第95回箱根駅伝 順天堂大学 区間配置予想 ~14秒届かなかったシード権を求めて~

続いては、順天堂大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根では、ダブルエースの栃木、塩尻がともに10位と奮わず、全体的にかみ合わなかったこともあり、シード権まで14秒差の11位でまさかのシード落ちとなりました。今年度は、箱根予選を2位通過と素晴らしい走りを見せたものの、全日本では13位に沈んでしまうことに。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はHPをご覧ください。

 

4年:塩尻 和也、吉岡 幸輝、金原 弘直、

   江口 智耶、小林 聖、山田 攻

3年:野田 一輝、橋本 龍一、藤曲 寛人、

   難波 皓平、高林 遼哉、鈴木 雄人

2年:清水 颯大、澤藤 響、野口 雄大

1年:牧瀬 圭斗

 

箱根予選を走った12人全員が順当に箱根にもエントリーされていますね。前回の箱根6区を走った江口、7区を走った清水も戻ってきましたし、コンディションが心配された野田も入ったのは一安心。全日本を走った選手では、ルーキーの小島が外れてしまいましたが、区間19位だったことを考えればしょうがないかなあ。そんな順天堂大学の区間配置予想は以下の通りです。

 

野口②ー塩尻④ー橋本③ー吉岡④ー山田攻④

江口④ー藤曲③ー澤藤②ー難波③ー小林④

 

1区は野口、1区で苦戦し続けている順大ではありますが、監督も野口を信頼しているようですし、箱根予選でチーム2番手、全日本も1区を走っていることを考えると、そのまま任せる可能性が高そう。1500mに強くラストの切れ味もありますから、1区には向いていそうですし。

 

2区は塩尻、2区以外の区間の方が力を発揮できる気もするのですが…4年連続の2区を塩尻に託すようですし、日本人No.1大学生として、箱根では初の区間賞も待たれますし、大エースの走り、見せてほしいです。3区は橋本、箱根予選、全日本ともに橋本らしからぬ走りではありますが…前回3区7位で走っているのもまた事実。その後、1万mで2度目の28分台もマークしていますし、前回の再現を期待したいところ。

 

4区は吉岡としました。前回走っている難波がいますが、区間17位…全日本2区の藤曲は本当は単独走の方が良いということで復路に残すとなると、箱根予選で3番手に入り、1万mも29分14秒のベストを先月マークしている吉岡を抜擢するのも面白いかなあと。4区もカギになるであろう区間です。

 

5区は山田攻、ここはもう鉄板ですよね。過去2度の出場で5位、4位で走っている選手を変える理由は全く見当たりません。5位→4位と来ていますから、今回は区間3位以内を期待。6区は前回経験者の江口の他、清水も意欲を見せているという話でしたが…6区10位で走っている江口がいるわけですから、2年連続で任せる方がよさそうかなあと。

 

7区は藤曲、7区は過去2年、16位、18位と苦戦しており、ここに主力を起用したいという話でした。それだけに、全日本で2区を任された藤曲が適任かと思いました。8区は澤藤、箱根予選でチーム7番手、全日本では5区9位で塩尻以外で唯一の区間1桁、箱根も出場するとなれば復路かなあということで8区と予想しました。

 

9区は難波、箱根予選はチーム4番手も全日本は8区17位、箱根も2年連続で区間16位以下と苦しい走りが続いてはいますが…力のある選手であることは間違いなく、9区を走ってほしいという思いも込めて。10区は小林、箱根予選は77位で走っているんですよね。1万mでも先月ベストを更新しているだけに、3大駅伝は未出場ながら、最初で最後の箱根でアンカーを任せるのもありかなあと。

 

今回は、箱根予選で好走した選手を中心に予想し、野田、清水は外して予想してみました。野田は万全の状態で無かったところで、箱根予選を走っているのがやはり気になる…万全であれば、もちろん往路への起用もあり得る選手ですけどね。清水もその走力に疑いは無いのですが、まだ勝負レースで結果を残せていないのが・・・

 

ここまでに名前を挙げた選手以外にも高林は1万m、ハーフでベスト連発していますし、ルーキーの牧瀬も1万mで29分26秒と好タイムをマークしています。この1か月に1万mでベストを出した選手が16人中9人もいるんですよねー。うち1人が28分台、29分30秒切りも6人います。ベストを更新して勢いのある選手が多いというのは心強いですよね。

 

前回の箱根では、復活を遂げた花澤が最後まであきらめない走りで前を追いましたが、わずか14秒届かずにシードを落としてしまいました。今回は箱根予選を2位通過、2年生を中心に新戦力の台頭も目立ってきました。戦力も整ってきていますし、前回の悔しさを晴らすためにも、最低限シード獲得、そしてさらなる上位を目指してほしいものです!!

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

9月17日に「大学駅伝2021夏秋号」が発売されました。早速、読み漁っています。選手一覧が私は一番の目当てですが、各選手、大学の特集も読み応え抜群です。


大学駅伝2021夏秋号(陸上競技マガジン 2021年 10 月号増刊 )[雑誌]