2018年度 4年生特集 ~日本大学~

本日は日本大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で4人となっており、人数は少ないです。しかし、ワンブィが2年目以降、絶対的なエースとして君臨し、チームを牽引していってくれました。その一方で、日本人エースとして期待の高かった加藤は故障に悩まされ、随所に見せ場こそ作ったものの、安定した活躍が出来なかったのは残念でした。

 

 

P・ワンブィ・・・高校ベストはちょっと分からず…ケニアのエリート高校出身であり、これまでも日大に何人も加わっていますね。1年目から5千で13分30秒台、1万mで27分台をマークするなどその非凡ぶりをいきなり発揮、関東インカレ1部1500mで2位、5000mで2位に入っています。日本インカレでも5000mで2位、1万mでは優勝とトラックで非常にハイレベルな走りを披露しました。

 

ただ、3大駅伝となると4年となるキトニーがいましたからね。いずれもエントリー止まりで出場することはありませんでした。2年目以降はトラック、駅伝ともに大活躍。特にトラックでは関東インカレ1部5千、1万mで3年連続2冠達成という偉業を成し遂げました。日本インカレは2年時に5千、1万mで2冠、3,4年時は5千、1万mでいずれも2位で走っています。

 

1~4年まで関東インカレ、日本インカレは全て2種目出場、2×2×4=16度の出場を果たし、優勝が9回、2位が7回という驚異的な安定感を誇りましたね。さらに、全日本予選でも2年時から3年連続最終組でトップで走っています。驚異的なスピード、スタミナに加え、ラストの切れ味もずば抜けていますからね。

 

2年の箱根予選に出場して全体トップの快走、全日本で3大駅伝デビューを果たしたものの2区4位、箱根では2区7位とらしくない走り…ちょっと箱根予選の後に故障もありましたし、これはしょうがないですね。3年時は箱根予選にまたしても万全では望めずに4位、チームもまさかの予選落ちで3大駅伝には全て出場出来ず…ワンブィの強さは際立っていますが、チームとしてはなかなか奮わず。。。

 

4年時、これまでの3大駅伝での悔しさを晴らすかのような走りを披露します。全日本では新たにエース区間となった7区で区間2位に1分15秒もの差をつける圧巻の走りで区間賞、箱根ではエース区間の2区で66分18秒で区間賞、区間歴代2位の素晴らしい走りで有終の美を飾りました。

 

加藤 拓海・・・高校ベストは14分19秒、残念ながら、このタイムは4年間で更新出来ていません。1年の全日本予選から出場し、2組17位、箱根予選でもチーム4番手の53位、全日本では3区5位と前評判に違わぬ強さを見せてくれました。1万mで29分3秒、ハーフ換算で64分1秒と大学ベストも全て1年時にマークしています。ただ、箱根はエントリー止まりで、その後は故障に悩まされ続くことに。。。

 

2年の全日本予選で2組4位の好走を見せるものの、箱根予選、全日本はいずれもエントリー止まり、箱根はエントリーされることはありませんでした。3年時は全日本予選に出場して2組28位で走るも、箱根予選はエントリーされず…4年時、全日本予選では1組34位と過去4年間でワースト順位に沈んでしまい、全日本もエントリーされることはありませんでしたが、最後の箱根でついに3大駅伝初出場、7区10位としっかりと区間中位で走ってくれました。

 

佐藤 玲偉・・・高校ベストは14分46秒、2年までは3大駅伝・予選会にエントリーもありませんでしたが、3年時に5千で14分35秒、1万mで30分ジャスト、ハーフで65分9秒と大学ベストとなるタイムを全てマークすると、箱根予選にも初出場、チーム10番手の175位で走っています。4年時は全日本予選、そして箱根といずれも初エントリーを果たしますが、出場することは叶いませんでした。

 

岡田 慶一朗・・・高校ベストは15分27秒、大学でも5千のベストは4年時にマークした14分59秒、1万mは3年時にマークした30分51秒、ハーフは67分28秒が大学ベストと持ちタイムでは正直決して良いわけでは無いのですが…4年の全日本ではメンバー入りを果たしているんですよね。出場することは叶いませんでしたが、4年間の頑張りが認められたエントリーだったのでは。