第54回(2022年) 全日本予選戦力分析 東海大学

本日は東海大学の全日本予選における考察を行っていきます。4年連続で2位以内に入っていた全日本でしたが、前回は12位に沈んで予選落ち、5年ぶりの全日本予選出場となります。全日本予選にエントリーされた13人は以下の通りです。

名前学年5千ベスト1万ベストハーフ換算
東海大学 金澤 有真4年14:16.4928:48.7601:05:44
東海大学 竹村 拓真4年13:58.2928:54.5601:02:42
東海大学 杉本 将太4年14:04.7729:16.89 
東海大学 松尾 昂来3年13:57.9128:21.8001:04:49
東海大学 溝口 仁3年13:49.6028:24.48 
東海大学 神薗 竜馬3年14:01.4528:42.6101:05:28
東海大学 喜早 駿介3年13:53.4228:52.1301:07:39
東海大学 入田 優希3年14:04.1729:02.3001:04:05
東海大学 梶谷 優斗2年14:05.3828:27.77 
東海大学 越 陽汰2年13:53.7728:48.3701:03:38
東海大学 吉田 響2年14:03.4429:17.11 
東海大学 大内 瞬1年14:14.9129:32.03 
東海大学 竹割 真1年14:09.6529:55.16
エントリー

大エースの石原はもう記録会に出場しているものの、関東インカレに続いて全日本予選も欠場、大きな戦力ダウンとなります。万全であれば最終組での出場は確実でしょうし。さらに、箱根2区を走り同じく最終組候補だと思っていた松崎まで欠くことになってしまいました。関東インカレハーフに出場した宇留田、5000mに出場した徳丸らもいませんね。いくら選手層は厚い東海とはいえ、石原、松崎のエース2人を欠いて大丈夫なのかという不安は正直ありますよね。

持ちタイム

1万mにおける持ちタイム上位8人の平均タイムは28分40秒で全大学中トップとなっています。トップ8のうち石原、松崎、宇留田の3人がいないにも関わらず、トップなのはさすが東海ですよね。28分30秒切りで松尾、溝口、梶谷と3人もおり、8番手でも28分台を誇ります。持ちタイム上は正直何の心配もいらないですよね。


勝負レースの好走経験では、神薗や越、竹村、入田らがありますし、箱根5区2位で走っている吉田もいます。持ちタイムのよい選手、実績のある選手が揃っています。ルーキーでは大内、竹割の2人がエントリーを果たし、大内は29分32秒、竹割も29分55秒とすでに29分台のベストを有しています。

出場予想

全日本予選の出場選手予想は以下の通りです。

1組:喜早③、越②
2組:入田③、溝口③
3組:松尾③、吉田②
4組:竹村④、神薗③


正直、現状メンバーだと誰が最終組を走っても1組を走ってもおかしくないと思いますが…最終組は竹村と神薗、竹村は関東インカレハーフで4位と素晴らしい走りを見せていますし、神薗はスピードもあり出雲、全日本と好走しているのも魅力です。箱根でも3区と主要区間を担っている実力者ですからね。最終組を任せられる2人なのでは。


3組は松尾と吉田、松尾も本来であれば主力の1人として期待されていた選手ですし、そろそろ勝負レースでの活躍も見てみたいですよね。持ちタイムの28分21秒は13人中トップですし、その力を見せてくれれば。吉田は箱根5区の快走が印象的ですが、今年度もトラックで安定した走りを見せています。箱根という大舞台で最も結果を残しているのは大きく、全日本予選でも活躍してくれるのでは。


2組は入田と溝口、入田は3大駅伝でも関東インカレハーフでも安定した結果を残していますし、計算出来る選手です。トラックよりはロードの方が強い印象がありますが、トラックでもまとめてくれるのでは。溝口は28分24秒というスピードに出雲も経験しており、関東インカレでも5000mに出場しています。トラックでの強さを考えると全日本予選でも起用されるのでは。


1組は喜早と越、喜早も全日本を経験しており、関東インカレでも1万mに出場してきました。ちょっと安定感に欠ける部分もあるのは気になりますが、13分台、28分台のスピードもありますし全日本予選にも出場して欲しいですよね。越は持ちタイムも箱根での実績もチーム上位の実力者ですが、箱根後はなかなか目立った走りを見せられず、関東インカレも欠場…万全であれば後半の組も任せられる選手ですが、出場するとしたら1組とかかなあと。1組にルーキーの起用というのもあり得そうです。

展望

3大駅伝での実績を考えても持ちタイムもトップといずれも申し分ないのですが…どうしても石原・松崎がいないことに不安を感じてしまうんですよね。もちろん通過有力の1校ですし、上位通過は十分狙える大学なのですがエースがいないことがどう影響するか…実際、前年度もエースの石原を欠いたことで3大駅伝はいずれも苦労しましたからね…今年度のチームがエース依存から脱却できていると良いのですが。


ただ、全日本予選で苦戦することはあったとしても、さすがに予選落ちする可能性は極めて低いのではないでしょうか。上位通過を果たすに越したことは無いですが、予選会は極論を言えば通過すればよいわけですし…そんな状況で13人とも全日本予選に出場してもおかしくない選手を揃えられる東海の選手層は大きな強みですよね。前年度全日本、箱根ともにシード落ちという悔しさを晴らすためにも予選落ちするわけにはいきませんし、全日本予選から強さを見せて欲しいです。

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~