第53回(2021年)全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~早稲田大学~

続いては、早稲田大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。出雲は4区終了時で2位と好位置につけるも総合6位ともう一歩…やはり出雲は苦手なのかなあと。。。全日本に向けては主力も戻ってきており、前回6区途中までトップを走るなど見せ場を作りましたし、楽しみが増してきました。

4年生

出雲で3区4位の太田、6区6位の中谷、出雲エントリーの千明、前回の全日本で8区6位、箱根では10区7位、1万も28分20秒のベストを持っている山口、5千で14分15秒、1万で29分4秒のベストを持ち、2年連続で全日本エントリーを果たした室伏、5千で14分17秒を今年度マーク、1万で29分33秒のベストを持ち、3大駅伝初エントリーを果たした河合の6人。

3年生

出雲で2区6位の井川、前回の全日本では7区9位、箱根では4区3位の好走を見せており、先月5戦で13分54秒をマークしている鈴木、5千で14分8秒のベストを持ち、1万で29分49秒を今月マーク、2年連続の全日本エントリーとなった安田の3人。

2年生

出雲で1区2位の菖蒲、出雲エントリーの辻、諸冨、柳本、5千で13分59秒を今年度マーク、関東インカレハーフでは6位入賞を果たし、3大駅伝初エントリーを果たした佐藤の5人。

1年生

出雲4区区間賞の石塚、5区12位の伊藤と出雲を走った2人のルーキーがそのまま全日本もエントリー。

前回の7,8区を走っている鈴木、山口がともに故障から戻ってきたのが大きいですね。エントリーしただけではなく、ちゃんと早稲田記録会で走っていますからね。山口は5千、1万でセカンドベストを出すまでに戻していますし、鈴木も5千でベストを更新しています。アクシデントで出雲を回避した千明の状態も気になるところです。


主力どころでは小指が外れてしまいましたが、今年度は姿を見せていませんし、現状はほぼベストメンバーが組めたのでは無いでしょうか。いい意味で8人を選ぶのが悩ましい布陣となってきました。そんな早稲田大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

菖蒲②ー井川③ー中谷④ー千明④
石塚①ー鈴木③ー太田④ー山口④

1区は菖蒲、今の菖蒲に1区はもったいない気もするのですが、主要区間を任せられる選手たちが揃っていますからね。ラストの切れ味もありますし、前回の出雲同様にトップ付近で来てくれる可能性が高いことを考えると、菖蒲は1区かなあと。


2区は井川、前回の全日本は5位で走っている区間、出雲はもう一歩の入りだったのは気になるところですが、エース格の1人ですからね。全日本にはしっかりと合わせてくれることを期待しての2区としました。


3区は中谷、3年連続で同区間を走っており前回は区間賞も獲得しています。もはや主要区間となった3区にエースの中谷を起用するのは自然ですし、前回区間賞で走っている選手をあえて別区間に起用する必要も無いかなあと。前回同様にここで抜け出せれば理想ですね。


4区は千明、本来であれば主要区間を走ってほしい選手ですが、出雲を回避したということもあって出場しても7,8区の長距離区間は無いのではないかと。ならば繋ぎ区間ながらも前回はエース格の1人である太田を起用した4区に千明を起用するという戦略もありかなあと。

5区は石塚、出雲の区間賞の走りは素晴らしかったですね。長い距離はまだ未知数とは言っても、出雲区間賞の選手を外すとは思えません。前回は1,5,6区にルーキーを起用しましたが、1区を菖蒲に任せるのであれば、6区よりはまだ距離の短い5区の可能性が高いかなあと。


6区は鈴木、前回は7区を走っていますが直近の記録会はもう一歩という走り…前回はチーム状況的に主要区間を走ってもらわないとでしたが、今回は主要区間を任せられるエースたちが揃っていることを考えると、繋ぎ区間となる6区で稼ぐ役割を期待するのはありかなあと。


7区は太田、出雲でも主要区間の3区を任されていましたし、前回の全日本でも素晴らしい走りを見せています。長い距離にも強いですし、7,8区の長距離区間になるのではないかなあと。前回走っている山口がいるということもあって、エース区間の7区を太田としました。


8区は山口、前回の8区抜擢はびっくりしましたが区間6位の好走、その後1万でタイムを伸ばして力を見せました。今年度も故障に苦しみながらもすでに1万で28分42秒を今月マークするまでに戻していますし、2年連続の8区起用もあるのではないかなあと。

出雲に出場している選手は問題無いとして、出雲に出場していない選手たちの状態ですよね。エースの1人である千明に辻、諸冨、鈴木、山口はいずれも前回の全日本に出場している選手。今回は千明、鈴木、山口が出場すると予想しましたが、3人とも万全であれば十分過ぎるほどに優勝争いに加わっていけますよね。前回は千明を欠いたことで前半型の戦略としましたが、今回は優勝を狙ってバランスの良い布陣、中でも7,8区は重視してくるのではないかなあと。


前回走った8人は全員残っている&エントリーされており、そこに菖蒲の成長、千明がエースの1人になって戻り、出雲区間賞の石塚と単純比較であれば前回よりも遥かに戦力は上ということになりますよね。鈴木も前回は故障明けで万全では無かったですし。苦手な出雲よりも全日本の方が得意としていますし、優勝候補の一角に名を連ねることでしょう。


各選手のコンディションはさておき、、、早稲田が今年度3大駅伝で勝つ可能性が最も高いのはこの全日本かなあと思っています。3冠を達成して以降、3大駅伝で優勝はなく2位になったのが1度だけ、それが5年前に2位になった全日本です。この時は3~7区までトップを守っていたものの、8区で逆転を許すことに…今回の全日本は何が何でも勝ちたいでしょうし、強い早稲田の走りを見せてほしいです!!

箱根駅伝完全ガイド2022が12月2日に発売されますね。私も毎年買っていますし、箱根駅伝のお供に最適の1冊です♪


箱根駅伝 2022 完全ガイド (陸上競技マガジン2022年1月号増刊)