第95回箱根駅伝 拓殖大学 区間配置予想 ~箱根最高順位も狙える充実の戦力~

続いては、拓殖大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では、区間5位以内はデレセの2区だけに留まりましたが、一方で区間14位以下はわずかに1区間と崩れることのない走りで総合8位、シードを獲得しました。今年度は、出雲で4位と素晴らしい走りを披露、さらに多くの選手が自己ベストを更新と良い流れで来ています。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:W・デレセ、馬場 祐輔、硴野 魁星、

   白髪 大輝、戸部 凌佑、五十嵐 大己

3年:赤﨑 暁、楠本 幸太郎

2年:吉原 遼太郎、石川 佳樹、清水 崚汰、

   松岡 涼真、青柳 拓郎

1年:澤田 大輝、佐藤 広夢、竹蓋 草太

 

出雲を走った6人はもちろんエントリーされていますが、前回の9区7位で走っている中井が外れているのが、やはり痛いですかねえ。他は主力が順当に入ってきていますね。ルーキーが3人エントリーされていますが、いずれもハーフは65分台をマークしていますからね。即戦力が入らない中、1年目からメンバーに加わってくるのが凄い。。。そんな拓殖大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

馬場④ーデレセ④ー石川②ー赤崎③ー戸部④

硴野④ー松岡②ー清水②ー吉原②ー白髪④

 

1区は馬場、前回も区間13位ながら、遅れることなくタスキを繋いでいますし、1万mで28分台のベスト、上尾ハーフで62分台のベストと立て続けに好タイムをマークしていることを考えても、2年連続で馬場に任せるのが良さそう。2区はデレセ、ここはもう鉄板でしょう。3年連続で任されている頼れる主将が4年連続の2区を走ってくれることでしょう。エースの走りをここで見せてくれれば。

 

3区は石川、一番悩んだのが3区なのですが…前回の箱根で7区9位、さらに自己ベスト連発でハーフのベストも63分30秒まで伸ばしてきた実力者、となると往路を任せるのもありかなあと。ただ、一方で硴野を平地で見てみたく、走るならば下り基調の3区がピタッとハマりそうな気がします。他に6区を任せられる選手がいれば、3区硴野も面白そう。

 

4区は赤崎、前回も3区10位で走っている実力者、ハーフも63分7秒のベストをマークし、持ちタイム・勝負レースでの結果ともに豊富なエース格の1人。4区を任せるにふさわしい選手なのでは。5区は戸部、2年連続で5区11位で走っている主力ですし、ここを敢えて外すことは無さそうかなあと。上尾ハーフでも好走していますし、過去2度を上回る走りも期待されますね。

 

6区は硴野、先述の通りですね。前回6区7位ですが、もはや28分台ランナーとなった硴野、6区を走るならばさらなる好タイム、好順位が期待出来ますよね。あっという間に主力へと成長を遂げました。。。うーん、やっぱり3区で見てみたい気が…

 

7区は松岡、上尾ハーフで63分47秒と素晴らしいタイムをマークしてきたんですよね。監督も上尾ハーフの結果を踏まえて8~10番手辺りは決めたいという話はしていましたし、松岡が抜擢される可能性も十分ありそうかなあと。8区は清水、本人も希望している区間のようですし、上尾ハーフも64分9秒と上々の走り、昨年度は全日本予選3組や箱根予選も経験していますし、そろそろ3大駅伝も出場して欲しい選手です。

 

9区は吉原、出雲でも5区8位でまとめていますし、今年度は走るたびに自己ベスト連発と勢いもある2年生、本人も希望区間のようですし、今の吉原ならば9区を任せられそうですよね。10区は白髪、前回の箱根では8区18位に沈んだのが気になるところですが…今年度は自己ベスト連発、上尾ハーフでも63分台を出しているとなると、今回も起用される可能性は高そうかなあということで、10区としてみました。

 

今回は1年生は誰も走らないと予想しましたが、1人くらいは走ってもおかしく無さそうかなあ。それでいて、サクっと好走してしまったりもするのが、拓殖の恐ろしさですよね。4年生中心のチームではありますが、2年生の充実ぶりもチームに良い影響を与えています。3大駅伝経験者の石川、吉原に加えて清水、松岡は走ってもおかしく無いですし、4人とも64分1桁以内のハーフベストを有しているのがまた頼もしい。

 

デレセ、馬場、赤崎、戸部、硴野とエース格も揃っていますし、そこに有力2年生が加わった拓殖は、本当に史上最強と言っても良いのでは?箱根での過去最高順位は7位ですが、出雲でも留学生2人を擁しての最高順位だった5位を上回る4位、箱根でも過去最高順位の更新は十分に狙えそうです。勝負の時を迎える拓殖大学が新しい歴史を築くのか、その走りが楽しみです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

9月17日に「大学駅伝2021夏秋号」が発売されました。早速、読み漁っています。選手一覧が私は一番の目当てですが、各選手、大学の特集も読み応え抜群です。


大学駅伝2021夏秋号(陸上競技マガジン 2021年 10 月号増刊 )[雑誌]