順天堂大学 【2018年度 戦力分析】 ~エースに頼らないチームへ~

続いては、順天堂大学について、新年度の戦力を見ていきます。前年度は出雲で4位と上々の結果となったものの、全日本では12位、箱根では11位にとどまり、3年ぶりにシード権を逃すことになってしまいました。現在、登録している選手一覧はこのようになっております。

 

4年生・・・絶対的エースの塩尻ももう4年生ですね。いまさら振り返る必要も無いほどの圧倒的な実績、13分33秒、27分47秒という圧倒的な自己ベスト以上に、関東インカレ5千で2位、1万mでは3年連続3位に入るなど勝負レースでの強さも際立ちます。日本人大学生の頂点に立っている選手であり、最終学年での走り、そして今後、どこまで高みに上っていくのか楽しみです。

 

続くのは、箱根5区で5位→4位と2年連続好走、持ちタイムも着実に伸ばしてきている山田攻ですかね。平地でも結果を残し始めているのが楽しみです。さらに、2年の出雲に出場している金原、3年の全日本に出場した吉岡、3年の箱根で6区10位と良い走りを見せた江口と3大駅伝経験者は5人いますねえ。今後に向けて、4年生の走りが大事になってきそうです。

 

3年生・・・最も戦力が充実しているのは3年生でしょうか。主要区間でも結果を残し、関東インカレ1万mで6位入賞を果たした橋本、箱根では8区5位と好走、今年度は1万mで28分53秒をマークしている野田、ハーフ換算で62分台をマークし、関東インカレハーフで8位入賞を果たした難波というトリオが強力ですね。

 

3人とも2年連続で箱根に出場している選手、特に橋本はもはや塩尻に次ぐエース格と言っていいかも。さらに、全日本予選に出場した小畠、5千で14分10秒、1万mも29分24秒まで伸ばし、昨年度は3大駅伝全てでエントリーを果たした藤曲、ハーフで64分21秒をマーク、全日本、箱根にエントリーされた鈴木ら3人に次ぐ選手も着実に力をつけています。順大においても一大勢力となりつつある学年です。

 

2年生・・・3大駅伝・予選会全てに出場し、5千で14分3秒、1万mで29分2秒のベストを持つ清水がタイムでも実績でも抜けているのですが…3大駅伝で上出来だったのは全日本の3区7位くらいで他は撃沈と言っていい結果…清水もゆくゆくは主要区間を安心して任せられる選手になってくれれば。

 

5千で14分6秒のベストを持ち、関東インカレ1500mで6位入賞を果たした野口、スピードは申し分ないだけに、長い距離にも対応していってくれれば、今後も面白そう。多久和も5千は14分10秒を持ち、出雲にエントリーされています。さらに、内山、根井はともに1万mは30分オーバーながら、揃って箱根の16人に入ってきています。今後が楽しみな選手が揃っています。

 

1年生・・・5千で14分10秒のベストを持つ小島が持ちタイムでトップ10に入ってきています。高校時代の駅伝での実績としてはそこまで豊富では無いですが、早い段階で戦力となってほしい選手です。1年生は多く、雑誌によると21人もいますね。14分30秒切りは小島以外に14分24秒の近藤、26秒の榎本、28秒の津田と3人を数えます。

 

近藤はすでに大学で30分6秒のベストをマークし、人見は高2の時点で30分24秒で走っていますね。高校や1年の早いうちから1万mでまずまずのタイムで走れているのは、今後に向けても心強いかな。今回は15分台後半や16分台の選手が何人もいますが…作田のようにここからゆくゆくは台頭してくる選手にも期待したいものです。

箱根駅伝完全ガイド2022が12月2日に発売されましたね。私も毎年買っていますし、発売日当日に買いました。箱根駅伝のお供に最適の1冊です♪


箱根駅伝 2022 完全ガイド (陸上競技マガジン2022年1月号増刊)