2022年度 トラックシーズンにおけるベスト更新状況 ~山梨学院大学~

続いては山梨学院大学について、トラックシーズンの結果をトップ10でベスト更新した選手をポイント化して振り返ります。トラックシーズンはそこまで目立ったものでは無かったかなあ。新留学生のムトゥクは早速ムルアを上回るほどのタイムを叩き出し、ベストをマークした選手が何人もいますが、、、関東インカレや全日本予選でそこまで目立った結果は残せていないかなあ。

※2022/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:11点(1、2、9位)  ※前年:12点

ムトゥクが13分34秒でいきなり持ちタイムトップに。5千だけではなく、ハーフでも61分49秒とチームトップタイムをマーク、1年目にしていきなり持ちタイムを大きく伸ばしています。4年と1年が留学生の場合には経験を積ませるというパターンが多いですが、これだけ7月までにタイムを伸ばすとなると、1年目から3大駅伝・予選会に出場してもおかしくないかもしれません。


ムルアが13分36秒のベスト、13分37秒のセカンドベストも今年度マークと見事に復活を遂げました。関東インカレ5000mでも5位入賞を果たしていますし、チームとしても頼もしい限りです。留学生の2人が揃って自己ベストをマーク&持ちタイムでトップ1,2を占めることとなりました。箱根予選にどちらが出場しても大きな貯金を稼いでくれることでしょう。


日本人選手では土器屋が14分21秒でベストを8秒更新し、チーム9番手となっています。全日本予選でも1組で出場しています。トップ10圏外では砂川も14分21秒をマーク、高田、砂川に土器屋と2年生も徐々に存在感を示しています。徳田が14分22秒、石部が14分23秒でベストをマークしています。前年は12点で今年は11点と得点は変わらないですが…留学生2人を除くと14分20秒台のベストをマークしたのが数人というのはちょっと寂しいかなあ。

10000m:8点(4、5、9位 ) ※前年:13点

北村が28分56秒で28秒ベストを更新し、チーム4人目の28分台ランナーとなりました。全日本予選でも2組14位で走っていますし、積極的な走りも良かったです。今後主力となりそうな期待感があります。石部が29分8秒でベストを14秒更新し、チーム5番手のタイムに。5千、1万ともに今年度ベストをマーク、前年度の箱根予選、箱根も出場している選手ですし好調なのは何よりです。


さらに小野寺が29分22秒とベストを43秒も更新し、チーム9番手に入ってきました。3大駅伝・予選会のエントリー経験はあるもののまだ出場経験は無い4年生、最終学年で出場してほしい選手です。前年の13点からも5千の11点からもタイムは下がっているものの、28分台、29分1桁で1人ずつ走っていますし、上々の結果だったのでは。


トップ10圏外を見ても、土器屋が29分37秒、品田が29分38秒、大西が29分44秒と29分40秒前後でベストを出した選手が何人もいますね。土器屋は5千に続いてのベスト更新、品田はルーキーで1万でタイムをのばしているのも良いですね。今年度のルーキー、ムトゥク以外は阿部が全日本予選にエントリーされたくらいでまだ目立った活躍は出来ていませんからね。箱根予選にもルーキーが出場してきてほしいですし。

総評

27大学中、5千の11点は15位タイ、1万の8点は7位タイ、合計の19点は12位タイとなっております。5千、合計はちょうど真ん中くらいでで1万は1桁順位となっています。前年も合計は12位タイということで全く同じ順位ということに。ある意味安定しています…

4月→現時点における上位10人の平均タイムで見てみると、5千では14分12→14分12秒とわずか0.5秒の短縮に留まり、22→24位と2つ順位を下げています。今回はあくまでも得点はムトゥク、ムルアと留学生が2人入っていますが、平均タイムは留学生が1人換算となっています。5千はムルア→ムトゥクに変わっただけなのでタイムはほとんど変わらず…


1万は29分7→29分2秒と5秒短縮し、17位で変わらずでした。5千は日本人選手で13分台ランナーがおらず、8番手から14分20秒台と目立ったタイムを有している選手がいないですからね。28分台ランナーを見ても木山が14分12秒、伊東、北村はいずれも14分20秒台と5千に比べて持ちタイムが悪い選手が多いだけに、まだまだ伸びしろは大きいです。


関東インカレはムルアが5千で5位入賞したのみなのは仕方ないとしても、5千で決勝進出は他におらず、1万、ハーフはいずれも20位以下というのはちょっと印象は悪いかなあ。特に重要な3種目で全く入賞争いに絡めていませんからね。


全日本予選では篠原、北村ら勝負レースではまだ目立った走りが出来ていなかった選手がそれぞれ2組11,14位で走れたのは収穫でしたし、ムルアが留学生が多くいた最終組で2位だったのも素晴らしい走りでした。総合では12位とここ10年で出場した全日本予選で最も悪い順位だったものの、内容としてはそこまで悪くなかったのでは。


駅伝シーズンは箱根予選が最大の目標となるでしょうが、そこまで心配はしていないかなあ。留学生が大丈夫か?という不安はもうトラックシーズンの活躍で何も心配いらなくなりましたし、前回上位陣の木山、高田、伊東らは全日本予選にも出場しています。前回下位に沈んでいた石部、篠原、砂川はいずれもベスト更新 or 全日本予選で良い走りを見せていますし、大幅な順位アップも期待出来そう。そこに全日本予選で台頭した北村や土器屋、タイムを伸ばした小野寺らが加われば前回から大きく戦力ダウンすることは無いですよね。


気になるのは橘田大の状態くらいかなあ、弟の翔は5千で14分29秒までベストを更新していますし、完全復活となれば大きな戦力となるのですが…全日本予選突破は残念ながらなりませんでしたが、まずは箱根予選をきっちりと突破して3年連続の箱根出場を果たし、過去5大会連続で苦しい結果が続いている箱根でそろそろ結果を残して欲しいです!!

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。