2018年 トラックシーズン振り返り ~国士舘大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、本日は国士舘大学について見ていきます。前年度、箱根予選では7位と前年度の9位を上回る走りで2年連続の予選通過を果たした一方、本戦では前回が20位、今回が19位と苦しい走りとなりました。今年度の全日本予選も12位で予選落ちとなっています。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:11点(1位、4位、7位)

今年度、トラックシーズンに大活躍だったのは留学生の2人でしたね。新留学生のヴィンセントが早速13分43秒とチームトップタイムを叩き出すことに。関東インカレ1部5000mでも9位と入賞まであと一歩となりました。ベストを出した1週間後にも、13分51秒で走っていますからね。高いレベルで安定しています。

 

2年となったギトンガも14分4秒でベストを1秒更新、4番手のベストとなっています。そして勝負レースでも、前年度の全日本予選は4組35位でしたが、今年度は4組7位の好走、ついに結果を残してきましたね~1学年しか離れていないだけに、今後どちらが起用されるのかも注目です。

 

内山が14分16秒でベストを17秒更新、7番手に入ってきました。全日本予選にも初出場、2組35位で走っています。他には、高田が14分18秒でセカンドベストかな。全日本予選でも3組18位でまとめていますし、やはり勝負レースに出場してくる選手がタイムも出してきますよね~

 

10000m:14点(1位、2位、4位)

1万mでも、ヴィンセントが28分30秒の好タイムでトップタイム、チーム2冠となりました。5千、1万mともにチーム2位に18秒差をつけており、ダントツですね。さらに、ギトンガが28分48秒、ベストを48秒も更新し、チーム2番手で続いています。

 

ギトンガも2年になってからの成長がまた著しいですよね~これなら、ヴィンセントがいなくても大丈夫だったような…それとも、ヴィンセントが加わったことが影響したのか…戸澤も29分24秒でベストを15秒更新し、チーム4番手のタイムをマークしていますね。主力の1人として3大駅伝・予選会にもほぼほぼ出場していますが、全日本予選はエントリー止まり…前回の箱根も10区最下位に沈んでいるだけに、最終学年での活躍に期待。

 

トップ10圏外では、5千でベストを更新した内山が30分15秒でベスト、ルーキーでは小早川が初の1万mで同じく30分15秒で走っていますね。全日本予選にもエントリーされており、5千のベストはまだ14分45秒ですが、早い段階で戦力となってくるかも。

 

5千で11点、1万mで14点といずれもポイントとしては上々なのですが、留学生の二人を除くと目立った走りをできた選手は少な目ですよね。。。内山と戸澤の二人だけですし…ただ、ずっと故障に苦しんでいたエースの住吉が全日本予選で3組2位で走れるまでに回復してきたのは大きいですね。箱根予選では2年連続10位台で走っている頼もしい存在ですから。

 

関東インカレでは1部ハーフで10位に入った鼡田の走りが光りましたね。これまでも箱根予選78位、箱根では5区13位と長い距離で強さを発揮、全日本予選では1組38位に留まりましたが、主力の1人として計算出来そう。

 

全日本予選では12位とまずまずの順位だったものの予選落ち、残るは箱根予選となります。主力の4年生+留学生+鼡田あたりは箱根予選でも十分に計算出来そうですし、前回の箱根予選に出場した4年生も3人だけですからね。八巻、辻田らは上位で走っていますが、、、過去2年の走りを見る限りは、3年連続の予選突破も十分に狙えそう…今後のチーム強化のためにも、まずは3年連続の箱根出場、そして本戦でも勝負出来る戦力を整えていってほしいです!!

報知の箱根駅伝本も12月6日に発売されました。この時期は駅伝本の発売が多すぎて何を購入すればよいか悩ましいですよね。私は毎年確実に購入しているのは、陸マガの駅伝本だけかなあ・・・


箱根駅伝完全ガイド 2022年 01 月号 [雑誌]: 報知グラフ 増刊