日体大記録会(2022/11/12,13) レース結果 佐久長聖吉岡が13分22秒の高校新記録をマーク

日体大記録会が先週の土日で行われましたので、大学ごとに自己ベストを出した選手を中心にレース結果を振り返ります。ただ、その前にどうしても触れておかないといけないことが…佐久長聖の吉岡が5千で13分22秒99というとんでもない高校新記録をマーク、従来の高校記録は洛南の圭汰が持っていた13分31秒ですから、一気に9秒も更新してきました。


さらに進学先は三浦のいる順大であることも判明、駒澤の田澤&圭汰に続いて順大の三浦&吉岡という世界で戦う先輩&世界を目指す後輩という組み合わせですね、来月行われる都大路はもちろん、大学でどんな活躍を見せてくれるのか今から非常に楽しみです。

駒澤大学

宮内が13分57秒でベストを9秒更新、チームとしては20人目の13分台ランナーとなりました。高校ベストはこの学年2番手ながらなかなかタイムを伸ばせずに苦労していましたが、先月のベストに続いて今日もベストとタイムを縮めています。

創価大学

5千でカミナが13分41秒、ベストに9秒届かずもセカンドベストで走っています。ムルワが抜ける来年度も安心です。1万では藤ノ木が29分57秒のベストをマークしています。

法政大学

エースの内田が28分16秒でベストを34秒も更新、チームトップタイムとなりました。箱根でも2区を走ることを監督が示唆しており、その走りが非常に楽しみ。さらに松永が28分34秒でチーム2番手、ベストを25秒更新、小泉も28分50秒でベストを23秒更新しておりチーム3番手、トップ3を占めることとなりました。ようやく走力にタイムが追いついた形かな。細迫もベストに4秒及ばずも29分28秒のセカンドベストで走っています。

大東文化大学

5千では木山が13分58秒でベストを10秒更新、13分台ランナーの仲間入りを果たしました。1万では中澤が29分26秒、小田が29分31秒、ルーキーの渡邉が29分33秒、小野が29分38秒、長島が29分46秒、小林が29分49秒でいずれも自己ベスト、29分20秒台~40秒台のベスト連発でエース級だけではなく続く選手もタイムを伸ばしているのが良いですね。中間層の底上げもどんどん進んでいます。

明治大学

東原が29分17秒でベストを18秒更新、ルーキーの窪田が30分4秒で走っています。前年度ベスト連発だった東原がまたタイムを伸ばしてきたのは良いですね。下級生がどんどんタイムを伸ばしているのは心強い限り。

城西大学

5千ではキムタイが13分31秒でベストを6秒更新、藤井が14分19秒で3秒、中田が14分25秒でこちらも3秒ベストを更新しています。そして1万では山本唯が28分25秒でベストを23秒更新、ルーキーの斎藤も28分37秒でベストを1分3秒も更新してきました。平林も28分57秒でベストを17秒更新し、28分台ランナーは6人まで増えました。野村も29分20秒のセカンドベストで走っており、山本唯、野村という箱根5,6区経験者は好調。


さらにルーキーの桜井が29分38秒、久保出が29分48秒でともにベストをマークしており、主力以外も下級生がタイムを伸ばしているのは頼もしいです。

日本体育大学

5千では漆畑が13分50秒でベストを2秒更新、前年度は3大駅伝・予選会フル出場でしたが今年度はここまで未エントリーでしたからね、頼もしい選手が戻ってきました。他には二村が14分22秒でベストを4秒更新しています。1万では松浦が29分36秒でベストを22秒更新、大森が29分26秒でセカンドベストで走っています。

立教大学

関口が13分55秒でベストを11秒更新、山本も13分57秒でベストを9秒更新しています。立教も13分台が3人になりました。さらに、永井が14分6秒で5秒、内田が14分7秒で6秒更新、14分13秒の安藤、14分20秒の吉屋、14分23秒の小倉と多くの選手が5千でベストを更新しました。箱根に向けても順調にきています。

山梨学院大学

ムルアが27分43秒でベストを25秒更新、ムトゥクも28分21秒でベストを23秒更新しています。箱根予選はムトゥクが走りましたが箱根はどうなるか…1年と4年だとどうしても4年のムルアに走って欲しいと思ってしまいますが…日本人選手も木山が28分36秒でベストを7秒更新し日本人トップ、北村が28分41秒でベストを15秒更新し、日本人2番手となっています。日本人エースたちも順調にきていますね。


他にも村上が29分10秒、高木が29分13秒のベストでチーム7,8番手となっており、新戦力も台頭。島津が29分22秒でベストを25秒更新、大西が29分32秒でベストを12秒更新、高田が29分40秒でベストを更新した他、中込も29分47秒で走っています。箱根に向けて多くの選手がタイムを伸ばしており、本戦が楽しみになってきました。5千では長谷田が14分22秒のベストで走っています。

専修大学

田島が14分10秒でベストを4秒更新、走るたびに持ちタイムをどんどん伸ばしていますね。小島も14分30秒でベストを4秒更新しています。

中央学院大学

5千では柴田が14分19秒のベストをマーク、高校ベストの15分9秒から2年にして50秒縮めています。1万では工藤が29分22秒でベストに1秒及ばずもセカンドベストをマーク、須藤が29分42秒で先月の5千に続けてベストをマークしています。

拓殖大学

ラジニが13分22秒でベストに4秒及ばなかったもののセカンドベストをマーク、ハイレベルなタイムをマークしています。エースの江口が14分6秒でベストを30秒も更新、これでもまだ走力に追いついていないと感じるほどです。工藤も14分12秒でベストを17秒更新、4年生が揃って自己ベストをマークしました。

駿河台大学

清野が13分57秒でベストを5秒更新、13分台ランナーの仲間入りを果たしました。東泉も14分5秒でセカンドベストをマーク、箱根予選は出場出来ませんでしたが今回しっかりと走れたのは収穫です。

上武大学

日本人エースの1人である海村が29分17秒でベストを8秒更新、チーム5番手のタイムとなっています。ルーキーの関本も29分47秒でベストを1分5秒更新、チーム10番手の持ちタイムとなりました。

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~