2018年度 4年生特集 ~創価大学~

本日は創価大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で8人となっています。この4年間では2年時にチームが箱根に出場、たたき上げの選手が多いですが、箱根は2人が出場、箱根予選経験者は5人を数えます。伸びてきた選手が多い学年ですが、特に作田の躍進ぶりは凄まじかったですね。

 

 

作田 将希・・・5千のベストは15分13秒なのですが…それが3年時には13分55秒と1分18秒もタイムを縮めてきました。1万mも4年時には28分44秒を叩き出していますし、高校ベスト15分台の選手が、13分台&28分台ランナーになったのが凄いですね。3大駅伝・予選会にも2年目からはフル出場を果たしています。

 

全日本予選は3組19位→1組12位→4組33位となっており、この中では2年時が最も良かったかなあ。上級生になってタイムを伸ばしてきましたが、既に2年時から強かったですね。箱根予選は109位→147位→84位となっており、崩れることなく3年間を走り切っていますが、トラックの持ちタイムからすればもう少し走ってほしかった気もしてしまいますね。

 

チームとしても唯一の出場となった2年の箱根は6区の山下りを任されましたが、区間19位と悔しい走りになってしまいました。その後、4年時にはハーフも64分23秒まで伸ばしていますし、全大学を見渡しても、この4年間で最も伸びた選手の1人ですね。

 

古場 京介・・・高校ベストは14分31秒と8人の中ではトップタイムです。1年の全日本予選から出場していますが、ここでは2組40位と苦しい走りに…箱根予選ではチーム6番手の157位で走っています。2年の箱根予選にも出場したものの、ここではまさかの棄権となってしまうんですよね…それでも、箱根には7区で出場を果たし、区間18位という走りでした。

 

その後、学生ハーフで64分30秒のベストをマークすると、3年時は5千で14分19秒、1万mで29分25秒と大学ベストをマーク、3年連続の箱根予選では162位でした。ただ、4年時にはエントリーされたものの、箱根予選に初めて出場することは出来ませんでした。全日本予選も1年時のみの出場ということで、持ちタイムこそ着実に伸ばしたものの、勝負レースではやや苦しかったかなあ。

 

二宗 広大・・・高校ベストは15分3秒なのですが…箱根予選には4年連続で出場を果たしているのが凄いですよね。15分台の選手が2年目以降に勝負レースに出ることは多々ありますが、1年目からとは…結果は168位→108位→166位→161位ということで、チームも予選突破した2年時が最も良かった以外は全て160位台というある意味安定した走りとなりました。

 

2年の全日本予選にも出場しており、ここでは2組7位と見事な走りを披露しています。やはり、2年時が最も良かったのかなあ。それだけに、箱根の16人にエントリーされたものの、出場出来なかったのは残念でした。3年時には5千で14分22秒、1万mも29分30秒までベストを縮めてきていますし、作田までは行かなくとも15分台から大きく伸びた選手となりました。

 

棚橋 建太・・・高校ベストは14分57秒、2年時には1万mで29分57秒をマーク、ハーフでも65分までタイムを縮め、ともに大学ベストとなっています。3年の箱根予選で初出場を果たし、187位で走っています。4年時には5千で14分27秒までタイムを縮め、全日本予選で2組33位、箱根予選では177位という走りでした。

 

坂野 和久・・・高校ベストは15分7秒、15分台の選手が3人いるんですよね。3年時に5千で14分29秒までタイムを縮めていますし、みんな着実にタイムを縮めていますよね。1万mも3年時に30分8秒のベスト、ハーフも2年時に66分30秒をマークしています。3大駅伝・予選会では、3年の箱根予選にエントリーされていますが、ここでは残念ながらあと一歩出場は叶いませんでした。

 

郷 龍輔・・・高校ベストは14分43秒、3年時に14分36秒まで伸ばしています。1万mも同じく3年時の30分13秒、ハーフは2年時の66分41秒が大学ベストかなあ。3年時までは3大駅伝・予選会へのエントリーはありませんでしたが、4年の全日本予選で初のエントリー、出場は果たしていませんが、メンバー入りとなりました。

 

石嵜 雅也・・・高校ベストは14分37秒、大学4年間では、残念ながらベストは更新出来ていません。それでも、1年の箱根予選からエントリーを果たしています。ただ、この時は出場することは叶わず、その後、3大駅伝・予選会に再びエントリーされることが無かったのは残念だったかなあ。1万mは2年時に30分16秒、ハーフも同じく2年時の66分がベストですし、タイム的にももう一歩だったか。。。

 

秋山 優樹・・・高校ベストは14分55秒、2年時に1万mで30分26秒、ハーフで67分9秒の大学ベストをマーク、3年時には5千で14分34秒を出したのが大学ベストですね。3年時までは予選会へのエントリーはありませんでしたが、4年の箱根予選で初エントリーを果たすと、そのまま初出場。結果はチーム10番手の256位とほろ苦いものではありましたが、最後の最後で出場を果たしたのは良かったですね~