駒澤大学 来年度の箱根駅伝(2023年)に向けて

経験値

続いては箱根で3位となった駒澤大学について見ていきます。今年度の箱根結果はこのようになっています。3大駅伝経験者は16人おり、来年度は14人が残ることとなります。うち1人は休部となっていた花崎であることを考えても、4年生が卒業することによるダウンが最も少ない大学の1校と言えるでしょう。前回の箱根経験者は6区佃を除く9人残り、区間5位以内となると1区2位の唐澤、2区区間賞の田澤、5区4位の金子、9区4位の山野らがいます。


主要区間の2,5区を上位で走っている選手がいるのは大きいです。6区は経験者がいなくなるのでまた準備する必要がありますが、最近は6区で失敗することも無くなってきました。前回の箱根では非常に苦しい走りとなってしまった芽吹も本来であればエース区間も任されるほどの実力者ですし、万全の状態に戻ればこれ以上ない戦力アップ、安原、花尾と箱根で苦しんだ二人も全日本では優勝の立役者となっていますし、来年度の箱根に賭ける思いは強いでしょう。


箱根未経験では、出雲で1区を担った篠原、全日本で好走した条二、赤星らがいます。篠原はハーフで61分1秒をマークした長い距離での強さを見せましたし、条二も全日本1区区間賞の実力者ですからね。この1年生コンビの活躍が来年度は期待されますね。赤星も長い距離に対応してくれれば頼もしい限り。3大駅伝で好走経験のある選手だけで10人揃えられるだけの選手は揃っていますし、経験値は全大学を見渡しても上位に入ってきそうです。

新戦力

3大駅伝経験者に実力者が揃う一方で、未経験者で来年度の箱根10人に入ってきそうな選手は?となると、現時点では厳しいように思えますが…5千で13分台のベストを持つ中島、小野、円の新4年生トリオが未経験者では力があります。円はハーフで64分14秒とまずまずのタイムをマークしていますし、小野は13分48秒のスピード、中島も1万で29分4秒のベストを有しています。ただ、3人とも3大駅伝エントリーの経験がありながら、前回の箱根は16人にも入れていないんですよね。来年度、もう一皮むけてこないと16人はともかく箱根出場は厳しそう。


前回16人に入った大坪は5区候補で激坂王でも好走していましたが、1学年下の金子が箱根で素晴らしい走りを見せていますから、箱根に出場するには金子を上回る力をつけるか平地でも計算出来る走力となってこないと難しいかなあ。条二、篠原が抜けている1年生からも来年度は新戦力となる選手が出てきてほしいですね。5千でタイムを伸ばした亘理、1万でタイムを伸ばした吉本、ハーフで上々の走りを見せた田丸らが候補となってくるでしょうか。


新入生では圭汰の力がずば抜けていますね。勝負レースで全く外すことが無く、日本人離れした走りを高校時代は見せてくれました。大学でも余程のことが無い限りは3大駅伝に1年目から出場してくるのではないでしょうか。目標としている田澤のような鮮烈な3大駅伝デビューを期待したいところ。続く選手は現状は決め手に欠ける印象かなあ。山川、帰山、山下ら5千で14分1桁のベストを持ち、実績のある選手もいますが、いきなり先輩たちに割って入って箱根出場を果たせるかとなると、まだ力不足は否めないかなあ。

展望

各選手が万全であれば、往路を走る選手に困ることは無いでしょう。今年度箱根を走った5人はそのまま残るわけですし、1,2,5区はいずれも区間4位以内で走っています。ここに実力者の篠原、条二の1年生コンビ、さらにエースの1人である芽吹、スーパールーキーとして期待される圭汰もいますからね。ハーフ学生記録保持者の山野も往路を走る力は十分でしょう。これだけ10人の名前が挙がるわけですから、万全であれば来年度の箱根は往路メンバーを決めるのがいい意味で悩ましくなるはず…


復路も6区を誰に任せるのかという課題は残りますが…平地区間は先述の通り往路を上位で走ってもおかしくない選手たちを起用出来るわけですし、これまでに名前が挙がった選手以外の前回経験者に白鳥、青柿らがいます。ここに出雲を走った赤津、全日本を走った赤星、東山、そして3大駅伝初出場を狙う選手たちが争うわけですから、戦力は充実していますよね。


なかなかベストの状態で臨むことが出来なかった今年度と比べると、ベストメンバーで臨めればという条件はもちろんありますが、来年度の方が力はかなり上だと思います。ただ、箱根優勝が狙えるかというと話はまた別ですよねー。今年度圧倒的な強さで箱根を制した青学につけられた11分の差を埋められるかというと…まだまだ力の差は大きそうです。現状は1強の青学を追う一番手という状況でしょうか。


エース級が揃っていて、選手層も来年度の方が厚くなりそうですし、故障者や不調者無く箱根に挑めるかどうかが非常に重要となりそうです。前回優勝を果たしたときはチーム内競争が熾烈だった結果、箱根経験者が外れることになったわけですし。今年度の箱根は10人揃えるのがやっとだった印象ですから…来年度も戦力が充実しているのは間違いないでしょうし、来年度はまだ優勝を狙えるようなチームを築き上げてきてほしいです!

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。