第96回(2020年)箱根駅伝 駒澤大学 区間配置予想 ~再び戻ってきた優勝戦線で栄冠を目指す~

いよいよ明日は区間エントリーですね!!今日は駒澤大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は区間二桁順位が2区間と安定した走りで往路4位、総合でも4位と復活の走りを見せました。今年度は出雲で優勝まであと一歩からの惜しくも2位、全日本は4区終了時で10位もそこから巻き返しての3位となっています。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

4年:中村 大聖、中村 大成、山下 一貴、大坪 桂一郎

3年:伊東 颯汰、加藤 淳、神戸 駿介、小島 海斗、小林 歩

2年:石川 拓慎、佃 康平

1年:田澤 廉、小野 恵崇、皆木 晴、山野 力、酒井 亮太

前回の箱根以降、3大駅伝を走った選手は全員エントリーを果たしています。やや意外なところでは、今年度はほぼ姿を見せていない、2年前の箱根5区を走った大坪桂がメンバー入り、ルーキーが最多タイとなる5人が入ったところでしょうか。ちょっと選手層の薄さは感じてしまうかなあ。。。そんな駒澤大学の区間配置予想は以下の通りです。
 
小林③ー山下④ー大聖④ー田澤①ー伊東③
山野①ー小島③ー加藤③ー大成④ー神戸③

~往路~

1区は小林、出雲、全日本は山下、大聖を起用しましたが…結果的にしょうがないとはいえ、もったいなかったところもあると思うんですよね。かといって、1区で出遅れるわけにはいかずに主力を起用したいとなると…出雲、全日本で好走し、上尾ハーフでも見事な走りを見せた小林でどうかなあと。


2区は山下、田澤の2区も見てみたい気はしますが、少なくとも今回ではないかなあと。過去2度の経験があり、チームでも随一の安定感を誇る山下で何も心配は…ちゃんと遅れずに中継所に来てくれさえすれば(笑)前回を上回る走りを見せてくれることでしょう。


3区は大聖、出雲はアンカーで逆転を許し、全日本1区で区間2位も個人的にはもう一歩…今は東洋の相澤と東国大の伊藤が注目されていますが、学生ハーフやユニバでは二人に割って入って2位に入っており、悔しい思いもあるでしょう。前回も経験している3区でともにユニバハーフを走った二人に負けない走りを見せてほしいなあと。


4区は田澤、出雲・全日本での圧倒的な走りは世代No.1という評価だけではなく、大学トップクラスとも渡り合えることを示してくれました。本人も3,4区を希望しているということで、ルーキーということを考えれば走りやすい3区の方が良さそうですが、エースの1人であることを考えれば2区に次いで重要度が高く、差も3区よりつきやすい4区の方が良いかなあと。


5区は伊東、前回は山対策が十分でない中での区間5位、前回の経験もあって準備も出来ているであろう今回ならばさらなる好走も期待出来ます。全日本では苦しい走りとなってしまいましたが、その悔しさをバネに山で再び結果を残してくれれば。往路は順番はともかく、この5人が起用される可能性が高そうかなあ。

~復路~

6区は山野としました。もちろん、前回好走している大成の可能性が高いですし、それが一番計算出来るとは思いますし、3位以内を狙うのであれば最適だと思うのですが…本気で優勝を狙うのであれば、大成を6区だと平地が厳しいように思えます。特に8~10区で選手層の薄さがモロに出てしまうのでは無いかと。

ならば、6区希望であり、上尾ハーフで好走した山野に思い切って託すのもありかなあと。もちろん、悪い方に出る可能性もありますが、ルーキーも積極的に起用したいという監督の言葉を考えても、田澤1人だけでは無く、もう1人起用されるのかなあと。


7区は小島、前回も7区で結果を残していますし、全日本は故障明けで外れましたが、上尾ハーフでは素晴らしい走りを見せています。個人的には1区も面白いかなあと思ったのですが、経験している7区で前回以上の走りを見せてくれれば。


8区は加藤、本人も希望区間として挙げていましたし、全日本でようやく結果を残したとはいえ、往路はまだちょっと怖い気がしてしまう状況…となると、比較的負担の少ない8区で結果を残してほしいなあと。加藤の走りというのは、密かに鍵になるかなあと思っています。


9区は大成、復路のエース区間であり、下り基調でもある9区は大成が平地を走るのであれば重要度、適正ともに相応しいかなあと。恐らく、6区を走るのだろうと思いつつ、大成が9区にいてくれれば復路の安心感がグッと増すなあという期待を込めて。


10区は神戸、全日本はアクシデントもあって悔しすぎる走りとなりましたが、ハーフではずっと結果を残してきており、関東インカレハーフも入賞しています。箱根も23km区間が良いと思いますし、最終区間の10区が良いかなあと。全日本の借りを返す走りを見せてくれれば。

ルーキーが田澤しか走らないのであれば、2年の石川が走るのがベスト布陣とないそうです。ただ、逆に言えばあっさりとベストの10人が決まってしまうほどに、選手層はギリギリとも言えるんですよね。エース格どころか中堅どころが1人外れるだけでも、致命的な影響となりそう。最も5強と言われる大学は東海以外は決して選手層が厚いとは言えない状況ですが…


ただ、逆にベストメンバー、ベストコンディションで臨むことが出来れば、十分優勝争いに絡むことが出来るだけの戦力は揃っていると思います。なかなか3大駅伝で優勝争いに絡むことが出来なかった現状から、過去3年間は3大駅伝で3位以内が一度も無かったのが、今年度は出雲2位、全日本3位と来ていますからね。


箱根ではもう11年も優勝から遠ざかっています。優勝を狙う戦力であった時も多々ありながらも、他大の圧倒的な走りや自滅もあって優勝を逃し続けてきたのが現状です…そんな状況に終止符をうち、箱根でまた圧巻の走りを見せてほしいものです。

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。
是非とも予想してみてください♪

※1人1票でお願いします~

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします