第96回(2020年)箱根駅伝 東洋大学 区間配置予想 ~12年連続の3位以内、そして栄冠へ~

今日は東洋大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。前回の箱根は2年連続で往路優勝を果たしたものの、9,10区で崩れてしまい総合3位に留まることに…出雲・全日本は4年生の活躍もあり、出雲3位、全日本5位という結果でした。

4年:相澤 晃、渡邉 奏太、今西 駿介、定方 駿

3年:西山 和弥、吉川 洋次、大澤 駿、田中 龍誠

2年:宮下 隼人、蝦夷森 章太

1年:清野 太雅、久保田 悠月、山田 和輝、前田 義弘、古川 隼、及川 瑠音

前回の箱根メンバーからは8区3位で走った鈴木が外れてしまいました。大活躍だった1年時から、今年度は故障に苦しみ続けることに…一方で今年度3大駅伝を走った選手は揃っていますね。出雲・全日本を回避した吉川も戻ってきました。気になるのは、ルーキーが最多の6人エントリーされていることでしょうか。そんな東洋大学の区間配置予想は以下の通りです。

西山③ー相澤④ー渡邉④ー定方④ー田中③
今西④ー吉川③ー宮下②ー大澤③ー蝦夷森②

~往路~

1区は西山、出雲、全日本とらしくない走りが続いている西山ですが…監督も調子が挙がってきたという話をしていましたし、過去2度区間賞を獲得している経験に託すのかなあと。正直、前回よりも遥かに怖いのですが…優勝を狙うのであれば、西山に主要区間を走ってもらわないことには…


2区は相澤、恐らくチームとしては相澤4区の方が良いと思うんですよね。あの圧倒的な走りからさらにタイムを縮められる期待があるのですが…本人も2区で勝負したがっているようですし、チームを支えてきた大エースの希望を叶えるのではないかなあと。日本人最高タイムを上回ってくるのかも注目です。


3区は渡邉、全日本では1区で上々の走りを見せていますし、最後の箱根でも1区という可能性は十分有り得そうですが、西山に1区を任せるのであれば3区かなあと。元々は実績豊富な選手ですし、往路の主要区間を走って欲しいです。


4区は定方、3年時までは3大駅伝エントリー止まりでしたが、4年時は出雲、全日本と素晴らしい走りを披露、相澤が4区であれば2区は定方に任せてよいのではというほどに結果を残しています。準エース区間である4区も定方ならば何も心配いらなそう。


5区は田中、2年連続で5区を走っており、いずれも1桁順位で走っている選手、他の優勝候補と比べると、やや5区での実績は乏しいですが…それでも、特殊区間は経験が大事になりますし、3度目となれば、さらにタイム・順位ともに上げてきてくれるという期待も込めて。

~復路~

6区は今西、相澤が走る区間以外では最も計算できるであろう区間が今西が走る6区だと思いますし、ここは最も可能性が高いと言えるのでは。他の優勝候補と比べても最もアドバンテージが期待できる区間です。区間賞候補筆頭かなあ。


7区は吉川、過去2度は往路で好走しており、3年連続の往路も十分にあり得るのですが、出雲も全日本も回避しているのが気になるんですよね。箱根にエントリーされるくらいですから、心配はないと思いますが、往路に比べれば負担が少なく、比較的走りやすい7区としました。


8区は宮下、本人は5区を希望となっていましたので、上りに自信があるのではないかと。となると、5区で補欠の選手が走ることも多く、遊行寺の坂がある8区が良さそうかなあ。


9区は大澤、出雲では好走を見せたものの、全日本では物足りない走り…となると、往路よりは復路かなあと思いますが、出雲・全日本に起用されている実績もかっての9区としました。前回も10区を走っていますし、単独走も問題ないでしょうしね。


10区は蝦夷森、ハーフの距離で実績を積み、関東インカレハーフで入賞するものの3大駅伝はこれまで未出場なんですよね。さすがにハーフの距離である箱根では出番があることを期待し、かといっていきなりの主要区間は難しいでしょうから、比較的走りやすい10区かなあと。

結局、6人エントリーされた1年生は誰も走らないという予想になってしまいました。出雲・全日本で出場したのが前田だけですし、それも6区9位ともう一歩の走り…確かに6人とも1万かハーフでは好タイムをマークしている選手なのですが、確実に2年生以上の10人より上回る選手というのもちょっと見当たらないため、外してしまいました。


6人もエントリーされていれば、恐らく1人は走りそうかなあという思いもありますけどね。選手が揃っており、今後は中心となっていくことも期待されるだけに、1年生から何人、誰が起用されるのかも注目ですね。


現状は4年生が中心のチームではありますが、4年生はもう結果を残してくれるでしょうし、何も心配はいらなそう。となると、カギを握るのは今年度もう一歩の3年生ですかね。西山、吉川らが1年次のような快走を見せてくれるのであれば、一気に優勝争いをリードするような存在となってもおかしくないですからね。


11年連続で箱根3位以内と驚異的な結果を残し続けている東洋大学、それでもここ5年は箱根優勝から遠ざかっているのもまた事実、大エース相澤を擁する東洋大学が6年ぶりの箱根優勝を飾るのか、そして連続3位以内を12年連続に伸ばすことが出来るのか?毎回箱根で強い東洋が、また箱根優勝争いを大いに賑わせてくれそうです!!

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。
是非とも予想してみてください♪

※1人1票でお願いします~

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします