第96回箱根予選会(2019) エントリー発表&雑感

昨日、大激戦となった出雲駅伝が終わったばかりですが…もう箱根予選のエントリーが発表になりました。。エントリー(PDF)はこのようになっております。私が選手をDB登録している全13大学について、大学ごとにエントリを見ていきます。

中央大学(箱根11位)

4年生が舟津1人だけなのが寂しいですね。学年が上がるに連れて存在感を失っているような…他の主力は3年生の畝、池田、川崎、矢野に2年の三浦、森凪也、ルーキーの助川、千守などが順当にメンバー入りを果たしていますね。800mから距離を伸ばして箱根を目指す田母神、全日本予選で3組11位で走っている加井もエントリーから外れていますね。全日本予選は通貨に一歩届かずでしたが、戦力的には予選通過は特に問題なさそうかなあ。

早稲田大学(箱根12位)

4年生は新迫、大木、真柄あたりが外れていますね。長い距離に実績のある選手が複数外れたのはちょっと痛い気もしますが…その一方で下級生は全日本と同様に多くの主力が順当に入ってきています。井川、鈴木のルーキーは全日本とダブルエントリーですが、さすがに両方に出場するのは負担が多すぎる気が…エースの中谷はハーフを走っていませんし、全体的にハーフの持ちタイムがあまり良くないのは気になりますが…こちらも予選落ちをするような戦力では無いですよね~

日本体育大学 (箱根13位)

山口、中川のエース格に廻谷も箱根予選にはメンバー入りを果たしてきましたね。その一方で3年の岩室は全日本同様にエントリー漏れとなっています。3年生も太田、嶋野、野上といった新戦力がメンバー入りを果たしていることを考えると、やはり箱根予選、全日本ともにベストメンバーで臨んでおり、それだけ新たに力をつけてきた選手がいるということかなあ。ルーキーも名村、藤本に盛本と3人が入ってきました。まずまず順当なエントリーと言えそうです。

日本大学 (箱根14位)

エース格の1人であり、長い距離にも強い阿部が外れてしまったのは痛いですね。3年こそ野田、武田、横山と実績のある選手が入ってきていますが、2年生は大倉、橋口と未知数な2人ですし、ルーキーがエースのドゥングを含めても大量5人と最多のエントリーとなりました。


確かに八木、樋口、若山ら楽しみなルーキーが揃っていますが、箱根予選で1年生が最多というのはちょっと苦しい…前回の箱根予選も経験していませんし、前回の箱根上位校の中では最も苦しいエントリーのように思えます。予選落ちしてもおかしくない気さえ、してしまいました。。。

東京国際大学 (箱根15位)

留学生はビンセントもムセンビも両方エントリーしてきましたね。全日本からすると、箱根予選はビンセントを予定しているのでしょうが…伊藤、相沢、真船ら4年生は主力を中心に順当にメンバー入りを果たしていますが、一方で2年生が0人なのが寂しいですね。芳賀、會田らが候補になるかと思っていましたが、外れてしまいました…


その一方でルーキーは丹所、山谷という非常に楽しみな2人が入ってきています。4年生の充実ぶりと1年生の強さを考えると、上位通過も十分狙えそう。

神奈川大学 (箱根16位)

エースの越川、安田共に安藤、森、復活した荻野と4年生の主力が入ってきており、こちらは比較的順当かなあ。3年生の井手、北崎、小笠原ら3大駅伝経験者も入っていますしね。その一方でルーキーが誰もメンバー入りを果たせなかったのは残念ですね。持ちタイムを伸ばしている落合、西方といった2年生はまだハーフの距離は厳しいのか…上級生を中心に実績のある選手が揃っており、こちらも通貨は問題なさそうかなあ。

明治大学 (箱根17位)

大エースの阿部が外れてしまいました。全日本にエントリーされなかった時点で厳しいとは思っていましたけどね。7月から足を痛めていたようですが、箱根には問題ないということで、まずは他の選手の奮起に期待したいところ。3年生は小袖、前田、村上と主力がきっちりと揃い、2年の鈴木もエースの1人。勢いのある選手として名前の挙がる長倉、樋口、手嶋らも入っていますね。全日本、箱根予選ともに今のベストメンバーという形かなあ。


ただ、4年生は引き続き中島や佐々木が外れているのは気になるところです。三輪が入ってきたのは大きいですけどねえ。予選通過は問題無い戦力だとは思いますが、ちょっと経験値が下がってしまっているようにも思えます。

国士館大学 (箱根18位)

日本人エースの鼡田はきっちりとメンバー入りを果たし、留学生はヴィンセントだけが入ってきました。やはり、力は抜けていますからねえ。2年生では主力の1人である長谷川が外れてしまったのがちょっと痛いかなあ。他の主力どころは一通りメンバー入りを果たしている印象かなあ。


ルーキーもタイムを伸ばしてきて楽しみな綱島、福井、清水と3人がメンバー入りを果たしていますね。戦力的にはボーダーを争う大学の1校かなあ。ヴィンセントや鼡田らが大きく稼いでもらい、他の選手は集団走で粘れれば…主力が揃って抜けた穴を埋められるでしょうか?

大東文化大学 (箱根19位)

川澄、奈良のダブルエースに佐藤弘、三ツ星といった主力どころはきっちりとメンバー入りを果たしています。短い距離に強い土本も箱根予選でメンバー入りを果たすとは…ただ、2度の箱根を経験してる藤岡が外れてしまったのは痛いか。長い距離で結果を残してきているだけに…


2年の服部、佐藤陸らも外れていますねえ。。。その一方で期待のルーキーからは大量4人がエントリー。倉田、蟹江、井田、金子といずれも今年度良い走りを見せている選手が揃いました。トラックで結果を残しているルーキーたちがハーフの距離でも計算できそうとなると、楽しみですね。ただ、もちろん未知数な部分はありますし、大東大もボーダーの1校となりそうか。。。

城西大学 (箱根20位)

エースの荻久保を始め中原、西嶋といった4年生の主力、3年生も大里、菊地、菅原など順当なエントリーと言えそうかなあ。ハーフで実績を残している選手が揃っているのが心強いですよね。この選手が外れるなんてというようなエントリー漏れは無さそうです。


前回の箱根ではこれほど噛み合わないものなのかというほど、苦しんだ城西ですが、箱根予選を上位で通過してもおかしくないだけの戦力は整っているはずなんですよね~ただ、一歩間違えると苦戦する恐れも…箱根の悪夢を払拭する走りを見せられるでしょうか?

山梨学院大学 (箱根21位)

箱根経験者である宮地は外れてしまいましたね。タイムを伸ばしてきて伸び盛りの吉田も外れています。入ってきてもおかしくないかと思いましたが…留学生はオニエゴ、ムルアの二人が入っていますが、ムルアが有力かなあ。主力として期待される坪井もきっちりと入っています。


一方でルーキーは橘田、木山とトラックシーズンはあまり目立たなかった2人が入ってくることに。2,3年生も含めて3大駅伝・予選会の未経験者もかなり多い印象です。正直…箱根予選落ちとなってしまっても、おかしくない状況かなあとは思います。それほど、大きな正念場を迎えていますね。

上武大学 (箱根22位)

エースの佐々木は入っていますが、63分台のベストを持つ鴨川、スピードのある岡山ら4年生は外れていますね。3年生は坂本、岩崎、松倉と自己ベストを出した主力どころがきっちりとメンバー入りを果たしています。2年生が大量5人もエントリーされたのにはちょっとびっくり。源川、西村、渡辺ら伸び盛りな選手は揃っていますが…


エントリー自体はまずまずという印象ですが、山梨学院同様に上武も本当に正念場ですね。ともに初出場から続く箱根連続出場が途切れてしまうかもしれない危機を迎えています。自己ベストを更新してきている選手が多いのは大きいですし、新戦力がハーフでも活躍してくれることに期待です。

創価大学(箱根予選15位)

留学生はこちらもムイル、ムルワとダブルエントリー。出場できるのは1人だけですが、14人となると、2人エントリーさせるのが基本なのでしょうか?順当ならば、ムイルが走ることになりそうです。前回の創価のように故障ではしれない可能性もありますしね。エースの米満に主力の上田といった4年生、エース格の1人である3年の鈴木大、2年で伸びてきている嶋津、期待のルーキー葛西らが順当にメンバー入りを果たしていますね。


その一方で福田、原富、右田といった中堅どころの3年生は揃って外れていますね。いずれもハーフでは65分30秒前後のタイムを有しているのですが。葛西とともに期待のルーキー濱野は今回はメンバー入りを果たせず…その一方で新家が入ってきたのはちょっとびっくりです。前回よりは予選通過が期待できそうなメンバーですが、、、前回の予選15位からの巻き返しはなるでしょうか?

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします