2022年度 高校特集 ~九州学院高校~

日本インカレも終わりましたが…引き続き高校特集をもう何校か見ていこうかと思います。今回は前回の都大路で12位だった九州学院を取り上げます。前回は1区10位と上々のスタートだったものの、3~5区はいずれも20位台にとどまったこともあり、総合16位まで後退…最終区で3つ順位を上げて12位となりました。

~九州学院高校~

前回の都大路メンバーを見ると、1区10位の竹割をはじめ2~5区を走った横尾、浦上、永井、宮本、7区を走った黒木と7人中6人が抜けることとなります。そのため、都大路経験者は6区10位の村上だけなんですよね。これだけ主力が抜けるとなると大幅な戦力ダウンとなるのは間違いないのですが…それでも毎年戦えるチームを作り上げてくるのが九州学院の魅力です。


過去5大会の結果を見ても9→4→4→6→12位と前回は4年ぶりに入賞を逃したものの、安定した結果を残しています。その間もエース区間の1区で井川が2,4位、鶴川が1,3位とエースを育て上げています。前回の竹割も区間10位は上々ですからね。


今年度の九州学院が楽しみとなる一番の理由は伊那駅伝での結果です。1区の永井が並み居る強豪校の主力を抑えて区間賞を獲得、まだベストも14分40秒のはずなのですが…伊那駅伝でもトップクラスの衝撃的な走りでした。今年度は駅伝でも長距離区間を担ってきそう。さらに2区12位で唯一都大路経験者の村上、3区9位の吉田、さらに最長区間の4区を8位で走った当時1年の迫と4区間続けて見事な走り…


4区終了時では2位と4秒差の3位でしたからね、これだけ都大路経験者が揃って卒業した中で結果を残してくるのがさすが九州学院ですよね。。。さすがにまだ選手層としては厳しかったのか、5区で順位を落として総合7位ではあったものの、今後に期待を抱かせる走りでした。


持ちタイムはほかの強豪校と比べると明らかに見劣りしてしまい…14分30秒の村上が持ちタイムトップ、14分33秒を持つ1年の植田が続きます。世代トップクラスのタイムを有しています。さらに14分40秒の永本、14分42秒の迫と伊那駅伝での好走コンビが続きます。同じく14分42秒の岩根、14分46秒の水野に14分50秒台が何人も揃う状況…持ちタイムが走力に追い付いていない選手が多いですね。


インターハイでは1500mで長谷川がエントリーされていたのですが、残念ながらDNS…迫が3000m障害で出場し、4組8位で予選落ちとなっています。やはり今年度の九州学院はトラックよりもロードの方が遥かに楽しみかなあ。県予選を見ると、ライバルと目される開新も荒牧というエースはいるものの総合力ではまだ九州学院には及ばないはず…


駅伝シーズンにどれだけ持ちタイムを伸ばしてくるのか、そして都大路でどんな走りを見せてくれるのか、他の有力校と違う意味で気になりますね~持ちタイムだけ見たら都大路に出場しても下位に沈んでしまいそうなのですが…九州学院の持ちタイムに関係ない力強い走り、都大路でも見せてほしいです!