2022年度 トラックシーズンにおけるベスト更新状況 ~順天堂大学~

続いては順天堂大学について、トラックシーズンの結果をトップ10でベスト更新した選手をポイント化して振り返ります。前年度が好タイムでの自己ベストラッシュ&関東インカレも大活躍とほぼ完璧なトラックシーズンだっただけに、2年連続で持ちタイムを伸ばすのは容易では無いです。それでも主力を中心に存在感を見せてくれたかなあ。

※2022/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:6点(2、10位)  ※前年:25点

野村が13分40秒でベストを1秒更新、元々の順位と変わらず2番手となっています。前年度の駅伝シーズンでは苦しんでいた野村が今年度完全復活を果たせるか?というのは順大の重要ポイントとなっていましたが、5千のハイレベルなベストを更新出来るのであればもう心配は無いのでは。駅伝シーズンではまたエース区間で好走してほしいです。


浅井が14分0秒でベストを9秒更新し、チーム10番手となりました。1万はすでに28分45秒を有しており、全日本にもエントリー経験のある2年生です。トップ10でのベスト更新は2人しかいませんが…トップ10圏外となると、14分3秒の森本、14分5秒の石岡とルーキーが早速ベスト更新、セカンドベストも14分1桁をマークと早速良い走りを見せています。


さらに、14分7秒の藤原、14分8秒の西澤と14分1桁でベストを更新する選手が多かったです。セカンドベストでは13分32秒だった三浦を筆頭に13分55秒の石井、13分57秒の海老澤、14分1秒の村尾などが走っており、前年の25点からは点数が大きく下がっていますが、5千もしっかりと走れていました。

10000m:4点(6、10位 ) ※前年:17点

西澤が28分45秒でベストを5秒更新し、チーム6番手に浮上しました。故障に苦しむことも多く、トラックシーズンは普段あまり目立っていない気がしますが…最終学年となる今年度は5千、1万でベスト更新となっています。このまま駅伝シーズンでも怪我無く活躍を見せてくれれば。29分3秒とベストを3秒更新した海老澤が10番手となっています。海老澤も記録会ですが安定した走りを続けています。


トップ10でベストを更新したのは5千同様に2人で前年の17点からはこちらも点数を落とすことに…前年度がハイレベルすぎましたからね。トップ10圏外では、ハーフでもタイムを伸ばす堀越が29分4秒と好タイムをマーク、29分14秒の藤島、29分24秒の服部、29分42秒の出口、29分49秒の油谷とベストを更新している選手が多いです。


このうち堀越、藤島、服部、さらにトップ10の海老澤といずれも2年生となっています。2年生がどれだけ戦力となるかは今年度のチームにおいて非常に大事かなあと思っているので、エントリーだけではなく3大駅伝を走る選手が1人でも多く出てきてくれれば。5千でベストを更新した浅井は1万も28分48秒、平も29分3秒とセカンドベストで走っています。

総評

27大学中、5千の6点は単独23位、1万の4点は16位タイ、合計の10点は23位タイとなっており、全体的に順位としては奮わないですね。ちなみに前年は5千で1位タイ、1万で4位、合計で2位タイとベストを更新する上位陣が非常に多かったです。ただ、今年度も主力どころの多くがベストかセカンドベストでは走っていますし、更新していない主力では伊豫田が関東インカレ1万で優勝、四釜はハーフで7位入賞を果たしているのが心強いです。


4月→現時点における上位10人の平均タイムで見てみると、5千では13分50→13分49秒と1秒の短縮に留まり、順位は6→7位と1つ下げています。平均が13分40秒台でも7位というハイレベルさですからね…1万では28分40→28分39秒とこちらも1秒の更新で7→6位と1つ順位を上げています。どちらも6,7位あたりでここから順位を上げるのは大変です。


3大駅伝に向けては、4年生に主力が揃い、三浦という大エースがいて、さらに下級生からも割って入ってきそうな選手が何人もいるのが良いですよね。チームバランスとしてはかなり理想的な気がします。まさに今年度は勝負の年ということに。前年度はアクシデントがあった出雲こそ10位でしたが、全日本で3位、箱根では2位とどちらも久しぶりにトップ3入りを果たしました。


年度の戦力も前年度に負けていないとなると、狙うのはいよいよ優勝ということになるかなあ。実際に優勝してもおかしくない戦力なのも事実ですし。ただ、順大自体も強いですが、3大駅伝全てで前回の優勝大学が今年度も非常に強力で優勝争いは非常にハイレベルなものになりそうなのもまた事実。2007年の箱根以来となる3大駅伝優勝をそろそろ見せて欲しいです!!