中央学院大学 新年度(2023年度)戦力分析

続いては中央学院大学について、新年度の戦力を見ていきます。公式HPも新年度に更新されています。中央学院のHPは更新が早いですね。データベース登録されている人数は4年:6人、3年:10人、2年:3人、1年:2人となっております。3年生が強いですが、4年生も徐々に力をつけてきましたよね。戦力としては、3年>4年>2年≒1年という感じかなあ。

名前学年5千ベスト1万ベストハーフ換算
中央学院大学 伊藤 秀虎4年14:06.6628:36.7201:03:40
中央学院大学 飯塚 達也4年14:07.8428:48.3001:03:07
中央学院大学 瀬沢 瑛洋4年14:19.7829:25.6101:04:56
中央学院大学 井澗 翔太4年14:18.8829:33.2301:05:31
中央学院大学 須藤 蓮4年14:15.5829:42.95 
中央学院大学 谷口 唯翔4年14:18.2729:45.0701:04:37
中央学院大学 吉田 礼志3年13:45.3927:58.6001:00:31
中央学院大学 工藤 巧夢3年14:19.5728:44.0101:03:33
中央学院大学 堀田 晟礼3年14:01.6728:45.8901:05:37
中央学院大学 安藤 武留3年14:27.1928:57.6901:02:17
中央学院大学 柴田 大輝3年14:18.6429:17.4401:03:56
中央学院大学 清水 猛3年14:20.7829:22.4701:05:29
中央学院大学 蒲田 陽生3年14:11.3729:43.6501:05:51
中央学院大学 根本 勇紀3年14:39.7429:46.0301:04:29
中央学院大学 前川 洋晴3年14:15.9729:57.3301:05:19
中央学院大学 芳賀 利紀3年14:40.2430:04.2601:04:14
中央学院大学 黒岩 勇禅2年14:20.6129:24.1401:03:32
中央学院大学 黒葛野 瑞希2年14:13.6129:37.48 
中央学院大学 近田 陽路2年14:23.7729:46.5001:04:05
中央学院大学 稲見 峻1年14:05.50  
中央学院大学 前原 颯斗1年14:15.80  
4年生

唯一3大駅伝を経験しているのが伊藤、箱根では主要区間の4区を担っています。全日本予選では4組17位、1万で28分36秒のベストをマークするなどこの学年を牽引する選手です。前年度の箱根予選に伊藤がいなかったのはチームにとって痛かったですし、今年度は元気な姿を見せてくれれば。


続くのが飯塚、3年時に急成長を遂げ、全日本予選で3組15位、学生ハーフでも好走を見せました。箱根予選では168位と苦しい走りになっただけに、その借りを返す走りを期待。現状はこの2人が抜けていますが…2年時に箱根予選を走っている谷口、全日本、箱根予選ともに2年連続エントリーされている井澗らが続きます。トラックのタイムは着実に伸ばしていますし、ハーフの距離でどれだけ勝負出来る選手が出てくるかかなあ。

3年生

吉田が1万で27分58秒、ハーフで60分31秒をマークするなど大学トップクラスのタイムをマーク、学生ハーフでも2位に入るなど勝負の舞台でも結果を残し続けてきました。チームの絶対的エースであり安定感も抜群です。しかし、前年度唯一の失敗レースが最重要レースだった箱根予選で68位に留まっています。箱根予選では日本人トップ争いに加わってもらわないと困る選手ですね。続く選手も揃っているのがこの学年の強さ。


工藤は1年時に箱根で6区4位の快走を見せていますし、1万で28分44秒、学生ハーフでも63分33秒で走っています。堀田は1万で28分45秒のベストを持ち、全日本では主要区間の3区を任されました。安藤はハーフで62分17秒の好タイム、箱根予選でもチーム3番手ですし、全日本では最長区間の8区を担っています。持ちタイムは何も問題ありませんが、箱根予選で上々の走りを見せたのは安藤くらいということで、後は勝負レースにどれだけ合わせられるかだけかなあ。他にも箱根予選経験者である芳賀や63分台のベストを持つ柴田ら実力者が揃っています。

2年生

近田がハーフで64分5秒をマークしており、全日本予選、箱根予選ともに出場を果たしています。箱根予選は179位と最低限ではまとめたものの、さらに上位で走って欲しい選手の1人です。続くのが黒岩、3大駅伝・予選会全てにエントリーを果たし、ハーフでは63分32秒をマークしています。持ちタイムとしてはもう出場している選手と差が無いですし、今年度は是非とも出場してほしい。


3大駅伝・予選会のエントリーはこの2人のみですが、他にも持ちタイムを伸ばしている選手はおり、黒葛野は5千で14分13秒、1万で29分37秒をマークして5千でトップ10入り、坂本は1万で29分50秒、黒谷はハーフで65分4秒をマークしています。まだまだ3,4年生に比べるとエース力も選手層も薄いだけに、メンバー争いに加わり出場する選手が複数出てきてほしいです。

1年生

14分5秒を持つ稲見と14分15秒を持つ前原が早速持ちタイムでトップ10に入ってきています。稲見は都大路で2年時に4区17位で走っており、即戦力候補の1人です。前原は都大路で1区40位、都道府県対抗では1区34位と区間順位こそもう一歩ですが、いずれも主要区間を担っている実績があります。今のチーム状況としてはそれほど即戦力が求めらえるわけではないですが、1年目から活躍してくれるに越したことはありません。


他には14分23秒の山田、14分28秒の二井、14分30秒の井元らが持ちタイム上位となっています。14分30秒台、40秒台のタイムを持つ選手もズラッと揃っていますし、ここから力をつけて一気にタイムを伸ばしてくる選手の台頭にも期待したいところです。

出雲の区間配置予想の投票を受けてけています。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。