第95回箱根駅伝 東洋大学 区間配置予想 ~11年連続の3位以内、そして頂へ~

続いては、東洋大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では、1年生3人を往路に起用した中で見事に往路優勝、復路で青学に逆転を許したものの、3年連続の2位となりました。今年度は、出雲は最後まで優勝に絡みながらの2位も、主力を複数欠いた全日本では3位に留まりました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:山本 修二、小笹 椋、中村 拳梧

3年:相澤 晃、今西 駿介、土壁 和希、小室 翼

2年:西山 和弥、吉川 洋次、大澤 駿、大森 龍之介

   田中 龍誠、浅井 崚雅、田上 建、野口 英希

1年:鈴木 宗孝

 

出雲・全日本を走った選手は全員エントリーされており、全日本を回避した主力の吉川も戻ってきていますね。その一方で、主力の渡邊は結局エントリー漏れ、今年度は3大駅伝を走ることはありませんでした。他は2年生が大量8人エントリーされたことも含め、順当と言えそうかなあ。そんな東洋大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

田上②ー相澤③ー西山②ー山本④ー田中②

今西③ー吉川②ー鈴木①ー小笹④ー中村拳④

 

前回の往路優勝をしたメンバー5人が全員残っているのは重々承知なのですが…山本、西山、吉川のうち1人は復路に残しておきたいという話と渡邉が外れてしまったことを考えると…1区は田上としました。全日本で1区を任せられましたし、何とか凌いでくれればと。

 

前回1区区間賞の西山はちょっと出雲・全日本で奮わず、1区がプレッシャーになったら嫌だなあというのもあって、1区からは外してみました。2区は相澤、前回素晴らしい走りを見せていた相澤を2区から外す理由は特にないかなあ。出雲、全日本もしっかりと走れていますし、前回のような走りを期待。

 

3区は西山、1区を走らないのであれば3区かなあと。そのスピードを活かせる区間ですし。西山が本来の走りを見せてくれないことには、東洋も苦しいですからね。日本選手権で4位に入ったようなトラックシーズンでの快走を箱根でも見せてほしいですよね。

 

4区は山本、3区が西山ならば、4区は山本ですかね。今年度もエースに相応しい走りを見せていますし、どの区間でも任せられる選手。5区も面白そうではありますが、チーム状況を考えると3,4区あたりになるのかなあと。5区は田中、前回は区間9位でしたが、その後1万mで29分20秒までタイムを縮めてきており、走るのであれば前回を遥かに上回る結果を期待したいですよね。

 

6区は今西、今年度の走りを見ると、平地も任せたいところではあるのですが…他の優勝候補を見ると、6区には絶対の自信をもっていますからね。ここで差をつけられるわけにもいかないですし、前回同様に6区となるのかなあと。7区は吉川、前回は7区で優勝争いが決してしまいました。主力を復路に残すのであれば7区に起用してくるのではないかと。吉川の回復具合も気になるところですね。

 

8区はルーキーの鈴木、全日本での好走、上尾ハーフで62分台での好走と長い距離も問題無いですし、箱根10人にも入ってくるであろう選手、いきなりの往路は無さそうとすると、8区あたりが良いのかなあと。9区は小笹、前回10区区間賞の実力者、今年度は出雲・全日本でもきっちりと走れていますし、1万mのベストも直近で更新、往路を走る可能性もありそうですが、復路を任せるならば9区かなあと。

 

10区は中村拳、3大駅伝はこれで5度目のエントリーですが、未だに出場は無く…それでも、ハーフで63分17秒までタイムを伸ばしていますし、1万mも29分21秒のベストを出しています。最初で最後の箱根出場というのもあり得るかなあと。長い距離で好走を続けていることを考えると、23km区間のアンカーを任せるのが良いかと。

 

主力をどのように起用してくるか、予想が難しいですね。1~6区は前回と同様の区間配置も可能なわけですし…特に気になるのが、出雲・全日本で奮わなかった西山、全日本を欠場した吉川の状態ですよね。二人が前回並みかそれ以上の走りを見せられるのであれば、俄然期待は高まるのですが…

 

今回挙げた10人以外だと、前回8区を走っている浅井がいます。ただ、まだ区間6位以内では一度も走ったことが無いということもあって外して予想しましたが…他にもハーフで自己ベストを直近で出している土壁、小室といった3年生に1万mで29分19秒を出した大森などタイムを伸ばしてきている選手が多いのは心強いですね。

 

エース格の力は申し分ないですが、その分選手層という観点だと、ここ数年で見ても劣る気がしてしまう気が。。。ちょっとつなぎ区間に不安が否めないんですよね。それでも、他の大学を見ても戦力として充実しているのは間違いないですし、青学との差はまだまだ大きいとは思いますが、このまま黙って青学に5連覇を許すわけにもいかないですよね。箱根で結果を残し続けた東洋の強さ、見せて欲しいです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

9月17日に「大学駅伝2021夏秋号」が発売されました。早速、読み漁っています。選手一覧が私は一番の目当てですが、各選手、大学の特集も読み応え抜群です。


大学駅伝2021夏秋号(陸上競技マガジン 2021年 10 月号増刊 )[雑誌]