2018年 トラックシーズン振り返り ~神奈川大学~

トラックシーズンの大学ごとの振り返り、本日は、神奈川大学について見ていきます。前年度、全日本予選をトップ通過すると全日本では20年ぶりの優勝を果たしたものの、出雲は6位、そして箱根では5区でのアクシデントもあって13位とまさかのシード落ちとなってしまいました。。。

 

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

 

5000m:12点(4位、6~9位)

杉が13分58秒とベストを一気に13秒も更新し、チーム4人目の13分台ランナーとなりました。この3年間、3大駅伝・予選会通じてまだエントリーはありませんが、最終学年の今年度はエントリーだけでなく、出場も期待される選手です。

 

さらに、多和田が14分4秒、成瀬が14分10秒、川口が14分11秒、北崎が14分13秒でチーム6~9番手が揃ってベスト更新、トップ10のうち5人がベストを出すという盛況ぶりでした。多和田も1年の全日本以来出場が無いですからね…杉同様、山藤以外の4年生の活躍が大事になってきそうです。

 

また、成瀬、北崎はともに2年生であり、この学年はまだ3大駅伝・予選会の出場が無いですからね~どうしても3年生が目立つ神奈川大ではありますが、ここら辺の選手も4年生同様に戦力となってきてほしいところです。川口はルーキーで早速のベスト更新と良いですね~神奈川のルーキーも楽しみな選手が揃っていますし、誰が抜け出してくるか楽しみですトップ10圏外では、安藤が14分16秒で1秒ですが、ベストを更新しています。

 

10000m:6点(2位、9位)

新エースとして期待のかかる越川が28分53秒とベストを20秒更新し、山藤に次いでチーム2人目の28分台ランナーに。2年の全日本では5区区間賞を獲得していますが、それ以外はまだ本領発揮出来ているとは言い難いんですよね…今後はエース区間を任されることになるでしょうし、さらなる躍進に期待。

 

5千に次いでベストを更新したのが北崎、29分40秒でチーム9番手のタイムに。セカンドベストである29分58秒も今年度マークしているんですよね~1年時は箱根にエントリーされており、着実にタイムを伸ばしているところを見ると、3大駅伝デビューも近そうかなあ。

 

トップ10圏外では、こちらも5千に続いて安藤が29分43秒、チーム11番手のタイムで走っていますね~1年の箱根予選を走ったものの、その後は出場出来ていませんが、他の3年生に負けじとメンバーに入ってきてほしいですね。

 

勝負レースではやはりチームのエースとして君臨する山藤が関東インカレ2部5000m、1万mともに7位でダブル入賞を果たしました。これまでの実績を見ても、頭一つ抜けていますよね~山藤は今年度も十分に計算できるでしょうが、チームとしては1区に起用し続ける余裕は無さそうかなあ…?

 

また、安田共が関東インカレ2部ハーフで6位入賞と好走、箱根でも6区9位で走っていますが、ロードではますます計算出来そう。3000m障害では、荻野が貫録の走りで2連覇を達成、3000m障害の力は抜けていますよね。安定感抜群の荻野が唯一苦しんだのが箱根の5区での最下位…その悔しさを後2年間の走りで返していってくれれば!!

 

全体的にはまずまずのトラックシーズンという感じではありますが・・・やはり、昨年度が凄すぎましたからね~経験豊富な3年生+山藤以外の選手がどれだけ台頭してくるかがチームの浮沈のカギを握ることになりそう。全日本は優勝でもちろんシードですが、まずは箱根予選が先にあります。

 

戦力を見ても、通過自体は心配いらないとは思いますが、勝負レースを経験している選手が少ないのもまた事実。まずは、経験者を中心箱根予選をしっかりと上位通過し、全日本では、前回王者に相応しい走りを見せてほしいですね~そして、箱根では前回の借りを返す走りを見せてほしいものです!!

報知の箱根駅伝本も12月6日に発売されました。この時期は駅伝本の発売が多すぎて何を購入すればよいか悩ましいですよね。私は毎年確実に購入しているのは、陸マガの駅伝本だけかなあ・・・


箱根駅伝完全ガイド 2022年 01 月号 [雑誌]: 報知グラフ 増刊