2021年度 出雲・全日本結果&箱根に向けて ~順天堂大学~

続いては順天堂大学について、出雲・全日本の結果を振り返りつつ、箱根への展望も書いていきます。出雲・全日本結果はこのようになっております。 出雲ではまさかの10位と関東勢最下位に終わりましたが、全日本では今井を擁して箱根を制覇して以来の3大駅伝3位以内を達成しました。箱根でも上位候補の1校ですし、エース・選手層ともに揃っているのは楽しみです。

出雲振り返り

1区の伊豫田が区間5位と上々のスタート、トップと7秒差ですししっかりと役割を果たしてくれました。さらに、2区の平が区間2位、総合2位に浮上する走りが良かったですね。ずっと期待が大きかった選手ですが、ついに3大駅伝デビューで即好走は今後に期待が膨らみました。


しかし、3区のエース野村がフラフラになってしまい区間16位とまさかの順位に沈むことに…今回はコンディションも非常に過酷でしたからね。さらに4区のルーキー服部も区間14位と2区連続で非常に苦しい走りになってしまい、総合11位にまで後退することに。しかし、5区の石井は区間4位と立て直してきたのはさすがでした。さらに6区の四釜も区間4位で最長区間をまとめました。ただ、順位は上げられずに総合10位と関東勢最下位に終わっています。

全日本振り返り

1区の平が区間11位もトップと20秒差とまずまずの走り、1区は区間順位よりもタイム差ですから決して悪くは無いでしょう。そして、2区に起用されたエースの三浦が区間賞とさすがの走り、ラストの切れ味はやはり別格です。総合でもトップに浮上しました。やはり三浦がいるとチームがビシッと締まりますよね。


3区の伊豫田は区間5位とここでもしっかりと上位で走り総合3位と好位置をキープ、伊豫田の安定感もチームトップクラスですね。しかし4区の石井が区間14位と苦しい走りに…これまでに3度の3大駅伝出場ですべて区間5位以内で走っていたのですが、今回は初めて厳しい結果になりました。5区の野村は出雲から立て直して区間2位の好走、再び総合2位まで順位を押し上げました。出雲でフラフラになってから1ヶ月足らずでよく合わせてくれました。


6区の牧瀬も区間4位と良い走りを見せてくれました。前回も6区7位で走っていますし、2年連続の6区で結果を残しています。7区の近藤は区間9位、ここで3つ順位を落としてしまったのはチームとしてもったいなかったですが、4年の全日本が3大駅伝デビューでエース区間の7区ということを考えると、良くまとめてくれたのでは。


8区の四釜は区間2位の素晴らしい走り、ここで2つ順位を上げての総合3位でのフィニッシュ、出雲から見事にチームを立て直してきました。四釜の今年度の充実ぶりは凄まじいですね。もうエースの一角に名を連ねるまでになりました。

箱根に向けて

箱根に向けても非常に期待値は高いですね。往路は前回走った選手が全員残っています。今回も三浦、野村、伊豫田の3人が往路を走ることはまず間違いないでしょう。さらに四釜も往路で起用される可能性が高く、どの区間でもいけると思いますが本人が力を発揮できる区間として5区を挙げているんですよね。四釜が5区となればこれは他大にとって脅威となりそう。


もちろん前回走っている津田は健在ですし、激坂王でチームトップの走りを見せたルーキーの神谷もいます。5区は誰が起用されるか楽しみでですが、十分計算はできそう。前回4区を走った石井も再びの往路も十分ありますね。出雲で好走した平も往路候補になってきそうかなあ。往路も5人選ぶのがいい意味で悩ましいほどに選手が揃っています。


復路は6区経験者がいないため、山下りだけは新たな選手を準備する必要がありますが…他の区間はスキが無さそうかなあ。四釜や石井、平あたりが復路に来る可能性もあるわけですし、さらに全日本で好走した牧瀬、エース区間を任された近藤もいます。ただ気になるのは前回7~9区を走った小島、西澤、鈴木の3人がいずれも出雲はおろか全日本さえエントリーされていないんですよね。前回の全日本7区を走っている吉岡も含めて復路候補の選手たちのコンディションが気になるところです。


ルーキーも復路ならば起用はありそうかなあ。出雲を走った服部や1万で28分台をマークしている浅井、5千で13分台をマークしている海老澤あたりはいずれも起用されてもおかしくないですよね。他にも1万で28分台の選手や29分前半の選手がズラッと揃っていますから、調子の良い選手が起用されることになりそう。もちろん、実績のある選手が戻ってきてベストメンバーで臨めるのが最高ですが。


全日本で3位という結果と前回経験者の多さ、今年度の自己ベストラッシュぶりを考えると、箱根でも全日本同様に3位以内を目指したいですよね。チームとしても総合優勝を狙っているという監督の話もありましたし、2007年の箱根以来の3大駅伝優勝に向けて戦力は充実しています。優勝候補筆頭というような立場ではないかもしれませんが、エース級を揃え選手層も厚みを増している順大が、箱根でどんな走りを見せてくれるのか非常に楽しみです!!

This content cannot be displayed in widgets.