第95回箱根駅伝 東海大学 区間配置予想 ~最強世代を中心に箱根初制覇を~

続いては、東海大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では、優勝候補の一角に挙げられながらも、往路は9位と出遅れてしまい、復路で巻き返したものの、総合5位に留まりました。今年度は、ベストメンバーを組めなかったことも響き、出雲で3位、全日本で2位といずれも優勝には届かず…という結果に終わりました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:湊谷 春紀、湯澤 舜、東 優汰

3年:鬼塚 翔太、關 颯人、小松 陽平、松尾 淳之介、郡司 陽大

  中島 怜利、西川 雄一朗、河野 遥伎、館澤 亨次、阪口 竜平

2年:西田 壮志、鈴木 雄太

1年:本間 敬大

 

3年生が大量10人エントリーされてきましたね。出雲、全日本に出場した選手は順当にエントリーされています。むしろ、今回気になるのがどれだけ主力が戻ってくるかでしたが…上尾ハーフで好走した阪口が戻ってきたのは大きいですが、前回1区を走った三上は結局間に合わず…塩澤も外れてしまいましたね。それでも、だいぶ戦力は整ってきたかなあ。そんな東海大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

西川③ー關③ー鬼塚③ー阪口③ー西田②

中島③ー館澤③ー郡司③ー湊谷④ー湯澤④

 

1区は西川、出雲・全日本ともに1区を任されていますし、全日本は1区4位ですからね。ハーフも62分台のベストを持ち、長い距離も問題無いですし、箱根も1区を任せられるのでは。2区は關、前回走っている阪口もいますが、上尾ハーフでようやく復活を遂げたところですし、いきなりの2区よりは、1年時に出場しており、今年度も出雲、全日本でしっかりと走れている關の方が良いのかなあと。

 

3区は鬼塚、前回も3区3位で走っていますし、なかなかコンディションが上がらない状況から全日本に何とか合わせ、箱根は問題なさそうですし、3区でそのスピードを存分に活かしてくれれば。4区は阪口、上尾ハーフでの走りを見る限り、もう問題なさそうですし、その走力からすれば往路の主要区間を担って欲しい選手、ということで大事な4区あたりかなあと。

 

5区は西田、本人も希望しているようですし、去年は正直まだ不安でしたが、1万mで28分台をマークし、全日本も4区2位の好走、もうためらう理由も無いでしょう。5区でその力を存分に発揮してくれれば。6区は中島、こちらももはや説明は不要ですよね。前回58分36秒で区間2位、今年度は上尾ハーフで62分28秒の走り、区間賞候補の1人ですし、2年連続で山下りを担うことでしょう。

 

7区は館澤、前回は8区を走っていますが、ここ最近の重要度を考えると7区の方が高いかなあと。往路を走る可能性ももちろんありますが、復路を走るのであれば7区が良いかと。8区は郡司、出雲・全日本といずれも区間3位以内の好走を見せているとなれば、箱根も外す理由は見当たりませんよね。どちらもつなぎ区間だったことから、箱根も復路かなあということで、8区としてみました。

 

9区は湊谷、前回の箱根でも9区5位で走っていますし、全日本の7区は苦しい走りになりましたが、9,10区は上級生に任せたいという話もありましたし、湊谷に前回と同等かそれ以上の走りを期待したいところ。8区は湯澤、出雲で6区、全日本では8区といずれもアンカーを任されて区間4位と上々の走り、長い距離に定評のある選手ですし、23km区間の10区を任せ、ゴールテープを切ってほしいかなあ。

 

シンプルに、出雲・全日本に出場した9人+復活した阪口で組んでみました。これまでの実績では、前回の箱根で5区を走った松尾がいますし、ここ最近の走りでは、上尾ハーフで好走を見せた4年の東、3年の小松、2年の鈴木らがいますよね。実績のある選手を起用するのか、3大駅伝は未経験でもベスト連発している選手に託すのかは難しいところです。

 

逆に言えば、それだけ選手層も厚くなってきたということですし、チームを支えてきた主力たちに加えて、多くの選手が今年度台頭してきたのは頼もしく、いい意味で10人を悩めるようになりました。ここ最近の箱根を見ると、よくて5位というところですが、もちろん狙うのは優勝でしょうし、長い距離にも対応するように練習を積んできたということで、楽しみは増すばかりです。

 

今回も3強の一角として名を連ねることになるとは思いますが、いかんせん箱根優勝というところまでを見据えると、青学と比べてエース力、山対応、つなぎ区間のいずれも明確なアドバンテージが無いように思えるんですよね。今年度の走りを見ても、東海を上回る選手層を見せつけていますからね。

 

ただ、最強世代と言われる現3年生がいるうちに目指したい箱根制覇に向けては、もうチャンスが2度しかありません。勝てるときに勝っておかないと遠のいてしまうのが箱根という舞台、優勝を狙えるだけの戦力を抱えていることもまた事実ですし、箱根で東海の強さを見せ、悲願の初優勝を達成してもらいたいものです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪