明治大学 新年度(2019)戦力分析

続いては、明治大学について、新年度の戦力を見ていきます。登録している選手一覧はこのようになっております。データベース登録されている人数は4年:8人、3年:6人、2年:4人、1年:1人となっております。上級生中心のチーム、昨年度は一気にタイムを伸ばしてきて新戦力の台頭も著しかったですね。

 

 

4年生・・・阿部が絶対的エースとして君臨、トラックでは関東インカレ1部5千で3位、日本選手権で5位、1万mで27分56秒のベスト、ロードでも全日本2区2位、箱根3区2位などトラック、ロード、距離も問わずに活躍を続けました。大学トップクラスのランナーにまで成長を遂げ、もちろん今年度も大エースとしての走りに期待せずにはいられません。

 

続く選手は三輪かなあ。箱根予選59位に続き全日本で3区6位、箱根でも主要区間の4区で7位と勝負レースで安定した走りを続けているのが非常に頼もしい限りです。2年の箱根予選での転倒棄権から見事に復活を遂げてくれました。同じく復活を期待されるのが中島、1万mで28分37秒をマークしたものの、箱根予選は85位、箱根ではエース区間の2区で19位に沈んでしまいました。ここから立て直したいところ。。。

 

佐々木は箱根予選で48位と好走、全日本で最長区間の8区13位で走っていますし、斉藤も箱根予選で107位、全日本で6区11位の走り、3年の箱根予選に出場した岸、南と昨年度に3大駅伝・予選会に出場した選手が実に7人。ここに1500mで活躍し、ハーフも64分4秒まで伸ばしてきた河村もいますし、チームの中心となる学年に相応しい選手が揃っています。

 

3年生・・・箱根に出場した選手は4人おり、そのままこの学年の中心となっています。小袖は箱根予選で46位の好走、全日本も4区9位でまとめ、箱根では7区18位という結果でした。村上は箱根予選こそ118位と苦戦しましたが、全日本で5区7位、箱根では9区10位と両方の駅伝で好走したのが頼もしい。

 

前田は全日本予選で4組25位、箱根予選、全日本はともに故障で回避しましたが、箱根では6区8位と上々の走りを見せています。酒井はハーフで63分43秒までタイムを縮め、箱根では5区15位という走りでした。いずれも2年生になってグッと力をつけてきた選手たちで、上級生となってさらなる活躍が期待されます。ここに1年の箱根予選に出場した樋口、大保あたりが絡んでくれば選手層もまた上がるのですが…

 

2年生・・・唯一の3大駅伝経験者である鈴木の活躍が際立っていますね。全日本予選で49位、全日本1区15位、箱根1区13位と1年目からスターターとしての役割を果たしてくれました。2年目でさらなる飛躍を遂げてくれれば。続くのは中嶋、手嶋、名合の3人かなあ。中嶋は箱根予選で138位で走っていますし、全日本もメンバー入りを果たしています。

 

手嶋は5千で14分7秒、ハーフで63分51秒の好タイムを持ち、箱根予選、箱根のいずれにもエントリーされています。名合は1万mで29分3秒、ハーフも64分8秒と着実にタイムを縮め、箱根16人にも入ってきました。今はまだ鈴木が抜けていますが、続く選手も3大駅伝・予選会に走ってくれれば存在感を高めていきそう。

 

1年生・・・5千で14分6秒を持つ櫛田が即戦力として期待される存在。国体5千では5位、都大路では1区10位とトラック・ロードともに実績豊富ですからね。鈴木のように1年目から活躍して欲しい選手です。さらに、小澤は都大路で1区14位と櫛田に劣らない走りを見せている選手。5千のベストも14分11秒ですし、こちらも1年目から楽しみですね。

 

5千で14分10秒台は他に14分13秒の加藤、14分14秒の杉本、14分15秒の近藤と3人がおり、14分20秒以内に5人というのは、箱根上位校と変わらずに豪華なメンバー。箱根で予選落ちをしてしまってもスカウトは悪くなっていないのがさすがは明治ですかね~昨年度も復活の兆しを全日本、箱根で見せてくれましたし、今年度はシード獲得という目に見える結果を残してほしいですね!!

This content cannot be displayed in widgets.