2018年度 4年生特集 ~國學院大學~

本日は國學院大學の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で6人となっています。どうしても浦野、土方、青木の3本柱が揃った1学年下が注目されてしまう國學院ですが、この学年も4人が箱根経験者であり、6人ともハーフでは64分30秒以内で走っているんですよね~今回の復路の走りを見ても分かるように、ずば抜けた選手はいなくとも、選手層をグッと厚くしてくれた頼りになる学年でした。

 

 

江島 崚太・・・高校ベストは14分28秒でこの学年トップですね。3大駅伝・予選会の出場回数もダントツトップですし、特に全日本予選、箱根予選はいずれも4回すべてに出場しています。全日本予選は1年時こそ3組31位でしたが、その後は1組15位→3組11位→3組22位ということで、崩れることなく安定した走りを見せてくれました。

 

箱根予選は、93位→139位→49位→38位となっており、2年生の時はやや苦しみましたが、3,4年時はともに50位以内という安定した走りでチームの予選突破に貢献してくれました。1年の4月から5千で14分18秒のベストをマークすると、全日本にも早速出場、ここでは3区14位というちょっとほろ苦いデビューだったかなあ。

 

2年時は予選会こそ出場しましたが、全日本、箱根はともにエントリー止まりで出場出来なかったんですよね…グッと飛躍を遂げたのは3年時、5千で14分12秒、1万mで29分16秒という大学ベストをいずれも3年時にマークしています。2年ぶりの全日本は3区11位に留まりましたが、初の箱根では10区5位と好走を見せています。

 

そして迎えた4年時、ハーフで自己ベストとなる63分36秒は好走した箱根予選でマークしています。全日本では5区6位と上々の走りを披露、箱根では6区を任されて区間13位に留まったのは、江島の力を考えるとやや物足りない気もしますが、しっかりと区間中位では走ってくれました。

 

芹澤 昭紀・・・高校ベストは14分47秒、2年時には1万mで29分24秒と大学ベストをマークしています。しかし、3大駅伝にはなかなかエントリーされることは無く、初のエントリーは3年の全日本となっています。3年時には5千で14分27秒の大学ベストをマークしています。その後は、4年の全日本予選、全日本、箱根といずれもエントリーを果たし、ハーフも64分1秒まで伸ばしたのですが…残念ながら3大駅伝・予選会出場にはあと一歩届きませんでした。

 

小中 駿祐・・・高校ベストは14分36秒、2年時に大学ベストとなる14分27秒をマークし、ハーフも64分24秒で走っているものの、3年時までは3大駅伝・予選会にエントリーされることさえありませんでした。しかし4年時、1万mで29分38秒のベストをマークすると、全日本予選に出場し、2組4位と好走を見せました。すると、箱根予選にも出場してチーム8番手の128位、さらに箱根にも10区で出場、区間13位で走り、チームとして過去最高順位となる7位でのゴールテープを切り、有終の美を飾ってくれました。

 

長谷 勇汰・・・高校ベストは14分29秒、3年の箱根予選に出場し、チーム10番手の111位で走っています。その後、全日本、箱根ともにメンバー入りを果たしたものの出場するまでには至らず…しかし4年時、5千で14分23秒、1万mで29分46秒のベストを4月に立て続けにマークすると、全日本予選に出場し、1組10位と上々の走りを見せています。

 

箱根予選にも2年連続で出場し、チーム6番手の75位と前年度を上回る走りを披露しました。すると、全日本では最長区間である8区に抜擢、ここでは区間15位と苦しみましたが、何とか総合6位は死守し、全日本でのシード獲得&最高順位でのゴールテープを切ることとなりました。箱根でも23km区間である9区へ起用され、区間12位としっかりと中位での走り、こちらも総合6位を守ってアンカーへとつなぎました。

 

中山 貴裕・・・高校ベストは14分55秒、3年時に5千で14分28秒、1万mで29分47秒、ハーフで64分12秒と3部門全てで大学ベストとなるタイムをマークすると、箱根の16人にも選ばれています。4年時は自己ベストこそ更新出来なかったものの、箱根予選に出場、しかしここではチーム10番手の152位ともう一歩という走りに留まり…全日本、箱根にはエントリーされることはありませんでした。

 

蜂屋 瑛拡・・・高校ベストは14分42秒、5千、1万mともに大学ベストは1年時にマークした14分32秒、30分3秒ということで、國學院の中では目立ったタイムでは無いのですが…2年の箱根予選にて初エントリーを果たすと、全日本にて3大駅伝デビュー、7区6位と上々の走りを見せました。しかし、その後は故障などもあって、なかなか3大駅伝・予選会にエントリーされることが無かったんですよね。

 

それでも、4年時には全日本予選にエントリーを果たすと、箱根予選に初出場、チーム7番手の81位と上々の走りを見せてくれました。ハーフベストもこの時にマークした64分20秒となっています。3大駅伝では、全日本こそエントリー止まりで出場とはなりませんでしたが、箱根には最初で最後の出場を果たし、7区12位と区間中位での安定した走りを披露、2つ順位を落としたものの、6位という好位置で襷を繋ぎました。