第54回(2022年) 全日本予選戦力分析 日本体育大学

本日は日本体育大学の全日本予選における考察を行っていきます。前回の全日本予選では最終組の藤本、大畑の活躍もあって7位と逆転での通過、全日本では藤本、大畑ら主力を複数欠いたこともあって15位に沈んでいます。

名前学年5千ベスト1万ベストハーフ換算
日本体育大学 名村 樹哉4年14:10.6828:46.9601:03:41
日本体育大学 盛本 聖也4年13:56.4229:02.9801:03:36
日本体育大学 松永 悠吾4年14:14.9129:38.1401:05:52
日本体育大学 大森 椋太3年14:17.7729:01.32 
日本体育大学 高濵 大志3年14:09.6729:15.4301:04:57
日本体育大学 水金 大亮3年14:18.1929:18.4001:05:22
日本体育大学 中津川 亮3年14:36.0229:44.5601:09:45
日本体育大学 三好 紘生3年14:35.6330:08.56 
日本体育大学 分須 尊紀2年13:59.1028:59.8201:04:22
日本体育大学 山下 大毅2年14:18.2029:28.8901:06:22
日本体育大学 石川 龍芽2年14:29.3430:01.0001:06:14
日本体育大学 平島 龍斗1年13:59.00  
日本体育大学 山崎 丞1年14:03.77 
エントリー

全大学を見渡しても1,2を争うほどに痛手となるのが藤本のエントリー漏れ、トラック練習は積めていないという話でしたが、それでも関東インカレ1部ハーフを大会記録で優勝していますし、全日本予選も問題無いと思ったのですが…元々、戦力的にも厳しいかと思っていた状況で大エースを欠いたのはあまりにも厳しすぎます。持ちタイム上位を見てみるとそれだけでは無いんですよね。


日体大は1万mで28分台のベストを持つ選手が7人いますが、今回のエントリーメンバーは名村、分須の2人だけ。藤本以外にも箱根1区を走った高津、8区を走った九嶋、5区経験のある村越、7区を走った漆畑が揃ってエントリーされていないという状況です。箱根5区を走った吉富もおらず、前回の箱根出場者は分須と盛本しかいませんから、エントリー時点で正直不安が多すぎます。期待のルーキーである平島、山崎が順当にエントリーされたのは楽しみではありますが。

持ちタイム

1万mにおける上位8人の平均持ちタイムは29分11秒で10位となっており、タイム上も通過圏外となっています。あれだけ、持ちタイム上位の選手が外れてしまえば仕方ないですよね。しかも日体大は日体大記録会という素晴らしい自前の記録会があるために、持ちタイムが走力に追いついていない選手が少ない傾向にあるんですよね。ルーキーの2人はいずれも1万のタイムを有していませんが、他はある程度実績に即した持ちタイムであったり、直近にマークした持ちタイムと言えるのでは。

出場予想

全日本予選の出場選手予想は以下の通りです。

1組:山下②、山崎①
2組:水金③、平島①
3組:盛本④、大森③
4組:名村④、分須②


最終組は関東インカレ3000m障害で2位に入り、3大駅伝でもエース区間を任されている分須は可能性が高く、もう1人は関東インカレ1万mでチームトップだった名村としました。最終組は本来であれば藤本が大きく稼いでくれるはずが耐える組となりそう。


3組は盛本と大森、3,4組の4人が組み分けはさておき、後半の組を担うのではないでしょうか。大森も関東インカレ1万mに出場していますし、全日本にも出場している選手です。盛本は箱根予選でチーム2番手で走っており、主力の1人ですからね。4組は正直誰が走っても厳しそうなだけに、3組はしっかりと喰らいついてきたいところ。


2組は前年度の全日本に6区で出場している水金と関東インカレ5000mで決勝に進出したルーキーの平島としました。水金は関東インカレハーフにも出場していますし、主力となっていって欲しい選手の1人ですし、平島は高校ベストで13分台を持っていますからね。全日本予選に起用される可能性も十分ありそう。


1組は山下と山崎、山下はこれまで目立った実績は無いものの、今年度5千で14分18秒、1万で29分28秒と自己ベストを連発している最も勢いのある選手の1人なんですよね。こういう選手が勝負レースでも好走することは良くありますし、見てみたいなあと。山崎も勝負レースでの好走経験が豊富なルーキーですし、全日本でも見てみたい選手の1人です。

展望

チーム状況や戦略などは分からないですが…現状の13人のエントリーを見る限りは相当予選通過は厳しいと思います。ベストメンバーでもボーダーを争う大学の1校だと思っていたのですが、エースの藤本を筆頭にこれだけ主力を欠いた状況で勝負できるほど全日本予選は甘くは無いでしょうし…7位以内どころか10位以内に入るのも容易では無いのでは…前半の組はある程度耐えられたとしても後半が苦しすぎる。。。


全日本には過去10年で見ても9度出場しており、前評判が高くない全日本予選でも粘りの走りを見せているのですが、さすがに今回は主力の4年生が揃っていなすぎですよね。通過を狙うよりも経験を積ませることを優先したと言われても仕方ないのでは…逆にこのエントリーで全日本予選を突破出来れば相当総合力は上がっていることになるでしょう。今回のメンバーでどれだけ走れるかというのは箱根予選を見据えても大事になってくるでしょうし、新たに勝負レースで結果を残す選手の台頭にも期待したいです。

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~