第54回(2022年)全日本大学駅伝 戦力分析&区間配置予想 ~日本大学~

続いては、全日本予選で7位通過、箱根予選では13位で予選落ちとなった日本大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

4年生

全日本予選では4組10位、日本インカレ1万mで3位、箱根予選では4年連続チームトップとなる19位で走っているドゥング、1万で28分9秒のベストを持ち、全日本予選では4組19位、箱根予選では241位と苦しい走りになった三山、関東インカレ5000mでは8位入賞、5千で13分44秒のベストを今年度マークし、全日本予選では3組4位で走っている松岡。


5千で14分22秒、1万で29分0秒のベストを持ち、1年の全日本予選以来の出場となる箱根予選では363位となってしまった小野、1万で29分18秒のベストを持ち、全日本予選では2組18位、箱根予選では256位だった濱田、全日本予選では2組8位、箱根予選では2年連続でチーム2番手となる40位と好走している若山の6人。

3年生

5千で13分48秒、1万で28分53秒のベストを持ち、全日本予選では3組19位、箱根予選では169位で走っている下尾、全日本予選では1組10位、歯尾根予選では2年連続でチーム3番手となる110位で走っている西村、5千で14分38秒、1万で30分30秒のベストを持ち、箱根予選では165位で走っている土井の3人。

2年生

1万で29分20秒を今月マーク、全日本予選で1組26位、箱根予選では123位で走っている安藤、1万で30分29秒のベストを今月マーク、箱根予選に続いてメンバー入りを果たした大橋の2人。

1年生

1万で29分54秒を今月マーク、箱根予選では176位で走っている大仲、1万で30分18秒を今月マーク、箱根予選に続いてのエントリーとなった冨田、1万で30分21秒を今月マーク、箱根予選では438位と非常に苦しい走りとなってしまった山口、1万で30分29秒を今月マーク、松岡とともに箱根予選未エントリーながら全日本でメンバー入りを果たした小林の5人。

箱根予選は欠場した松岡はエントリーを果たしています。現状ではほぼベストに近いエントリーと言って良いでしょう。箱根予選に出場した選手もきっちりとエントリーされていますし。箱根予選は善戦しましたよね。あそこまで3年生以下が崩れずにまとめるとは思いませんでした。その一方でずっとチームを牽引し続けてきた4年生がドゥング、若山以外崩れてしまったのが無念。


箱根出場を3年連続で逃したことにより、全日本が最初で最後の3大駅伝となります。実績のある選手を起用するのか、それとも箱根予選で良かった選手を起用するのかは悩ましいところです。そんな日本大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

下尾③ー安藤②ー西村③ー中澤①
土井③ー三山④ードゥング④ー若山④

1区は下尾、トラックでの活躍ぶりはチームトップクラス、ハーフやロードは苦手な印象ですが箱根予選は何とかまとめてきましたし、最短区間の1区の方が下尾のスピードを活かせるのでは。来年度はエースとしてチームを牽引していって欲しい選手ですし。


2区は安藤、走るたびに自己ベストを更新するハイレベルさ、安定感の高さも魅力です。箱根予選でもチーム4番手で走っていましたし、今後を見据えても前半区間を経験してほしいということで、距離は短いながらも重要度の高い2区としました。


3区は西村、来年度トラックのエースが下尾ならばロードのエースは西村になるでしょう。箱根予選ではチーム3番手で走っており、駅伝でも主要区間で見てみたい選手ということで、前半の最重要区間である3区としました。


4区は中澤、高校時代に実績があると言っても大学はほとんど走っていなかったのでいきなりの箱根予選でどうかと思いましたがチーム5番手でまとめて能力の高さを示しました。全日本でも走って欲しいですし、鈴木、谷口と過去2回ルーキーが起用されている4区としました。

5区は土井、トラックのタイムは目立ちませんが箱根予選ではチーム6番手でまとめていて、土井もロードの方が強い印象。3年生では下尾、西村とともにチームを牽引する存在ですし、全日本でも出場しそう。比較的負担の少ない5区あたりかなあと。


6区は三山、箱根予選の結果を見ると欠場する可能性も高いのですが…起用されるのであればベストコンディションで無い主力が起用されることも多い6区としました。2年前にも走っている区間ですし、4年間チームを支えてきた三山には最後の全日本も出場してほしいという想いも込めて。


7区はドゥング、2年前は同区間で2位と好走を見せています。留学生エースが7区に起用されることは良くありますし、今回もドゥングに任せるのが良さそう。他の留学生に比べると苦労することも多かったですが、他の主力が苦戦する中でもチームが出場した3大駅伝・予選会に全て出場してチームを支え続けました。


8区は若山、下級生の時は勝負レースで苦しい走りが続いていましたが、3年時以降はむしろドゥングに次ぐ安定感を誇るまでになりました。箱根予選でもチーム2番手の40位と好走しており、最長区間の8区を任せるのにふさわしい選手です。2年前は3区17位と苦戦していますが、2年間で成長した姿を見せてくれれば。

今回は松岡は外して予想しました。箱根予選に出場出来ず、全日本に合わせられる可能性は正直低いかと…基本的には箱根予選でチーム上位に入った選手が起用されることになるでしょう。箱根予選では3年生以下で粘る選手が多かったので、全日本でもどんな走りを見せてくれるのかは楽しみですよね。ドゥング、若山、西村という主要区間を任せられる選手もいますし。


その一方で箱根予選で13位、全日本に出場する関東勢15校の中で最も低い順位であり、現実的には関東勢でも下位の順位になってしまう可能性は高いでしょう。2年前は14位で走っておりこの順位を上回ってこれるかどうかというところかなあ。箱根予選落ち⇒全日本出場という状況で結果を残すのは非常に難しいですからね。箱根予選の疲労に精神的な影響もあるでしょうし。。。


2年前の全日本は予選が無くタイムでの出場だったため、予選を突破しての3大駅伝出場は3年前の箱根以来となります。せっかく勝ち取った全日本出場ですし、経験を積むのはもちろんのこと、少しでも爪痕を残して欲しいですよね。4年生は最後の駅伝ですし、1つでも上の順位を目指して欲しいですし、前評判以上の走りを見せるような選手も出てきてほしいです!

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~