関東インカレ2019 エントリー考察(神大、國學、創価)

関東インカレのエントリーについて考察していきます。今日は2部に属する神奈川大学、國學院大學、創価大学の3校を取り上げます。神奈川は3000m障害に強いですし、國學院はエースの躍進が目立ちます。創価も今回は留学生がエントリーということで、いずれもポイントはしっかりと獲得してきそうですよね。ただ、未エントリーや3人未満の種目が多いのが寂しい。。。

 

神奈川大学

1500m(島崎①)

3分52秒の資格タイムを持つルーキーの島崎が唯一のエントリーですね。自己ベストは3分50秒とルーキーとしてはなかなかのタイムですし、まずは決勝進出を目指したいところ。

 

5000m(越川④、安田共④)

エースの越川が5千、1万のダブルエントリー。13分57秒というスピードもありますし、2年の関東インカレ1500mで7位入賞は果たしていますが、やはり5千や1万mでの結果も期待したいですよね。安田共は今年度に13分55秒をマークしているのが頼もしいですよね。前回はハーフで6位に入る強さもありますし、こちらも入賞を狙っていきたいところです。

 

1万m(越川④、井手③)

28分53秒のベストを持つエースの越川に1万mで29分25秒のベストを今年度マークしている井手の二人がエントリーとなっています。越川は最上級生となり、エースの走りを見せてほしいですし、井手も勝負レースで結果を残し続けていますからね。主力2人が出ると、入賞争いには絡んで欲しい。

 

ハーフ(藤村④)

64分8秒のベストを持つ藤村が唯一のエントリーですね。1万mでも29分19秒を今年度マークして勢いのある選手であり、もちろんエントリーは妥当で楽しみな選手なのですが…どうせなら、3人エントリーすればよいのにと思ってしまうのですが…ハーフで63分台、64分台のベストを持つ選手が何人もいますし…

 

3000m障害(荻野④、西方②、鈴木①)

この種目で3連覇を達成している荻野が4年間負けなしに挑みます。これまでも圧倒的な強さで3000m障害を制覇しており、8分38秒という自己ベストも圧倒的。ダントツの優勝候補と言って良いのでは?さらに、西方も前回3位と表彰台に上がっている選手。2人で14pと荒稼ぎしていますからね。2年連続のダブル表彰台も期待されるほどです。ルーキーの鈴木は9分12秒というベストから見てもさすがに厳しいかなあ。

 

國學院大學

1500m(無)

あらっ、エントリーが無いんですね。。。残念…

 

5000m(浦野④、青木④、中西①)

豪華なメンバーとなりました。まずは前回3位に入っている浦野が2年連続の表彰台を狙います。留学生相手にも渡り合っていくそのスピードはやはり魅力的。箱根5区でも区間新の素晴らしい走りで大学トップクラスのランナーとなっていますからね。5千、1万mのダブルエントリーもある意味当然でどちらも非常に楽しみ。

 

青木も13分54秒のベストに勝負レースでも実績豊富な選手。トラックでも長い距離でも結果を残している強さがあります。ルーキーの中西は、早速大学で14分5秒のベストを出している期待の選手。大学でいきなり好タイムをマークした選手はそのまま結果を残すことも多いですし、この大舞台でもその力を見せてくれれば。

 

1万m(浦野④、島崎②、藤木②)

エースの浦野が順当にエントリー。前回は5000mで3位に入っていますが、今回も入賞はもちろん、表彰台争いに絡んできてほしい選手です。藤木もベストこそ29分37秒ですが、28分台を出してもおかしくない実力者ですからね~関東インカレで自己ベストなんて走りを見せてくれれば。島崎は今年度、1万mで29分26秒をマークしていますからね。エースと勢いのある2年生が順当に入ってきました。

 

ハーフ(土方④、茂原④、殿地②)

エースの1人である土方がハーフに登場、62分2秒というベスト、箱根2区で67分台の好走、前回は1万mで6位入賞を果たしていますね。この実力者がハーフに来たとなると、正直入賞では満足できず、表彰台候補の1人と言って良いのでは?茂原も64分1秒のベストで箱根では4区を任された選手、殿地もハーフは64分11秒で箱根も8区を走っており、土方以外の2人も楽しみな選手です。

 

3000m障害(無)

1500mに続いて、3000m障害もエントリー無です。仕方ないけど…長距離種目が3種目だけなのは寂しい。。。

 

創価大学

1500m(無)

創価もエントリー無なんですね。。。1500mはスピードのある選手がもう少し積極的に狙っても良いと思うのですが…

 

5000m(葛西①、濱野①、上田④)

14分6秒のベストを持つ葛西、濱野というルーキーコンビが早速エントリーを果たしました。葛西は大学ではまだらしい走りは見せていませんが、実力は折り紙付きですし、濱野は故障から完全復活を遂げていれば、やはり面白い選手ですよねえ。ルーキーが初の大舞台でどんな走りを見せるか?もう1人は14分16秒を持つ上田でしたね。ハーフに強い印象ですが、トラックでもタイムを伸ばしてきているだけに楽しみ。

 

1万m(ムイル④、米満④、鈴木大③)

エースのムイルが今回はエントリーされてきましたね。1万mで27分38秒のベスト、2年時は5千で優勝していますからね。今回も優勝候補の1人となりそう。米満は29分4秒のベスト、鈴木大は29分23秒のベストと1万mで持ちタイムトップ3が順当に入ってきました。米満は今年度5千で13分55秒のベストを出していますし、トラックでも活躍が楽しみ。鈴木大はベストは1年時のものですが、2年時は勝負レースで結果を残してきましたし、楽しみな3人が揃いました。

 

ハーフ(嶋津②、築館④、小野寺②)

65分38秒のベストを持つ嶋津、ハーフ換算で64分52秒を持つ築館に66分30秒の小野寺という3人ですね。築館は箱根予選に3年連続で出場している選手ですし、嶋津も1万mは29分38秒のベストを持つ楽しみな選手。小野寺がエントリーされたのはハーフベストを見てもちょっと意外だったかなあ?それだけ、期待の選手ということになりそう。

 

3000m障害(大澤③、片岡①、新家①)

9分10秒のベストを持つ3年の大澤に9分11秒の片岡、9分14秒の新家というルーキーコンビの3人がエントリーされてきましたね。大澤は5千も14分18秒まで伸ばしてきている選手ですし、3000m障害でも期待したいところですが…いずれも9分10秒台のベストということを考えると、いきなりの決勝進出は難しそうかなあ。。。

This content cannot be displayed in widgets.