2014年全日本シード校 昨年との戦力比較 ~青山学院大学~

続いては、前回の全日本は山梨学院に抜かれるも、日体大の最終区での失速のおかげで何とか6位とギリギリシード権を獲得した青山学院大学について・・・2013年度の全日本結果エントリー13人はこのようになっております。

 

前回オーダー

一色 恭志(1)神野 大地(2)石田 駿介(4)小椋 裕介(2)

茂木 亮太(1)橋本 崚(2)山村 隼(2)高橋 宗司(3)

 

戦力ダウン要素

見ての通り、前回全日本を走った4年生は最短区間の3区を任され3位と好走した石田だけです。出雲・全日本を見ても大活躍をした卒業生は見当たらず、卒業生による影響は小さいでしょう。また、前回出場した選手を見ても、今年度元気が無さそうなのは5区を走った茂木、6区を走った橋本くらいで主要区間を走った選手はむしろレベルアップしている印象で、シード権を持つ大学を見ても、戦力ダウン要素の少なさはずば抜けています。

 

戦力アップ要素

戦力ダウンの要素が軽微な一方、戦力アップの要素は大量にあります。出場選手に限ってみても、一色が1万mで28分23秒とチームトップのタイムを叩き出すなどエース格に成長、4区を走った小椋も箱根7区2位、1万mで28分27秒までタイムを伸ばしています。山村も関東インカレ2部の3000m障害でぶっちぎりの優勝を果たすなど順調に成長を遂げています。出場した選手だけを見ても、昨年度より戦力アップが見込めるにも関わらず、さらに各学年ごとに期待の選手がいるのですから、期待は膨らむ一方です。

 

1年生では大越、中村が今年度既に5000mで14分一桁をマークしており、駅伝で結果を出している田村も楽しみな存在です。2年生ではようやく怪我から復帰した秋山が5000mで14分ジャスト、初の1万mでは28分台をマークするなど2年生では一色に次ぐポジションを確立しており、今年度の駅伝デビューは間違い無さそうです。3年生では、ようやく怪我から復帰してきた久保田の存在が大きいです。1年生の時の力を取り戻すだけで大きな戦力となりますし、7月時点でレースに出られる状態ならば、駅伝も問題無いでしょう。また、渡邉心が5000m13分台、1万mでも29分1桁を出すなどここにきて大きな成長を遂げています。4年生では、前回出場出来なかった藤川拓が箱根で9区3位、今年度は故障に苦しんでいましたが無事に復活を遂げ、久保田同様ここからあげていってくれるでしょう。他にも川崎が5000m13分台、1万m28分44秒を今年度にマークし好調を維持、1年時に3大駅伝フル出場を果たしている佐藤が今年度5000mで自己ベストを連発、三木が5000m14分5秒、1万mも29分30秒を切ってくるなどその勢いは留まることをしりません。

 

 

オーダー予想(仮)

小椋(3)-一色(2)-秋山(2)-藤川(4)-渡邉心(3)-川崎(4)-山村(3)-神野(3)

 

日体大と同様、有力ルーキーは揃ってはいますが、3冠を狙うと言っているチーム状況を考えると、お試しでルーキーを起用する可能性は低く、実力で8人に入るのは今の青学の選手層を見る限り厳しいのでは?という考えのもと、オーダーを予想してみました。主要区間はあえて1区小椋、2区一色にしてみました。一色1区はハイペースにならなければ、もったいないことになるかなあと・・・それよりもスローペースにもハイペースにもしっかりと対応出来そうな小椋の方が良さそうかなあと。藤川は全日本にはまず問題無いと考えて主要区間の4区を、優勝を狙うには8区にもエース級が必要なので関東インカレ2部ハーフ優勝の神野にしてみました。繫ぎ区間も充実していますが、3区に成長著しい秋山を、7区は前回同様山村にしておき、5区渡邉、6区川崎と今年度結果を残している選手を中心に予想してみました。久保田はさすがに故障期間が長すぎて現時点では未知数の要素が多すぎるため、一旦予想からは外してみました。

 

 

ベストメンバーが組めれば、本当に穴が無いオーダーを組めそうですね。主要区間を優勝候補の大学と渡り合える一方、繫ぎ区間も負けなそうです。優勝候補の1つに数えられそうかなあ?ただ、全日本での最高順位はまだ前回の6位ですし、それでもトップとは9分差をつけられているという事実、なかなかベストメンバーが組めていない状況もありますからねえ。3大駅伝で複数回結果を残している選手も決して多いとは言えません。不安要素はいくつもありますが、それでも今年度残している結果を見れば、期待せずにはいられません。是非とも全日本の優勝争いを盛り上げて欲しいです!

 

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします