第96回(2020年)箱根駅伝 順天堂大学 区間配置予想 ~総合力での連続シードへ~

今日は順天堂大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。前回の箱根では、2区塩尻、5区山田攻という2大重要区間で大きく稼ぎ、総合8位で2年ぶりのシードを獲得しています。今年度は出雲こそ目立った走りがなく総合8位でしたが、全日本では6区終了時で2位と素晴らしい走りを披露、7区で苦戦し総合9位でしたが、順大の強さを見せる結果となりました。

4年:藤曲 寛人、橋本 龍一、野田 一輝、小畠 隆太郎、高林 遼哉、鈴木 雄人

3年:清水 颯大、原田 宗広、野口 雄大、澤藤 響、真砂 春希、矢野 直幹

2年:吉岡 智輝、人見 隆之、小島 優作

1年:西澤 侑真

出雲、全日本を走った選手では、出雲5区13位だったルーキーの野村が外れています。長い距離ではまだ苦しいようですし、しょうがないかなあ。前回の箱根に出場した5人はそのままエントリー、2年の箱根以来、3大駅伝に出場していない野田も入ってきましたね。一方で2年連続関東インカレハーフで入賞している難波は外れてしまいました。そんな順天堂大学の区間配置予想は以下の通りです。


野口③ー藤曲④ー橋本④ー澤藤③ー矢野③
清水③ー西澤①ー人見②ー小畠④ー鈴木④

~往路~

1区は野口、過去3大会出場した3大駅伝全てで1区を任され、ラストの切れ味も抜群、徐々に3大駅伝でも結果を残してきていますし、箱根でも1区を任される可能性が高そうかなあ。全日本のように粘り強い走りを見せてくれれば。


2区は藤曲、こちらも全日本では素晴らしい走りを披露、前回の箱根でも一桁順位で走っていますし、現状のチーム状況を考えても2区を任せるのは藤曲が相応しいかなあと。持ちタイムもチームトップクラスですしね。


3区は橋本、過去2年連続で3区を任されている橋本、2区を走る可能性もあるということでしたが、2年前は3区7位と好走していますし、藤曲に任せられることを考えると慣れている区間で良いのでは?主要区間でも結果を残している頼もしい存在です。


4区は澤藤、全日本こそ大苦戦しましたが、7区というエース区間を任されているわけですし、前回の箱根でも1区という主要区間を担っています。それだけ、監督の信頼も厚いということでしょうし、準エース区間である4区を走ることも十分にありそう。


5区は矢野としました。3年連続で好走した山田攻が卒業したことで悩ましい区間…エントリーされた選手のうち、5区希望となっていたのは矢野だけだったので、予想しています。今年度は3大駅伝全てにエントリーされていますし、まだ主力どころではない選手から山で好走してくれたら、大きいです。

~復路~

6区は清水、全日本での好走や1万で28分39秒という持ちタイムを考えると、6区はもったいない気もするのですが、本人も6区を走る気でいる予定ですし、大きく結果を残してきた現状で6区を走ればどれだけの結果を残すかも見てみたい気がします。


7区は西澤、全日本で6区3位という驚異的なデビュー戦を見せました。となると、当然箱根でも出場する可能性は高いですし、2年前はルーキーの清水が7区を走っていますし、エース級というわけではないルーキーの箱根デビューに7区というのは良さそうかなあと。


8区は人見、ハーフでタイムを伸ばしてきた吉岡か人見のどちらかの2年生は箱根出場がありそうかなあということで、ハーフでタイムを上回る人見としています。1万、ハーフと続けて好走しているのは頼もしく、その一方で3大駅伝経験はないことからも、8区でどうかなあ。


9区は小畠、1万で28分台、ハーフも63分28秒で走っており、往路への起用も十分有り得そうですが、そうでなければ復路のエース区間である9区かなあと。全日本で3大駅伝も経験しましたし、最初で最後の箱根でも活躍してくれるのでは。


10区は鈴木、全日本でも最終区間である8区を任されていますし、ラストこそ破れたものの粘り強い走りを見せてくれました。前回の箱根でも10区を走っている実績もありますし、2年連続で10区を担うのでは。

今回予想した10人以外にも、箱根で好走経験もある野田や28分台をマークした原田、吉岡に出雲を走った小島など楽しみな選手が揃っているんですよね。チーム8~10番手の争いはかなり熾烈になりそうですね。自己ベストを更新している選手が非常に大きいのも魅力的です。


前回の箱根から5人が卒業しましたが、2,5区以外はいずれも順位を上げてきてもおかしくないほどの布陣になってきたように思えますね。なかなか、持ちタイム通りの強さを3大駅伝で見せられていなかったのが、全日本は6区までは本当に完璧と言えるようなレースを見せていましたからね。そのような走りを箱根で最後まで見せてくれるのでは…?と期待せずにはいられません。


箱根では過去4大会で3度シード獲得と結果を残している順天堂大学、大エース卒業後の今年度、面白いように新戦力の台頭が見られますし、チームとして目指している総合力で勝負出来る布陣というのも現実になってきました。2年連続のシードを獲得、そして前年度を上回るような走りを見せられるのか?箱根でも強い順大の姿を見せてほしいものです!!

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。
是非とも予想してみてください♪

※1人1票でお願いします~

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします