第96回(2020年)箱根駅伝 法政大学 区間配置予想 ~大エース不在の苦境でシード獲得なるか~

今日は法政大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は、5区3位と2年連続で快走した青木の走りで往路5位、復路は全員が区間8位以内という安定した走りで総合6位と2年連続で6位という好結果でした。今年度は主力を複数欠いたこともあり、出雲では10位、全日本では11位と苦戦が続いています。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

4年:青木 涼真、岡原 仁志、佐々木 虎一朗、増田 蒼馬、坪井 慧、松澤 拓弥

3年:田辺 佑典、須藤 拓海、糟谷 勇輝、奥山 智広

2年:鎌田 航生、清家 陸、久納 碧、守角 隼

1年:河田 太一平、中園 慎太朗

出雲・全日本に出場した選手からは、2年の人見がいませんね。長い距離ではまだ実績がありませんし、しょうがないかなあ…そして、前回の箱根経験者からは、佐藤が外れているんですよね…関東インカレで5千、1万と2種目日本人トップ、箱根2区は確定的と言われていたのですが、故障で駅伝シーズンは1度も走ること無く卒業となってしまいました。実業団で活躍してくれれば…そんな法政大学の区間配置予想は以下の通りです。

岡原④ー鎌田②ー坪井④ー河田①ー青木④
中園ー田辺③ー清家②ー増田④ー糟谷③

~往路~

1区は岡原、2区佐藤がいないことを考えると、どうしても遅れたくない…となると、3大駅伝に6度出場と経験豊富で主要区間を担った経験もある岡原でどうかなあと。故障明けの全日本は苦しみましたが、前回の箱根は3区14位でまとめていますし、しっかりと合わせてきてくれるのでは。


2区は鎌田、来年度のエースは鎌田だと思いますし、佐藤が走れない以上、2区は鎌田に託すしかないかなあと。28分台ランナーとなり、全日本も2区8位でまとめていますし、箱根2区でも粘りの走りを見せてほしいかなあ。


3区は坪井、もちろん6区の可能性は十分すぎるほどにあると思うのですが…故障明けでの6区というのは相当リスクが高いと思っています。かといって、坪井を他の復路に残す余裕も無いことを考えると、下り基調で走りやすいものの重要度は高く、故障明けの主力が任されることも多い3区が良さそうかと。


4区は河田、ルーキーながら出雲6区、全日本7区とエース区間を任される主力の1人、これだけの起用を見ると箱根でも往路区間の可能性は高く、準エース区間の4区でどうかなあと。あまりルーキーが抜擢されることは無い難しい区間ですが、これまで起用されているのはそんな区間ばかりですからね。エース候補の1人に託すのも良さそう。


5区は青木、これはもう予想というか確信というか鉄板というか…監督も選手本人も明言していますし、法政にとって最も計算出来るかつ最も稼げるであろう区間、2年ぶり2度目の区間賞も狙える頼りになるエースです。青木にどれだけ好位置で渡せるかが法政の命運を握ることになるでしょう。青木はどんな順位でも結果を残してくれるはず。

~復路~

6区はルーキーの中園としました。希望区間は6区となっていましたし、坪井以外で走るのであれば下級生から出てきてほしいところ、さらに今年度は走るたびに自己ベストを伸ばしている、高校時代は都大路での実績もあることを考えると、1年目から箱根に出場してもおかしくなさそうかなあと。


7区は田辺、出雲、全日本ともに任された選手であり、箱根も10人に入ってくる可能性は高そう。ただ、走るのであれば復路でしょうし、比較的走りやすいながらも重要度の上がっている7区が良いかなあと。

8区は清家、こちらも田辺同様に出雲、全日本を走っており、奇しくもともに出雲は10位、全日本は12位で走っている二人です。ともに箱根では復路を走る可能性が高いと思っており、清家は5区希望ということで、7区よりは遊行寺の坂がある8区かなあという予想となりました。


9区は増田、過去3大会はいずれも4年生が任されている区間、長い距離に強い選手が起用されている印象です。増田も3大駅伝ではまだ実績に乏しいのですが…ハーフで63分10秒をマークしていますし、最初で最後の箱根でハーフの持ちタイムに相応しい走りを見せてほしいという思いも込めて。


10区は糟谷、3大駅伝こそまだ未経験の選手ですが、ハーフの距離でずっと結果を残している上級生、3大駅伝デビューが待たれるところなんですよね。となると、23km区間である10区でのデビューというのも良さそうかなあ。

気になるのは1区と6区という往路と復路のスタートとなる重要区間を誰が担うかですね。とにかく1区で出遅れたく無いですし、かといってエース級を起用するわけにもいかないという悩ましさ。坪井6区ならば、現実的には4区までなんとか凌いで山で一気に大稼ぎをするという戦略となりそうですし、坪井が平地となると、青木にかかる期待と負担は凄いことになりそうです…


出雲、全日本と主力を欠いたのは痛かったですが、裏を返せば多くの選手に3大駅伝を経験させることが出来たとも言えます。出雲、全日本を走った選手が多く箱根に出場することが予想されますし、その経験を箱根に活かしてくれれば…


大エースを欠いて苦しい戦いが予想される法政、3連続で守り続けてきた箱根シード権ですが、今回は正念場と言えそうかなあ。ただ、やはり5区が計算出来るのは大きいですし、今年度に入ってきて伸びてきた選手も多いですからね。4年連続の箱根シードも狙えるだけの戦力は揃っていると思いますし、新戦力の活躍に期待したいところです!!

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。
是非とも予想してみてください♪

※1人1票でお願いします~

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします