが、5千で13分台のベストに1500mも得意な選手、スピードのある選手の中でも特にラストの切れ味があるであろう瀬戸が良いかなあと。箱根予選でも素晴らしい走りを見せていましたし。2区は松倉、箱根予選でチーム2番手の好走、1万でも29分10秒のベストを有していますし、基本的には前半から箱根予選で良かった選手を投入していくことになるのでは。


3区は橘田、こちらも箱根予選では4番手と好走している選手、長い距離にも強い選手ですが、5千、1万もタイムを伸ばしてきていますし、短い距離でも期待値が増しています。4区は坪井、箱根予選でチーム5番手で走っているのもありますが、全日本予選でも3組5位と2年時に好走しているんですよね。今回の箱根予選以外で勝負レースの実績がある選手というのが現状は少ないため、そういった経験のある選手が中盤に起用されるのも良いかなあと。

5区は齋藤、5千で13分台のスピードがある一方で箱根予選も上々の走り、全日本予選も2度経験している唯一の選手です。全日本でも見てみたい選手ですし、5区あたりでどうかなあと。6区は日影、今回はチーム8番手ですが、前回は3番手で走っている選手、5千や1万の持ちタイムは目立たないのですが、なにげに2度の箱根予選で崩れてはいないんですよね。こういった選手は駅伝でも起用しやすいでしょうし、6区あたりが良いかなあと。


7区は森山としました。箱根予選で好走した選手が起用されるのか日本人エースとして期待される森山かと迷うところではあったのですが…期待も込めて森山としました。箱根も唯一チームとして経験している選手ですし、最上級生となり、勝負レースでも結果を残してほしいなあと…8区はオニエゴ、山梨学院の留学生は8区を任せられることが多いですし、7,8区の距離が抜けて長い状況を考えると、最長区間が無難ですよね。箱根予選突破に貢献したオニエゴに走ってほしいという思いも込めて。

正直、持ちタイムの良かった選手が箱根予選で結果を残したということで、どうしてもその選手たちが起用される可能性は高そうですよね。そこに割って入るとすれば、期待のルーキー新本くらいになるのかなあ。個人的には見てみたい選手ではあります。自己ベスト連発ですからね。


皆さんの順位予想を見てみると、現時点では15位となっています。全16大学中15位ということでブービーですか…箱根予選で7位通過を果たしたとはいえ、争う大学は箱根シード校や箱根予選で上位に入った大学になるわけですから、戦力的にシード争いに加わるのは厳しそうというのが実情ですよね。私も、15位まで下位に沈んでしまうことは無いかなあと思いつつも、最終区を留学生が走って順位を上げて、二桁順位というのが現実的かなあと思います。


ただ、前年度は3大駅伝に出場出来なかった状況から、一気に全日本、箱根と今年度は出場を決めたわけですし、箱根予選の勢いそのままに、全日本では1つでも上の順位を目指して欲しいです!!

全日本予想

全日本の順位予想区間配置予想も受け付けております。
順位予想では1~10位になる大学、
区間配置予想では各大学ごとに1~8区に出場する選手を予想してください。

たくさんの投票をお待ちしております♪
※1人1票でお願いします~