日本体育大学 新年度(2019)戦力分析

2019年4月20日

続いては、日本体育大学について、新年度の戦力を見ていきます。登録している選手一覧はこのようになっております。データベース登録されている人数は4年:9人、3年:5人、2年:5人、1年:1人となっております。人数だけではなく、4年生に中心選手が揃っています。

 

 

4年生・・・ともに28分台のベストを持ち、エースとして期待される山口和、中川が中心となっていって欲しいところですね。山口和は全日本は8区18位に沈んでしまいましたが、箱根は2区13位とエース区間を中位で走っています。4年時もエース区間を担うでしょうし、そこで戦える選手になってくれれば。中川は全日本で2区17位、箱根で10区16位と3年時は奮わなかったですね…日体大の躍進には欠かせない選手なだけに、復活に期待。

 

一方で3年時に台頭してきたのが廻谷、出雲4区3位、そして全日本で新エース区間7区4位という素晴らしい走りを見せてくれました。それだけに、箱根では4区18位に沈んでしまったのは残念でした。力のあるのは間違いないですし、また全日本のような走りを見せてほしいです。

 

前回の箱根では、濱田が6区9位と上々の走り、森田が8区15位で走っており、実に5人が前回の箱根を経験しているんですよね。濱田、森田はともに全日本予選も走っていますし、冨田、小縣も全日本予選経験者ですからね。エースも含めて選手が最も揃っています。

 

3年生・・・池田、岩室の二人がこの学年を引っ張ります。池田は3大駅伝全てで重要区間の1区を担当、いずれも二桁順位ではありましたが、箱根では1区12位と区間中位で走り、スターターの役割をしっかりと果たしてくれました。岩室は出雲5区5位、全日本6区3位と好走した一方で初の主要区間となった箱根3区では17位と苦しい走りになってしまいました。ともに3大駅伝フル出場を果たし、上級生となってますます活躍が期待されます。

 

この二人に続こうとしているのは亀田かなあ。1万mで29分27秒、ハーフで63分40秒といずれも好タイムをマークし、箱根16人にも入ってきました。他にはハーフで65分6秒をマークし、同じく箱根メンバー入りを果たした福住もいますし、池田、岩室に続く選手が重要になってきそうです。

 

2年生・・・昨年度は残念ながら3大駅伝・予選会への出場は無し。しかし、加藤が1万mで29分43秒、ハーフで64分19秒といずれもこの学年トップとなるタイムをマークし、出雲にもメンバー入りを果たしています。大内も1万mで29分45秒、ハーフで64分40秒をマークし、箱根メンバー入りを果たしています。現状ではこの二人がタイムを見ても抜け出してきているかな。

 

5千のベストでは14分8秒をマークした佐藤が1万mも29分56秒をだしてとらっくで存在感を示していますし、齋藤は高校ベストで14分18秒を持っている選手です。1万mで30分5秒を持つ島袋は全日本予選でメンバー入りを果たしていますし、楽しみな選手が多い学年ですよね。1人でも多く3大駅伝で姿を見たいものです。

 

1年生・・・5千で14分8秒を持つ藤本が大学でも早速好走を見せていますし、抜けた存在となっていますね。都大路でも1区11位で走っていますし、勝負レースでの実績も豊富なのが心強いです。高校ベストでは14分26秒を持つ名村が続いており、14分30秒切りが2人はちょっと寂しいかなあ。

 

全国の舞台では盛本が都大路で2区4位、奥山が2年時に6区19位で走っていますね。まだ公式HPには1年生が載っておらず、雑誌を見る限りは人数も少な目なのがちょっと気になるかなあ。監督が変わって以降は苦戦が続く日体大ですが、藤本はもちろん、1年目から活躍する選手がどんどん出てきてほしいですね。

報知の箱根駅伝本も12月6日に発売されました。この時期は駅伝本の発売が多すぎて何を購入すればよいか悩ましいですよね。私は毎年確実に購入しているのは、陸マガの駅伝本だけかなあ・・・


箱根駅伝完全ガイド 2022年 01 月号 [雑誌]: 報知グラフ 増刊