2018年度 高校生特集 ~横田 俊吾(ヨコタ シュンゴ)~

いよいよ今年度も今日で終わりですね。高校生特集の最後は、学法石川の横田について高校時代の走りを振り返ってみます。青山学院大学に進学することとなります。中学時代からトップクラスの選手でしたが、高校でも勝負レースで安定した結果を残し続けてきた選手です。5千のベストは14分15秒ですが、持ちタイム以上の力がありそうです。

 

新潟の山王中学時代、全中では1500m予選を4分4秒の組トップで通過すると、決勝でも6位入賞を果たしています。一方で3000mでは、8分50秒で予選をトップ通すると、決勝では8分33秒をマークして2位と表彰台に上がる素晴らしい走りを見せています。ジュニアオリンピックでは予選を8分37秒の2位通過、決勝では8分41秒をマークして見事に優勝していますからね。

 

全中2位、ジュニアオリンピック優勝という実績はまさに中学トップと呼ぶに相応しい実績ですね。都道府県対抗では、2年時から2年連続で2区を任され、それぞれ10位、2位で走っています。トラック・ロードを問わず、素晴らしい走りを見せた中学時代となりました。

 

新潟の山王中から福島の学法石川へと進学した高校時代、国体3000mでは8分27秒をマークして9位と入賞にはあと一歩届かずもまずまずの走りを披露、福島県高校駅伝では、2区を走って区間2位と最短区間で区間賞を逃しているんですよね…

 

にもかかわらず、都大路では1年ながら長距離区間の4区を任されて区間17位という走りは上出来と言って良いのでは。大エースの遠藤日向を欠いて46位という位置で襷を受け取ってこの走りが出来るのが凄いです。都道府県対抗では最長区間の5区に抜擢されたものの、区間30位という結果に。さすがに1年が5区を走るのは厳しいですね…しかし、1年目から都大路、都道府県対抗ともに長距離区間を経験できたのは、今後に向けても大きな糧となったのでは。

 

2年時はトラックではやや苦戦気味…インターハイにも国体にも出場はしていません。まあ、東北はハイレベルですし、2年生がインターハイに進むのは容易では無いですよね。国体も1学年上に半澤がいましたし、仕方のないところです。しかし、5千では14分15秒と高校ベストとなるタイムをマークしています。都大路では、2年連続で4区を任されると区間4位の好走、前年度を大きく上回る走りを見せてくれました。

 

そして迎えた最終学年、インターハイでは3000m障害で出場、予選を9分6秒で2位通過すると、決勝でも同じく9分6秒をマークして7位入賞を果たしています。ただ、国体は櫛田が出場したことで、2,3年時は出場出来ず…1万mでは30分30秒をマークし、これが高校ベストとなっていますね。福島県高校駅伝では、3区できっちりと区間賞を獲得しています。

 

都大路では3年連続で4区を任されると、区間2位と2年時をさらに上回る走りを披露、チームの3位表彰台に大きく貢献しました。2年ぶりに出場した都道府県対抗では4区を任されると14分14秒と素晴らしいタイムで区間賞の走り、チームの初優勝に貢献する走りを見せました。日本クロカンにも出場し8位入賞をはたしています。

 

こうして見てみると、ほとんど失敗レースが無いんですよね。特にロードでの安定感はずば抜けていているのが、頼もしい限り…こういう選手は大学でも伸びていきそうな気がしますよね。青学は3冠&5連覇を狙った箱根でまさかの2位となったものの、それでも実力者がずらっと揃い、横田も1年目からメンバー争いに絡んでいくのは容易では無いでしょう。

 

横田が力のある選手であることに疑いようは無いですし、青学は力のある選手をさらに育成する力もトップクラスですからねえ。もちろん、早いうちから台頭してくれるに越したことは無いですが、ゆくゆくは青学の中心選手へと成長していってほしいです。

This content cannot be displayed in widgets.