第51回全日本大学駅伝(2019)戦力分析&区間配置予想 ~早稲田大学~

最初は、早稲田大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。前回の全日本では、8区間中7区間で二桁順位に終わり、総合15位で関東勢最下位という屈辱的な結果となってしまいました。しかし、全日本予選では安定した走りで3位通過を果たしています。

4年生

太田 智樹、新迫 志希、三上 多聞

関東インカレ1部1万mで6位入賞、全日本予選では4組11位、復活を遂げたエースの太田智、1年時は全日本で5区2位の快走、前回の箱根では9区9位で走っている新迫、ハーフでは63分46秒を持ち、全日本予選に続いてのエントリーとなった三上の3人。

3年生

宍倉 健浩、吉田 匠

前回の全日本では主要区間である2区を任されて13位、1万mで29分17秒のベストを持つ宍倉、1年時に全日本では7区に出場、今年度は関東インカレ3000m障害で3位、全日本予選でも2組11位で走っている吉田の2人。

2年生

中谷 雄飛、千明 龍之佑、太田 直希、向井 悠介、山口 賢助

前回の全日本では3区2位と快走、箱根でも1区4位と3大駅伝を全て区間4位で走っているエースの中谷、前回の全日本では1区12位、箱根では3区10位と上々の走り、全日本予選でも4組12位で走っている千明、


前回の全日本では4区10位、箱根でも8区10位と安定した走りを見せ、1万でも29分21秒を今年度マークしている太田直。1万で29分32秒、ハーフで64分35秒のベストを持ち、箱根に続いてのエントリーを果たした向井、先月1万で29分52秒をマーク、5千でも14分24秒を持つ山口の5人。

1年生

鈴木 創士、井川 龍人、小指 卓也

5千で14分6秒、1万で29分26秒のベストを持ち、全日本予選では2組1位と素晴らしい走りを見せている鈴木、高校時代の実績No.1、今年度も5千で13分54秒をマークし、全日本予選では3組12位、29分42秒をマークしている井川、5千で14分9秒のベストを持ち、全日本予選では1組10位で走っている小指の3人。

区間配置予想

前回5区を走った、半澤、7区を走った遠藤の二人が外れていますね。遠藤は今年度の状況を考えると、外れたとしてもやむを得ないかもしれませんが、半澤は関東インカレ1500mで入賞、全日本予選も出場していただけに、ちょっと意外なエントリー漏れでした。その他はエース格、主力どころを含めてきっちりとメンバー入りを果たしており、比較的順当なエントリーと言えそうです。そんな早稲田大学の区間配置予想は以下のとおりです。


千明2-中谷2-井川1-太田直2-鈴木1-吉田3-太田智4-新迫4


正直、箱根予選と全日本の両方に出場する大学は全日本にどれだけ注力してくるかは予想がつかないので、ベストメンバーを組んでくる前提で予想しています。また、これまでの選手起用状況から見ると、主要区間は1,2,7,8区ということになりそうですね。そして、7,8区は長い距離に強い主力、上級生が起用されることが多く、前半は下級生のエース格が起用されることが多い。。。


となると、まずは前半の1,2区は千明、中谷の2年生コンビニ任せるのが良いかなあと。千明は前回も1区を任されていますし、そこから全日本予選では最終組を任されるほどに力をつけていますからね。2区はスピードのあるエース格が起用されることが多く、1区が距離が短いこともあって2区で大きく順位も入れ替わりやすい重要区間、となると中谷かなあと。前回も3区で唯一良い走りを見せましたし、より重要度の高い区間を走ってほしいと。


3区はルーキーの井川、前回もルーキーの中谷が起用されていましたので、2年連続で期待のルーキーに任せるのも面白そう。3大駅伝デビューですし、いきなりの主要区間よりは距離が短くて重要度が1,2区に比べれば低い3区が良いかなあと。4区は太田直、前回も走っている区間ではありますし、区間10位ですが8区間では2位タイで良かった区間でもありますからね。こちらも他の2年生同様にさらに力をつけてきていますし、あえてずらすことも無いかなあと。


5区は3~5区にいずれもルーキーを起用してきた早稲田、ただルーキーを並べることはリスクも高いので、それならば間に経験のある太田直を挟んで5区に鈴木というのが良いと予想しました。全日本予選で好走するなど、1万mは好タイムを連発していますし、井川同様に即戦力として期待できそう。


6区は吉田、本来であれば箱根も5区を走る予定だった選手ですし、全日本予選でも好走を見せ、関東インカレ3000m障害でも表彰台と勝負レースで結果を残しています。1年の全日本以来、3大駅伝は出場していませんが、今回は出番があるのでは無いかなあと。上級生ということもあり、距離が長くなる6区あたりが適任かと。


7区は太田智、エースに7区を任さるのが良さそうですし、となると4年生エースである太田智に任せるのが良いのかなあと。しかし、今回は考慮していませんが、箱根予選に確実に走るであろう選手がさらに20km前後の距離を2週連続はどうなんだろうと思いつつ…考えないようにしています(笑)


8区は新迫、箱根予選のエントリーが出る前に予想していたので、ひょっとしたら何かしら問題があっての箱根予選エントリー漏れ?と思いつつ、むしろ箱根予選に出場しないのであれば、最長区間の8区も任せられるのかなあと。。。箱根では9区を走るなど長い距離ももちろん問題ないですしね。


前回は苦しんだ早稲田ですが、総合力では確実に前回を上回ってきそうですよね。2年生がすでに3人も経験しているのも大きいですし、復活を果たしてきた選手もいますし、戦力としてはシードを獲得してもおかしくはないと思いますが…何度も書いてきている通り、おそらく今回限りであろう箱根予選との連戦がどの程度影響を及ぼすのかが未知数なんですよね。両方にエントリーされている選手も多く、ベストメンバーで臨むようですし。。。


前年度は3大駅伝全てで苦戦した早稲田、今年度は即復活を果たすためにも、まずは全日本から結果を残していきたいところですよね~力のある選手が揃っている早稲田の強さ、見せてほしいです!!


全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします