第100回(2024年)箱根駅伝 駿河台大学 区間配置予想 ~2度目の箱根で前回以上の爪痕を~

本日は駿河台大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根予選は19位とこの5年でも最も悪い順位で予選落ち、この結果後は駿河台の復活は難しいかと思いましたが…今回の箱根予選では持てる力を出し切っての12位、見事に予選通過を果たしたのにはビックリしました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はこのようになっています。

4年生:新山 舜心、山内 亮威

3年生:加藤 亮太

2年生:M・ゴッドフリー、東泉 大河、藤井 空大、長田 拓巳、塩路 悠耀

    沖 勘太郎、坂本 滉斗、岡崎 樹、倉島 啓人、早稲田 蓮

1年生:S・レマイヤン、古橋 希翁、久保 俊翔

箱根予選を走った12人からは佐々木が外れていますが、チーム最下位だったことを考えても仕方ないですね。現状のベストと呼べる布陣だとは思いますが…4年生が2人、3年生が1人ということで極端に上級生の少ない布陣となりました。その一方で2年生が最多の10人エントリーとなりました。上級生の人数はいずれも全大学最少、その一方で10人は全大学全学年で最多です。


また、エントリーされている16人中15人が1万、ハーフのいずれかまたは両方で自己ベストを更新、一気にチームも勢いづいてきました。箱根予選メンバー以外の選手も久保がハーフで快走したり、沖や坂本が1万でベストを更新するなど選手層も徐々に厚くなってきたのが良いですね。そんな駿河台大学の区間配置予想は以下の通りです。

区間配置予想

新山④ーレマイヤン①ー古橋①ー東泉②ー倉島②
塩路②ー久保①ー岡崎②ー藤井②ー加藤③

~往路~

1区は新山、2年前は1区で出遅れるとその後はずっと総合17位以下、2区の留学生を活かすためにも1区が重要になってきます。箱根予選でも素晴らしい走りをした主将の新山に託すのが最も良いのでは。5区候補とも言われていましたが、任せられそうな選手が出てきましたからね。


2区はレマイヤン、これはほぼ確実でしょう。箱根予選も含めてずっとハイレベルに安定した走りを見せていますし、現状だとゴッドフリーが割って入るのは難しそう。そして留学生が2区というのはもう余程のことが無い限り確実かと。


3区は古橋、箱根予選でチーム3番手とルーキーながら見事な走り、全日本予選でも最終組を任されるほどの選手です。往路の主要区間を任されるでしょうし、いきなり負担の大きい1区よりは比較的走りやすい3区の方が良さそう。


4区は東泉、箱根予選ではチーム4番手で走っている選手、1万のタイムも28分32秒まで伸ばしてきました。全日本予選でも3組を任されている主力の1人でやはり往路に起用されるのが順当、1~3区を任せられる選手が揃っていますし、4区としました。


5区は倉島、激坂王では5位と好走、箱根予選でもチーム6番手で走って走力もありますし、5区を担う力は十分にありそう。倉島が5区を走ってくれれば新山を平地に回せるのも大きいですからね。

~復路~

6区は塩路、力を発揮できる区間として6区を挙げており、箱根予選でもチーム9番手で走っています。箱根予選に出場する走力がある選手が6区を走ってくれた方がチームにとっても良いでしょうし、2年前に区間3位で走ったような再現を期待。


7区は久保、これまでは目立った実績は無かったのですが、いきなりハーフで63分台の走りを見せてメンバー入りを勝ち取りました。この走りで即箱根出場に繋がるのかは分かりませんが…個人的には見てみたいと思い、7区としました。


8区は岡崎、箱根予選ではチーム5番手で走っており、10人にはまず入ってくるであろう選手。もっと重要区間を走る可能性もあるかなと思うのですが、力を発揮できる区間として8区を挙げていましたので、そのまま8区としています。


9区は藤井、箱根予選ではチーム10番手だったのですが、その後1万で29分8秒をマーク、全日本予選でも結果を残していることを考えると、箱根でも見てみたい選手。やや消去法ではあるのですが、23km区間の9区としています。


10区は加藤、箱根予選ではチーム7番手で唯一エントリーされた3年生。2年前の箱根にもエントリーされているのは新山とこの加藤の2人だけなんですよね。アンカーは上級生に走って欲しいという思いもあり、10区としました。

~展望~

往路はもう箱根予選のトップ4であるレマイヤン、新山、古橋、東泉の4人に任せることになりそうかなあ。1区を希望している選手も複数いてどのような区間配置になるかは分からないですが…1区で出遅れなければレマイヤンは力があるだけに2区終了時で上位にいる可能性が高いですね。そうなると、3,4区で走る選手がどれだけ走れるかが大事になってくるかつ難しい走りになりますが…


5,6区も倉島と塩路で任せられそうで、前回は5区が区間最下位、6区が区間3位と両極端な走りでしたが、どちらも下位を回避出来ればまずまずかなあ。7区以降は正直厳しいレースになると思いますが…復路を任せられそうな選手は多いんですよね。今回は外した予想した選手にも、箱根予選に出場した早稲田、山内、1万でタイムを伸ばす長田、沖、坂本と揃っていますし、誰が箱根を走ってもおかしくない熾烈な出場争いとなりそう。


箱根予選で12位通過ということは現状は22番手、前回も20校出場して19位でしたし、現実的な目標は前回を上回る18位以内ということになるでしょうが…その順位を狙うのも容易では無いでしょう。私も正直現時点での予想では最下位争いをするであろう1校だと思っているので…ただ、徳本監督も前評判が低いのは分かっているけれど、驚かせるような走りを見せたいと話していましたし、1区間でも多く見せ場を作って欲しいです。

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。