第96回(2020年)箱根駅伝 日本体育大学 区間配置予想 ~3本柱好調でシード返り咲きへ~

今日は日本体育大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は往路で16位と苦戦、復路でやや盛り返したものの、総合13位でシード落ちとなってしまいました。今年度は箱根予選で3位と上位通過の一方、ベストメンバーとは言えなかった全日本では14位に終わっています。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

4年:中川 翔太、山口 和也、白永 智彦、廻谷 賢、小縣 佑哉

3年:池田 耀平、亀田 優太朗、大内 一輝、野上 翔大
   太田 哲朗、岩室 天輝、嶋野 太海


2年:大内 宏樹

1年:安達 響生、盛本 聖也、藤本 珠輝

箱根予選を走った12人からは、チーム9番手だった名村、11番手だった佐藤、12番手の冨田と3人も外れているのはちょっと意外ですかねえ。前回6区の濱田、8区の森田と箱根経験者2人も外れ、さらに全日本2区の松尾、4区の加藤とこれだけ直近1年間に3大駅伝・予選会を走った選手が外れるのも珍しいですね。


その一方で岩室は戻り、16人中12人がこの1ヶ月で自己ベストを更新するなど好調な選手が入ってきています。そんな日本体育大学の区間配置予想は以下の通りです。


池田③ー山口④ー中川④ー廻谷④ー藤本①
盛本①ー野上③ー大内宏②ー太田③ー亀田③

~往路~

1区は池田、過去4大会連続で1区を任されている選手、さらに前回の箱根、全日本もきっちりとまとめている池田を1区から外す理由はなさそう。本人も引き続き1区希望のようですし、13分台、28分台のスピードを身につけ、安定感もましてきている池田は1区に最適かなあと。


2区は山口、前年度はなかなか調子の上がらない中での2区でなんとかまとめたという印象でしたが、今年度は箱根予選で好走、全日本もエース区間の7区で好走と結果を残してきました。今の山口ならば、チームのエースとして2区を安心して任せられそう。


3区は中川、箱根は3年連続で復路を任されていた中川ですが、本来であれば往路の主要区間を担うべき選手ですし、今年度の結果を見ていると、3区も任せられるでしょう。今の3本柱は山口、中川、池田だと思っていますし、その3人を1~3区にそのままつぎ込むのが良さそう。


4区は廻谷、前回は区間18位と苦しみましたが、前回の全日本では好走、今年度の箱根予選でもチーム5番手で走っています。2年連続の箱根4区で前回の借りを返してほしいという思いも込めて廻谷を4区としています。


5区は藤本、5区にはルーキーの抜擢を示唆していること、そして5区を希望しているのが藤本と言うことを考えると、山登りは藤本に託すのではないかなあと。というか、藤本が5区を走るのであればもはやそれはルーキーの抜擢でもなんでもなく、純粋に箱根予選チームトップ、ハーフ持ちタイムのエースが順当に最重要区間の1つである5区を任されるというだけですよね。

~復路~

6区は盛本、山をルーキーコンビに任せるということになりますが、それはそれで面白そうなんでうしょね。本人も6区希望ですし、箱根予選もチーム6番手と好走、さらに持ちタイムを着実に伸ばしていることを考えても、抜擢はありそう。ルーキーコンビが揃って山で好走してくれれば、来年度以降がますます楽しみになりますしね。


7区は野上、復路は上級生を中心に粘ることとなりそうですが…ハーフで63分台、1万で29分1桁をマークし、全日本も出場した野上でどうかなあと。全日本で5区16位と苦戦したのは気になりますが、そもそも全日本で好走したのは池田、中川、山口という3本柱だけでしたし…


8区は大内宏、箱根予選ではチーム8番手の走り、全日本も6区12位で走っていますし、さらに5千、1万で自己ベスト連発と勢いのある選手。となると箱根10人に入ってくる可能性は高そうですし、本人も8区希望ということであれば、そのまま任せるのが良いのでは。


9区は太田、1万でベストを更新し、全日本では最長区間の8区に起用されているんですよね。箱根予選でもチーム7番手と安定した走りを見せており、エース級ではない選手が全日本8区を走ったあとは、復路のエース区間である9区を任されることも多いですし、その流れで太田も9区としています。


10区は亀田、自己ベスト連発で1万は29分1秒と28分台目前、ハーフも63分33秒まで伸ばしています。にもかかわらず、3大駅伝はエントリー止まりでなかなか出場の機会は巡ってこないのですが…持ちタイムからすれば箱根でも見てみたい選手ですし、ハーフで結果を残していることを考えると、23km区間の10区でどうかなあ。

1~4区に主力を注ぎ込み、5,6区の山は期待のルーキーに託す、7区以降は中堅どころで粘るというような予想にしてみました。気になるのは岩室の状態でしょうか。今回は外して予想しましたが、万全であれば往路を走ってもおかしくない選手ですからね。実際に前回は3区を任されていますし。


今回は10人に入れなかった選手も1万mで自己ベストを更新している選手ばかりですし、好調な選手が多いのは嬉しい悩みと言えそう。前回は監督問題などもあった中での箱根でしたが、今年度は監督が変わってチーム状況も雰囲気も良くなってきたようですし、箱根でのシード返り咲きも狙える戦力となってきました。


まずは往路でどれだけ戦えるかですね。前回は3区終了時で総合18位と大きく出遅れてしまったことが、最後まで響きましたし…3本柱を始め、前年度よりも結果を残してきている選手が多く、エース力・総合力ともに前年度を上回っているであろう日体大、前回シード落ちとなるまでは3年連続7位以内と安定した結果を残していました。また安定感のある走りで2年ぶりのシード、獲得して欲しいです!!

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。
是非とも予想してみてください♪

※1人1票でお願いします~

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします