2022年度 4年生特集 ~日本大学~

本日は日本大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。3大駅伝・予選会のエントリー経験者は6人います。この4年間は日大の歴史の中でも特に厳しいものでした。箱根には1年時のみ出場しただけで以後は3年間出場出来ていませんからね。チームとしても色々ありましたし…そんな中でもドゥング、松岡、三山、若山らが中心選手としてチームを支えました。

C・ドゥング

実業団経由ということで入学前のベストは13分25秒、1年の関東インカレ1万mで2位、ハーフで優勝、全日本予選で4組13位、箱根予選は全体4位の快走、箱根ではエース区間の2区で12位ということで箱根はやや物足りない走りだったものの、1年目から活躍を見せました。2年時は箱根予選でチームトップも48位と苦しい走り…それでも全日本ではエース区間の7区を2位で走っています。


3年時は関東インカレハーフで2位、全日本予選で4組14位、箱根では11位ということで前年度から比べると箱根予選は立て直してきました。1万でも大学ベストとなる27分48秒をマークしています。4年時は全日本予選で4組10位で全日本予選通過に貢献、日本インカレでは1万mで3位と表彰台に上がる走り、箱根予選は19位で4年連続チームトップ、全日本では3区9位という走りでした。4年間結果を残してはいましたが、他の留学生と比べると物足りない部分があったのも事実だったかなあ…

三山 翔太

高校ベストは14分9秒とこの学年でトップ、1年の箱根予選からチーム3番手の33位と快走、箱根でも往路の3区を8位で走っています。結果として1年時が唯一万全な状態で3大駅伝・予選会に臨めた時期だったか…2年時の箱根予選はチーム3番手も118位、全日本では6区6位という走りでした。その後5千で大学ベストとなる13分57秒をマークしています。


3年時、1万で28分9秒と大学ベストとなるタイムを叩き出し、全日本予選では3組5位と結果を残したものの、箱根予選ではチーム6番手の227位に沈んでしまうことに…その後ハーフでは63分19秒をマークし大学ベストとなっています。4年時は全日本予選で4組19位で走って通過に貢献、しかし箱根予選ではチーム9番手の241位、1年時が最も順位が良くその後は毎年順位を下げることとなってしまいました。最後の全日本では6区11位、なかなか万全の状態で臨むことは出来なかったですね…

松岡 竜矢

高校ベストは14分29秒、1年の箱根から出場を果たしましたが7区19位と苦しいデビュー戦となりました。ハーフベストである64分26秒は1年の箱根後にマークしたものです。2年時は箱根予選でチーム5番手も219位、全日本も2区16位と3大駅伝・予選会ではなかなか結果を残せなかったのですが…3年時には1万で28分21秒と好タイムの大学ベストを叩き出し、関東インカレ5000mで7位入賞と一気に主力の活躍を見せることに。全日本予選では最終組を任されて31位で走っています。しかし、箱根予選は故障の影響で出場出来ず…


4年時には関東インカレ5000mで8位と2年連続入賞、全日本予選では3組4位と好走し予選通過に貢献しました。しかし、またしても故障で最後の箱根予選は出場出来ず、全日本もエントリー止まりで出場とはなりませんでした。三山、松岡という日本人ダブルエースは走力は抜群だったのですが、揃って故障に苦しめられたのは残念でした。

小野 修平

高校ベストは14分25秒、1年の全日本予選に出場し、1組26位で走っています。箱根予選はエントリーされたものの出場とはならず。ハーフは1年時にマークした66分35秒が大学ベストとなっています。2年時には5千で14分22秒と大学ベストをマークしたものの、1年の箱根~3年時まで3大駅伝・予選会にエントリーされることもありませんでした。しかし、3年時に1万で29分0秒の大学ベストをマークして復活したと思ったのですが…


その後は再び故障に悩まされることに。何とか間に合わせた箱根予選はチーム11番手の363位に沈んでしまい、全日本もエントリー止まりで出場出来ず。。。小野も故障に苦しんだ選手の1人でした。

若山 岳

高校ベストは14分18秒、1年の箱根から出場を果たしましたが、8区19位と苦しい箱根デビューとなりました。2年時には5千で14分15秒と大学ベストをマークするも、箱根予選ではチーム6番手の224位、全日本では3区17位となかなあ結果を残せず…3年時は全日本予選で3組36位だったものの、箱根予選ではチーム2番手の93位と上々の走りを見せました。


4年時には1万で29分9秒までタイムを伸ばし、全日本予選では2組8位、箱根予選ではチーム2番手の40位と見事な走りを見せました。全日本では最長区間の8区を走って区間18位ではありましたが、下級生の頃を考えると3,4年時の箱根予選の走りが素晴らしかったですね。他の主力が故障することが多かっただけに、余計にその走りが際立ちました。

濱田 祐知

高校ベストは14分41秒と6人の中では最も悪い持ちタイム、1年時は3大駅伝・予選会のエントリーが無かったものの、2年時は箱根予選、全日本ともにメンバー入りを果たしています。3年時には5千で14分11秒、1万で29分18秒と大学ベストとなるタイムをマーク、全日本予選で1組27位、箱根予選ではチーム4番手の158位とまずまずの走りを見せています。ハーフベストである64分37秒を3年の学生ハーフでマークしています。


4年時には全日本予選で2組18位とこちらも中位でまとめたものの、箱根予選ではチーム10番手の256位と苦しい走りとなってしまいました。どうしても4年時の箱根予選でドゥング、若山以外の4年生が出場出来なかったり苦戦したのが悔やまれますね…なかなかチームとして嚙み合いませんでした。

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。