拓殖大学 【2018年度 戦力分析】 ~主力が残る今年度、連続シードへ戦力は揃う~

続いては、拓殖大学について、新年度の戦力を見ていきます。前年度は全日本予選こそ15位に沈みましたが、箱根予選を5位通過すると、本選でも8位で見事にシード権を獲得しました。現在、登録している選手一覧はこのようになっております。

 

 

4年生・・・今年のチームの主力は前回の箱根も5人が出場している4年生でしょう。なかでも、3年連続で箱根に出場している3人、デレセ、馬場、戸部の3人はやはり強力。デレセは前回も箱根2区で5位と好走、やはり最も計算できるエースですよね。

 

馬場も箱根では1区13位と上々のスタート、箱根では5区も6区も経験するなどアップダウンも得意としていますね。1万mで28分43秒のスピード、上級生になって安定感も増してきましたし、こちらも計算出来る選手ですね。戸部は2年連続5区11位としっかりと区間中位でまとめ、箱根予選も15位と好走しています。

 

この3人には経験で及ばないものの、硴野は5千で14分8秒のベストを今年度マーク、箱根も6区7位と好走するなど上級生になって一気に伸びてきた頼りになる選手、白髪も箱根予選で91位、箱根でも8区を走っています。他にも前回の箱根予選を98位で走っている鈴見、箱根にエントリーされた長田らもおり、選手が揃っています。

 

3年生・・・箱根予選で19位、箱根3区10位で走っている赤崎の力が抜けていますね。ハーフ換算で63分10秒のベストも強力。柱の一人として計算出来ます。続くのは中井でしょうか。箱根予選も64位と上々の走りでしたが、何と言っても箱根9区7位の快走が光ります。シードを引き寄せる走りでしたからね。今年度に5千、1万mのベストも更新していますし、勢いもありますね。

 

他には箱根予選に2度出場し、箱根も2年連続でエントリーされている藤井、今年度に1万mで29分55秒のベストを出した楠本、5千で14分28秒のベストを持つ松下らが続いていきます。3年生も着実に力をつけてきていますね。

 

2年生・・・スカウトが決して良かったわけではないのに、1年目から活躍する選手が出てくるのが拓殖の強み。中でも石川は1万mで29分22秒をマークしたかと思えば、箱根でも7区9位と十分すぎる走りを披露、清水は全日本予選で3組に抜擢され、箱根予選にも出場を果たしています。吉原は1万mで29分43秒をマークし、箱根16人にも入ってきていますね。

 

清水も29分44秒も含め、3人とも1万mでタイムを縮めてきているのがまずは頼もしく、特に石川の箱根での好走も魅力的です。他には清松が5千で14分34秒をマークし、チームトップ10に入るタイムとなっていますね。着実に経験を積み、力をつけていけば、この学年も面白いことになりそう。

 

1年生・・・児玉が14分38秒の高校ベストで、持ちタイムトップ10に入ってきています。ただ、14分30秒切りが0人で14分40秒切りも児玉ただ一人というのはやはり寂しく…今年も持ちタイムを見る限りはスカウトとしては厳しい状況。5千え14分40秒の合田、14分42秒の桐山、14分43秒の須佐と続いていきます。14分40秒台はまずまず揃っているんですけどね~

 

ただ、スカウトが良くないのは毎年のこと。それでも、いきなり1年目から活躍する選手もいれば、上級生になって花開く選手もおり、育成力がチームを支えてきました。今年のルーキーも1年目から台頭してくる選手が出てくるのか、楽しみに待ちたいです。

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします