2018年度 4年生特集 ~日本体育大学~

本日は日本体育大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で7人となっています。3大駅伝経験者は4人、5千で14分20秒切りが6人、1万mで29分30秒を切っている選手も6人いるんですよね。1学年上の小町世代が実力者揃いでしたが、この学年は大学に入って着実にタイムを伸ばしてきた選手が多かったですね。

 

 

宮崎 勇将・・・高校ベストは14分32秒、それが2年時には5千で13分59秒、1万で29分11秒、ハーフで63分26秒までタイムを縮めています。わずか2か月足らずの間に自己ベストを連発でこのタイムが大学ベストにもなっています。2年時には全日本予選で1組2位と素晴らし走り、さらに出雲でも2区5位と上々の3大駅伝デビューとなりました。

 

しかし、全日本では5区19位と非常に苦しい走りになってしまい、箱根は2年連続でエントリー止まりに…3年時は全日本予選で2組24位で走ったものの、3大駅伝にはエントリーさえされることも無く…4年時、全日本予選で3組7位と好走、2年ぶりの出雲は再びの2区で区間7位、全日本では3区13位という走りでした。しかし、箱根はまたしてもエントリー止まりで一度も箱根出場を果たせなかったのは残念でした。。。

 

室伏 穂高・・・高校ベストは14分18秒、1年の箱根予選から出場し、76位で走っています。全日本にも出場して5区11位、箱根ではいきなり山登りの5区を任されましたが区間17位と苦しい箱根デビューとなりました。2年時、全日本予選では1人集団から抜け出し、ダントツの2組1位、3大駅伝にもフル出場し、出雲で4区7位、全日本で6区11位、箱根では9区14位と大きく崩れることは無かったですが、もう一歩というところかなあ。

 

持ちタイムでは、1万mで29分14秒、ハーフで63分50秒という自己ベストをずれも2年時にマークしています。3年時、5千では大学ベストとなる14分7秒をマークするも、全日本予選では4組36位と苦しい走りに…しかし2年連続の9区となった箱根では区間6位と好走、見事な走りを見せてくれました。

 

4年時は故障などもあって全日本予選、出雲、全日本と全てエントリー止まり、それでも最後の箱根では3年ぶりに5区に出場、区間11位という走りを見せてくれました。苦しい走りもありましたが、箱根経験者が3人、うち2人は1度の出場という中、4年連続で箱根に出場したのは素晴らしく、この学年の中心選手として活躍してくれました。

 

林田 元輝・・・高校ベストは14分16秒と7人の中ではトップタイムです。しかし、5千のベストは残念ながら大学で更新出来ず、勝負レースへの出場チャンスにもなかなか恵まれなかったんですよね。2年の箱根はエントリー止まり、3年時は全日本予選に出場したものの2組30位と苦しい走り…箱根も2年連続でエントリーはされるも出場出来ませんでした。持ちタイムでは、1万mで大学ベストとなる29分26秒をマークしています。

 

4年時、出雲では最長区間の6区に抜擢されて区間10位、3大駅伝デビューを飾ると、全日本も4区に出場し11位で走っています。その後、ハーフで63分55秒と自己ベストをマークすると箱根では9区を任されて区間6位の好走、3年時までの悔しさを晴らすかのような走りで4年時は3大駅伝フル出場を果たしました。

 

山口 晟弥・・・高校ベストは14分26秒、3年時に5千で14分14秒、1万mで29分27秒をマークし、箱根にもエントリーを果たしています。ここで出場はなりませんでしたが、その後ハーフで64分17秒をマークし、大学ベストは全て3年時ということに。飛躍の1年となりました。4年時は全日本予選、全日本とエントリーされるも出場はならず…最後の箱根はエントリーされず、3大駅伝・予選会への出場は残念ながら叶いませんでした。

 

森崎 拓海・・・高校ベストは14分28秒、2年時に1万mで29分28秒をマーク、ハーフベストである64分14秒も2年時のベストとなっています。3年時には5千で14分16秒をマークするなど着実に持ちタイムは伸ばしていますし、持ちタイムトップ10に入ってきたりもしていたのですが…残念ながら3大駅伝・予選会へのエントリーはありませんでした。

 

志賀 康太・・・高校ベストは14分53秒、2年時に5千で14分22秒の大学ベストこそマークしたものの、3年時までは3大駅伝・予選会を通じてエントリーさえされることは無かったのですが…4年時に1万mで29分28秒をマークすると、そのまま全日本にも出場、5区11位で3大駅伝デビューを飾っています。すると、ハーフでも64分34秒と大学ベストをマーク、箱根では7区を任されてこちらも区間11位という走り、3年までは出番が無かったものの、4年時にしっかりと結果を残してきました。

 

酒匂 郁海・・・高校ベストは15分3秒と7人の中では最も悪いタイムです。しかし、1万mは2年時に30分8秒、3年時には5千で14分14秒までタイムを縮めてきています。すると、出場こそなりませんでしたが、3年の出雲で初めてエントリーを果たしました。さらに、4年時の出雲、全日本にもエントリーされたのですがこちらも出場には至らなかったんですよねえ。1万mで30分台であり、ハーフも3年時の66分11秒がベストということで、持ちタイムを見ても3大駅伝出場となると、ちょっと厳しかったのかなあ。