第95回箱根駅伝 明治大学 区間配置予想 ~復活の準備は整った~

続いては、明治大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根予選では、エースの欠場、そして途中棄権と悲劇が重なってまさかの13位で予選落ち、しかし今年度は、箱根予選を5位通過すると、全日本でも最後の最後までシード争いを繰り広げての9位と大いに見せ場を作りました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:坂口 裕之、角出 龍哉

3年:阿部 弘輝、中島 大就、三輪 軌道、佐々木 大輔、

   斉藤 寛明、岸 哲也、河村 一輝

2年:小袖 英人、村上 純大、前田 舜平、酒井 耀史

1年:鈴木 聖人、名合 治紀、手嶋 杏丞

 

箱根予選を走ったメンバーからは、10番手だったルーキーの中嶋、12番手だった南の二人が外れていますね。今年度の走りからすれば、外れてもしょうがないかなあと…今回エントリーされた16人全員が、今年度に入った1万mハーフのいずれかで自己ベストを更新しているんですよね。ここが前年度と大きく違うところで、走るたびにベスト連発という印象です。そんな明治大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

鈴木①ー阿部③ー坂口④ー小袖②ー酒井②

前田瞬②ー三輪③ー村上②ー佐々木③ー角出④

 

1区は鈴木、全日本でも1区を任されましたし、学連記録会でも好走、ハーフの距離も問題ないことを証明していますし、粘り強い走りを期待。2区は阿部、本来であればスピードを活かせる3区とかの方が合っているのかなあという思いもありますが、27分台をマークした明治のエース、他大のエースが揃う2区で勝負して欲しいという思いを込めて。

 

3区は坂口、監督が調子を挙げていて、往路も任せられるという話をしていたので、ならば3区への起用もあるのかなあと。今年度奮わない状況なのが気になりますが、最後の箱根には合わせてきてくれると信じて…坂口が良い状態で走れれば、こんなに心強いことは無いですよね。

 

4区は小袖、こちらも28分台ランナーとなり、箱根予選ではチーム2番手で走っている選手。さらに力をつけてきていますし、準エース区間となった4区を任せるにふさわしい選手なのでは。5区は酒井、今回の山はいずれも経験者がいないので予想しづらいところではありますが…エントリーメンバーの中では唯一本人が5区希望となっていましたし、上尾ハーフでも好走していましたからね。

 

6区は前田瞬、こちらも本人が希望しているようなので…故障があったのは気になりますが、上尾ハーフでしっかりと走れているので問題無いかなあと。7区は三輪、箱根予選、全日本ともに上々の走り、さらに学連記録会で28分台を叩き出したとなると、往路への起用も十分あり得そうですが、大事な区間となっている7区を任せるのもありかなあと。

 

8区は村上、箱根予選こそチーム9番手でしたが、全日本は5区7位と上々の走り、さらに1万mで28分台ランナーとなったことを考えると、箱根も出場の可能性が高そう。本人も希望しているようなので8区としましたが、28分台ランナーが復路にも複数残せそうなのは大きいですよね。

 

9区は佐々木、箱根予選はチーム3番手、全日本では最長区間の8区を任され、こちらも学連記録会で28分台をマーク、これらの実績を考えても9区を任せるにふさわしい選手なのでは。10区は角出、チームでの信頼も厚いようですし、学連記録会でも29分15秒のベスト、最上級生にゴールテープを切ってほしいという思いも込めて。

 

今回はどの選手が起用されるのかいい意味でも悪い意味でも難しいですね(汗)今年度、全日本や箱根予選に出場した選手なのか、それとも実績のある選手が起用されるのか…実績のある選手が外れたとしても、しっかりと10人を選べそうなのが、明治の強みですね。中島は今回外して予想してみましたが、万全ならば主要区間を任されてもおかしくない選手ですし。

 

ここまでで名前を挙げていない選手を見ても、岸、河村といった3年生は上尾ハーフで64分10秒前後で走っていますし、1年の手嶋は63分51秒、名合はハーフで64分8秒となっており、16人全員が走ってもおかしくないだけの実績、タイムをマークしているんですよね。これは凄いことだと思います。

 

スピードタイプが多くて距離が短い方が得意という印象だった明治ですが、長い距離でも結果を残す選手が増えてきましたし、箱根予選の3週間後に行われた全日本で最後までシード争いに絡めたのも、大きな収穫でした。現有戦力を考えれば、箱根予選落ちの翌年度に即シード獲得も十分に狙えると思いますし、箱根でも強い明治の復活を印象づける走りを見せてほしいです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

9月17日に「大学駅伝2021夏秋号」が発売されました。早速、読み漁っています。選手一覧が私は一番の目当てですが、各選手、大学の特集も読み応え抜群です。


大学駅伝2021夏秋号(陸上競技マガジン 2021年 10 月号増刊 )[雑誌]