新入生情報その2(2023/03/14時点) ~青学、法政、東国、東海、国士、日大、東農~

高校生の進路情報、3/14でまた新たに判明した大学・選手がありますので、大学ごとに取り上げていきます。新入生情報を取り上げるのは今回で最後となります。あくまでも現時点で把握している情報で、トップ5も表で記載しておきます。続いては青学、法政、東京国際、東海、国士館、日大、東農大の7区のなります。

青山学院大学
熊井渓人13:57.45須磨学園
西澤マハロ14:04.47洛南
鳥井健太14:07.90清風
浜川舜斗14:09.89仙台育英
笹川洸成14:11.68学法石川

青学もすでに発表されている13人で変わらずかなあ。13分57秒の熊井が持ちタイムトップ、14分4秒の西澤、14分7秒の鳥井、14分9秒の浜川と14分1桁が3人、14分11秒の笹川でトップ5となっています。上位5人の平均タイムは4位となっています。14分20秒切りは8人もいるのですから、ここ数年よりは良くないかもしれませんが、十分ですよね。都大路では鳥井が1区14位と最も結果を残しています。4年生が抜けて戦力ダウンが大きいチームですが、この学年がどれだけその穴埋めをしてくれるか。

法政大学
星野泰地14:08.19國學院久我山
野田晶斗14:10.90京産大附
野崎翔太郎14:18.89札幌山の手
中谷隼14:21.11須磨学園
田井中悠成14:23.59滋賀学園

前回からは14分21秒を持つ中谷が判明したかな。14分8秒の星野、14分10秒の野田、14分18秒の野崎という3人はすでに持ちタイムでもトップ10に入っていますし、14分23秒の田井中まででトップ5となっています。14分30秒切りもこの5人ですね。14分30秒台も5人いますし、近い持ちタイムの選手が多いかなあ。法政の場合、ここから抜け出てくる選手というのが毎年いますし、楽しみです。主力は力がありますが、4年生が抜けた穴が大きいだけに選手層の底上げに貢献してくれれば。

東京国際大学
齊藤大空14:08.19利府
松尾悠登14:11.01佐久長聖
廣田陸14:17.82北海道栄
根本憲佑14:18.41水城
久保遼人14:21.94大牟田

東京国際も特に追加の情報は無かったかな。14分8秒の齊藤が持ちタイムも実績も豊富、14分11秒の松尾は1500mで活躍していますし、14分17秒の廣田、14分18秒の根本、14分21秒の久保でトップ5となっています。新留学生はまだ正式には判明していませんが、徳島マラソンで「ロドゥング・リチャード」という選手が東京国際の選手としてペースメーカーとなっていますが…そうなのかな?14分1桁は1人ですが、14分20秒台となると7人もいるんですよね。14分28秒の平賀は今回判明した選手のはず。エース級となる選手も出てきてほしいところです。

東海大学
南坂柚汰13:54.90倉敷
杉浦柊人14:13.95藤枝明誠
高森そら14:15.42高岡向陵
服部哩旺14:16.74小林
永本脩14:17.02九州学院

13分54秒を持つ南坂がハーフでも63分15秒をマークして来年度はいきなりチームトップとなります。1万がすでに心配いらない新入生は多いですが、既にハーフでここまでタイムをマークしているのはびっくりです。ハーフの高校記録保持者ということに。苦しいチームを救う存在となってくれれば。さらに14分13秒の杉浦、14分15秒の高森、14分16秒の服部、14分17秒の永本と続いています。杉浦、高森、永本といずれもロードで結果を残している選手ですし、タイム以上に力のある選手が揃っている印象です。

国士舘大学
S・ンゴニョク13:56.00ラトンド
榎本蒼空14:19.40花咲徳栄
山中寿世夢14:24.78宮崎日大
江上天晴14:26.69西脇工業
森本健斗14:28.49倉敷

新留学生のンゴニョクが加入、国士館も2年のカマウがいるのですがもう留学生が入るのですね。最近は2年ごとに留学生が入ってくるのが増えているような…すでに13分56秒のベストを持っているということで、現時点でどれだけの力があるのか楽しみです。日本人選手は14分19秒の榎本、14分24秒の江上、14分28秒の森本まででトップ5,14分29秒の八巻までが14分30秒切りとなっています。一番びっくりしたのは人数で30人以上いるんですよね。これだけ人数が多いと指導も大変そうな気がしますが、どうなんでしょうか?

日本大学
山口彰太14:08.33佐野日大
山口聡太14:10.55佐野日大
高田眞朋14:25.06宮崎日大
片桐禅太14:26.83中越
スタンリー頼安14:29.79豊川

14分8秒の山口彰太、14分10秒の聡太という双子が揃って加入することに。主力が抜ける中でこの2人の加入は大きいですね。持ちタイムでもトップ10に入ってきています。14分25秒の高田、14分26秒の片桐も新たに判明したかなあ。14分29秒のスタンリーも含めて14分30秒切りが5人います。選手層は正直かなり薄い状況ですし、彰太、聡太だけではなくどんどんメンバー争いに加わって欲しいところ。他にも14分30秒の西郷、14分32秒の山口龍らが加わります。

東京農業大学
前田和摩13:56.65報徳学園
植月俊太14:14.73倉敷
磯光清14:23.35学法石川
松江耕輔14:27.83白石
渡邉有翔14:29.22鎌倉学園

東農大もすでに発表されているので、特に変わりは無いですが…高校トップクラスの前田を筆頭に素晴らしいスカウト、前田は都道府県対抗でも5区2位と快走を見せました。植月はハーフですでに64分45秒をマークしており、来年度の箱根予選が大勝負となる東農大においてハーフに対応している植月の存在は頼もしい限り。エース候補を含めて14分30秒切りが5人、14分30秒台が4人いますし、1年目から大きな存在感を示してくれそうです。

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。