第53回(2021年)全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~青山学院大学~

2021年11月3日

続いては、青山学院大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。前回の全日本では7区終了時では単独トップだったものの、アンカーで逆転を許しての4位、出雲では1区区間賞から始まり、最終区で2つ順位を上げての総合2位となっています。全日本でも優勝候補の一角に名を連ねることでしょう。

4年生

出雲で2区7位の飯田、出雲エントリーの高橋と4年生は出雲同様に主将、副主将の2人のみのエントリーとなりました。

3年生

出雲で1区区間賞の近藤、5区6位の目片、6区3位の横田、出雲エントリーの中倉、西久保、5千で13分51秒、1万で28分45秒のベストを持ち、前回は3区3位の好走、箱根では2区14位で走っている中村、2年前の全日本では2区5位、箱根でも2区5位と素晴らしい走りを見せるも2年時は故障に苦しみ…1年の箱根以来のエントリーとなった岸本、5千で14分5秒、1万で28分56秒のベストを持ち、3大駅伝初エントリーとなった関口の8人。

2年生

出雲で3区3位の佐藤、5千で13分53秒を今年度マーク、1万で29分1秒のベストを持ち、2年連続の全日本エントリーとなった志貴、5千で14分5秒のベストを今年度マーク、1万で29分47秒のベストを持ち、3大駅伝初エントリーを果たした鈴木の3人。

1年生

出雲で4区6位の若林、関東インカレ5000mで10位、大学では5千で13分台を連発し、1万でも29分12秒のベストを持つ太田、高校ベストは14分7秒、大学で早速13分56秒のベストをマークしている田中の3人。

4年生が全学年で最も少ない2人というエントリーはちょっと寂しいですね。選手が揃う3年生は最多の8人がエントリー、前回の全日本で好走している中村、2年前の全日本で好走している岸本も戻ってきたことでかなりチームとしてはベストメンバーに近づいてきたかなあ。各選手のコンディションは不明ではありますが…


出雲にエントリーされていた山内は外れてしまい、期待のルーキーである鶴川は引き続きエントリー漏れとなっています。ルーキーはもっと1年目から存在感を発揮してくると思ったのですが、若林ももう一歩というのが気になるところ。その分、頼りになる3年生がチームの中心として牽引しているため問題はありません。そんな青山学院大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

太田①ー岸本③ー佐藤②ー西久保③
若林①ー横田③ー近藤③ー飯田④

1区は太田、青学が全日本の1区にルーキーを起用することはなかなか無いのですが…出雲もこれまで1区にエースを起用することは無かったのに、エースの近藤が1区でしたので、全日本も逆に1区にルーキーの抜擢があるかなあと。ルーキーながら安定感抜群の太田が1区はありかなと。


2区は岸本、2年前に走っている区間、もう13分台で走れるまでにはなっているわけですし、個人的に早くまた岸本が走る姿を見てみたいという気持ちもあり、走るならば経験している2区が良いかなあ。


3区は佐藤、今年度はもう主要区間を走ることになるでしょうし、7,8区もありかとは思いますが前半の主要区間である3区としました。前回区間新記録をマークしている全日本で、エースの走りを見せてくれれば。


4区は西久保、西久保も3大駅伝デビューが待たれる選手、関東インカレハーフ優勝の実績は非常に魅力的です。ハーフの方が強いのかもしれませんが、1万で28分21秒というスピードもありますからね。全日本で走ってほしいですし、上級生に任せ続けている4区でどうかなあと。

5区は若林、出雲はもう一歩だったのが気になるのですが…高校時代の実績も大学に入ってからの走りも素晴らしいですし、全日本も起用される可能性は十分ありそう。前回もルーキーが走っている5区あたりかなあ。


6区は横田、出雲でもアンカーで総合2位となる見事な走り、全日本でも是非とも見てみたい選手です。起用する区間が悩ましいところなのですが…7,8区は長い距離に実績のある選手に任せるのが良いかなあということで、6区としています。


7区は近藤、前回はエースの神林が圧倒的な区間賞の走りを見せた区間、距離変更後に7区はエースに託していますし、今年度のエースである近藤に託すのではないでしょうか。長い距離にも強い選手ですし、安定感も抜群です。


8区は飯田、こちらも出雲の走りはもう一歩ではあるのですが…2年前もアンカーを走っている選手で、箱根でも3年連続2位と長い距離での実績も抜群、最長区間の8区を主将に任せる選択肢も十分ありそう。

青山学院も選手が揃いすぎていて、誰が起用されるのかは難しいですね。出雲を走った選手、全日本や箱根を経験している選手、自己ベストを出して勢いのある選手がズラッと揃っているわけで、選手起用に注目です。今回は基本的には今年度結果を残している選手を中心に選んで予想してみましたが、選手起用が楽しみです。


個人的に注目の選手では、先述の通り岸本や中村といった箱根2区を経験している主力たちとルーキーの起用かなあ。主力が万全であれば、主要区間、繋ぎ区間ともにスキのない布陣が組めますからね。トラックシーズンは鶴川、若林、太田の3人が関東インカレに揃って起用されるなど選手が揃うルーキーの中でも中心的役割を担っていますし、若林、太田は出場する可能性は十分ありそう。


出雲は各大学が苦戦する中、熾烈な2位争いを制しての2位、改めて3大駅伝における青学の強さを示してくれました。全日本も前回はアンカーで逆転を許したとはいえ、7区終了時で2位に40秒近い差をつけてトップに立っていたわけですし、前回の悔しさを晴らすためにも全日本は勝ちたいところでしょう。全大学を見渡してもトップクラスの選手層を誇る青学の全日本での走り、非常に楽しみです!!

箱根駅伝完全ガイド2022が12月2日に発売されますね。私も毎年買っていますし、箱根駅伝のお供に最適の1冊です♪


箱根駅伝 2022 完全ガイド (陸上競技マガジン2022年1月号増刊)