第97回(2021年)箱根予選 戦力分析 ~大東文化大学~

本日は大東文化大学の箱根予選に向けての戦力分析を行います。前回の箱根予選では、100位以内がわずかに3人、稼ぐべきエースたちも総崩れしてしまう本当にまさかまさかの展開で18位に沈んでしまい、7年連続で出場していた箱根出場を大差で逃すこととなってしまいました。箱根予選で苦戦するかもとは思いましたが、さすがにここまでの大苦戦は想像していませんでした。。。箱根予選にエントリーされた14人の持ちタイムは以下のようになっています。

前回の箱根予選に出場した選手は8人残っていますが、そのうち7人(三ツ星、片根、倉田、蟹江、稲留、金田、井田)は今回もエントリーを果たしています。その人数は心強いですが、前回の箱根予選でチームトップ、箱根に関東連合で出場した吉井が外れてしまいました。箱根復活を目指すチームにおいて、このエントリー漏れは痛恨ですね。。。箱根予選経験者では1年時に出場した服部がおらず、ハーフで64分台のベストを持つ佐藤も外れています。上級生のエントリーが不安の残るところです。


一方でチームの主力として期待される2年生では、29分10秒台のベストを持つ倉田、井田、大野、蟹江の4人に箱根予選に出場した金田、そして谷口が初めてエントリーを果たしました。2年生にかかる期待は相当大きくなりそう。そしてルーキーでは、高校時代から実績豊富な久保田、菊地の二人が入ってきました。即戦力候補の二人ですし、こちらも楽しみです。順当な下級生、エントリー漏れがちらほらある上級生というエントリーかな。

前回、チーム上位で走っている三ツ星、片根には前回以上の走り、大きく稼ぐ走りを期待したいですよね。エース格が二桁順位ギリギリと言う状況では予選通過は遠いです。そして、前回4人が出場している2年生の走りですね。まずまずだったのは130位だった倉田くらいで他の3人はいずれも下位に沈んでしまいました。2年生となってさらに力をつけているでしょうし、長い距離でもさらに戦えるようになっているのでは。エース格と2年生の好走はもはや必須条件です。


ルーキー以外で新たにエントリーされた選手としては、4年の寺田、3年の藤崎、北川、2年の谷口らがいますね。いずれも1万mの持ちタイムは30分台なんですよね~あまりレースに出ていないので状況は分かりませんが…今年度になって力をつけてきたということかなあ。前回は総崩れとなってしまった新戦力の選手たちが中位で粘れるかも大事になってきます。

皆さんの順位予想では、17位となっていますね。私が今回の順位予想に入れているのは前回の箱根予選で1~18位だった18校、ここまでが現実的に通過の可能性が少しでもあるかなあと思って入れたのですが、大東大は前回の箱根予選会で18位だった大学ですから…当然、その評価も高くはならないですよね。。。


私も、下級生を中心に楽しみな選手はいるものの、ベストメンバーであったとしても通過は厳しいというのが正直な印象です。それが、本来であれば最も計算出来るであろう選手である吉井が外れてしまうという状況はかなり通過が絶望的かなあと思っています。ただ、前回があまりにも悪すぎたというのも事実ですし、その過去3大会は1位→2位→7位通過ですからね。たまたま前回は失敗したというだけで、その失敗を今回に活かせれば可能性もあるのかなあ。


データ上では1年で箱根に戻れなかった場合、その後も非常に箱根出場を果たせないケースが多いです。大東大は2年連続の予選落ちから市田兄弟の活躍もあって復活は果たしましたが、そちらのケースの方が稀ですからね。大東大は奈良監督から今年度の4月に馬場監督へと交代になりました。新監督の元、厳しい戦いにはなると思いますが、何とか1年での箱根復帰を果たしたいところです!!

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。1~10位になる大学を予想してみてください。
全日本の順位予想区間配置予想も受け付けております。

たくさんの投票をお待ちしております♪
※1人1票でお願いします~