関東インカレ2019 エントリー考察(国士、東海、大東)

関東インカレのエントリーについて引き続き考察していきます。今日は、1部に属する国士舘大学、東海大学、大東文化大学の3校を取り上げます。国士舘は留学生がトラックに延べ4人エントリー、東海は1500mやハーフを始め大量得点が狙える強力戦力、大東大もダブルエースのポイント獲得に期待。

 

国士舘大学

1500m(石井③)

3分52秒を持つ石井が唯一のエントリーとなっていますね。前回も出場はしていませんし、持ちタイムもそこまで悪くは無いですが、ハイレベルな1部ということを考えると、決勝進出は難しそうかなあ。

 

5000m(ヴィンセント②、ギトンガ③)

13分35秒を持つヴィンセントに13分45秒を持つギトンガと留学生2人がエントリーとなりました。ヴィンセントは5千~ハーフのどれでも素晴らしいタイムを持っていますし、前回は9位でしたがそこからの伸びが凄まじいですからね。優勝候補の1人かなあ。ギトンガのベストは今年度マークしたものですし、この二人はやはり強力ですよね。

 

1万m(ヴィンセント②、ギトンガ③、長谷川②)

ヴィンセント、ギトンガという留学生二人が順当にエントリー。ヴィンセントは1万mで28分7秒までタイムを伸ばし、ますます力をつけていますからね。現状、優勝してもおかしくない選手だと思います。ギトンガも28分13秒までタイムを伸ばしています。今のギトンガならば入賞は十分狙えそうかなあと。2人で大量得点となるかも…長谷川も今年度29分38秒までタイムを伸ばしてきた楽しみな選手です。

 

ハーフ(鼡田④、石川④、福田④)

日本人エースの鼡田が前回も10位に入っており、入賞候補の1人ですね。正直、留学生以外でポイントを獲得出来るとすれば、この鼡田くらいかなあと思っているので…是非とも入賞を期待したいところ。福田はハーフ換算で64分3秒を持っていますし、石川はハーフで65分27秒をマークしています。鼡田以外の2人も戦えるところを見たいですね~

 

3000m障害(鈴木③、綱島①)

9分2秒を持つ鈴木に9分16秒を持つ綱島の2人がエントリーとなりました。鈴木大は前回も出場していますが、9分52秒の14位という結果になっています。綱島も9分16秒というベストを考えても、決勝進出はなかなか遠そう。。。

 

東海大学

1500m(館澤④、飯澤①、木村④)

関東インカレどころか日本選手権も2連覇中している館澤が圧倒的な優勝候補ですよね~ラストの切れ味は抜けていますし、3連覇も十分に期待出来そう。しかし、その館澤に前哨戦とはいえ、上回る走りを見せているのがルーキーの飯澤なんですよね。3分42秒という自己ベストも凄いですが、いきなり優勝も?なんて期待してしまうほど、この1か月で残している結果が凄い。

 

木村も3分42秒のベスト、前回は9位と入賞にはあと一歩届きませんでしたが、2年前は入賞を果たしているこちらも実力者。3番手のベストが3分42秒というまさに超強力な3人が揃っており、優勝を含めたトリプル入賞の大量得点が期待出来る種目です。

 

5000m(鬼塚④、關④、西川④)

前々回に出場した3人、それもトリプル入賞を果たしている3人がエントリーとなりました。鬼塚は2年連続で4位以内に入っていますし、表彰台候補の1人です。西川は昨年度3大駅伝フル出場を果たして主力の仲間入りを果たした実力者、關は逆に1年目の活躍からすると3年時はちょっと苦戦しましたよね。。。完全復活の走りを見せてくれれば、十分上位入賞も可能だとは思うのですが…2年ぶりのトリプル入賞も期待されるエントリーとなりました。

 

1万m(鬼塚④、小松④、塩澤③)

28分17秒のベストを持つエースの1人である鬼塚、28分35秒のベストを持ち、箱根8区区間新の小松、28分36秒のベストを持ち、復活を遂げた塩澤という楽しみな3人が入ってきました。鬼塚は前回5千で4位と結果を残し、1万mは9位と入賞にあと一歩。5千の方が結果をのこしていますが、1万も入賞を期待したいですよね。

 

小松はトラックではそこまで結果を残せていませんが、箱根駅伝の前後ではもう別人くらいの期待度ですからね~トラックのタイムも良いですし、力はもちろんあります。塩澤は故障続きでしたが、今年度は28分37秒をマークするまでに回復。怪我さえなければ、その実力は折り紙付きですからね。3人とも入賞してもおかしくない選手が揃っています。

 

ハーフ(松尾④、名取③、西田③)

焼津ハーフで表彰台を独占した3人がそのまま順当にエントリーされてきましたね。松尾はハーフで62分17秒のタイムを持ち、長い距離でも結果を残し続けていますし、名取は故障から復活を遂げて、焼津ハーフも優勝を果たしていますからね。西田は箱根5区での爆走、勝負レースでの安定感はずば抜けています。前回はトリプル入賞を果たした種目ですが、今回も十分に狙えそうですね。優勝してもおかしくない選手が3人揃っています。

 

3000m障害(阪口④、布川③、富山①)

前回も4位に入っている阪口の力が抜けていますね。8分37秒というベスト、日本選手権でも4位入賞を果たしていますし、優勝候補の1人と言って良いのでは?富山は9分4秒のベストながら、インターハイでは6位入賞を果たしている実力者。布川も9分3秒というベストですし、阪口以外の2人は決勝進出が現実的な目標かなあ。

 

大東文化大学

1500m(土本③)

3分52秒のベストを持つ土本が唯一のエントリーとなっていますね。国士舘の石井と同様に前回も出場していないことと、自己ベストを考えるとなかなか決勝進出への道は険しそう。

 

5000m(川澄④)

エースの川澄が唯一のエントリーとなりました。1万mのダブルエントリーも順当ですね。13分57秒とチーム唯一の13分台ランナー、どちらかといえば長い距離に強い印象ですが、エースとして5千、1万mともに入賞争いに絡んできてほしいですよね。

 

1万m(川澄④、片根②、三ツ星③)

28分37秒の自己ベストを持ち、前回もベストで5位入賞を果たしている川澄がやはり期待大ですよね。2年連続での入賞も狙えるだけの力がある選手だと思います。29分23秒を持つ片根、29分29秒を持つ三ツ星といずれもチーム持ちタイム上位の二人で三ツ星は勝負レースでも結果を残している選手ですが、ベストを見てもなかなか入賞争いは難しそうかなあ。

 

ハーフ(奈良④、佐藤弘④、佐藤陸②)

箱根でも苦しい状況の中、好走しているエースの奈良に入賞の期待が高まりますよね~トラックの5千、1万とダブルエントリーとなってもおかしくない選手ですし、ハーフならばポイント獲得は狙いたいところ。佐藤弘は箱根5区で好走している選手ですし、ハーフの距離で結果を残していますね。佐藤陸もタイムは伸ばしてきていますし、それぞれ面白そうな3人です。

 

3000m障害(谷口①)

9分9秒を持つルーキーの谷口が唯一のエントリーですね。これが自己ベストですし、ルーキーがいきなりの決勝進出はさすがに厳しそう。

This content cannot be displayed in widgets.