2018年 トラックシーズン振り返り ~國學院大學~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、本日は、國學院大學について見ていきます。前年度は全日本で11位、箱根では良い区間と悪い区間の差が激しく、総合で14位とシード獲得とはならず…今年度は全日本予選は8人中6人が10位以内の好走で2位通過、前年度は3位通過ですから2年連続の上位通過を果たしました。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:14点(1位、3位、5位、8位)

青木が13分54秒でチームトップタイムを誇る13分台ランナーに。さらに、セカンドベストの13分58秒も今年度にマークするなど、好タイム連発でした。前回の箱根では3区5位、全日本予選でも3組12位でまとめていますし、エースの1人として、持ちタイムも伸ばしてきました。

 

14分7秒のベストを出して3番手に入ってきたのが土方、こちらは箱根では4区3位、全日本予選で4組10位と見事な走りを見せており、関東インカレ2部1万mでも6位入賞、勝負レースでの安定感は抜群。

 

ルーキーの藤木が14分20秒でチーム5番手のタイムをマーク、セカンドベストの14分24秒も大学に入ってからマークと好調ですね。3,4年生の選手層が厚い國學院ですが、1年目からの活躍が楽しみ。また、長谷が14分23秒でベストを6秒更新、高校ベストを実に3年と半年ぶりに更新してきました。全日本予選でも1組10位で走っており、4年にして3大駅伝デビューもありそう。

 

セカンドベストでは、エース格の浦野が14分4秒でベストに5秒届かずも好タイムをマークしています。こうして見てみると、全日本予選に出場するような主力たちが、タイムも伸ばしてきたというのが5000mですかね~

 

10000m:7点(1位、7位)

28分44秒とチームトップタイムを叩き出したのが土方、これまでの実績からすれば、これくらいのタイムを出しても全然おかしくないですよね。ハーフの62分47秒も2018年のベストですし、ようやくタイムが実力に追いついてきたという感じかなあ。5千の13分台も近そうです~

 

小中が29分38秒でベストを5秒更新でチーム7番手にランクイン。3大駅伝・予選会と3年までは出場もありませんでしたが、全日本予選では2組4位とこれまた好走、次は本戦へ出場の期待も高まります。トップ10でのベスト更新は2人だけでしたが、長谷が29分46秒と5千に続いてのベスト更新、ルーキーの藤木が30分24秒で初1万mを走っています。

 

勝負レースでは、関東インカレ2部5000mで浦野が3位と表彰台に上ったのが光りますね。全日本予選でも4組5位で走っており、もうずっと失敗レースを見ていない気が…浦野、青木、土方の3本柱が非常に強力な國學院ですが、ベストこそ出していないものの、浦野も勝負レースでの強さが光ります。

 

エースクラスの台頭が目覚ましいのはもちろんですが、全日本予選を見ていても中堅どころや3大駅伝・予選会初出場の選手もしっかりと走れているのは収穫ですね。全日本予選で2位通過を果たし、続いては箱根出場を目指すこととなりますが、通過自体は問題なさそうかなあ。

 

前回の箱根予選に出場した12人中8人が卒業したということで、大丈夫かなあ?と心配になったのですが、さすがは國學院というべきか、しっかりと次の選手が育ってきていますよね~上級生の走りが目立ち、全日本予選を見ても出場したのは1組2位だった臼井だけなのは気になりますが、また駅伝シーズンには戦力となる選手が1人でも多く出てくれれば。

 

最後に箱根でシードを獲得したのは2012年、寺田が2年時まで遡りますからね。エースクラスが複数揃うのは魅力ですし、まずはきっちりと箱根予選を通過し、本選では7年ぶりのシード獲得も期待したいですね!!!

報知の箱根駅伝本も12月6日に発売されました。この時期は駅伝本の発売が多すぎて何を購入すればよいか悩ましいですよね。私は毎年確実に購入しているのは、陸マガの駅伝本だけかなあ・・・


箱根駅伝完全ガイド 2022年 01 月号 [雑誌]: 報知グラフ 増刊